メインメニューを開く
本来の表記は「郝萌」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

郝 萌(かく ぼう、? - 196年)は、中国後漢時代末期の武将。司隷河内郡の人。

郝萌
後漢
八健将
出生 生年不詳
司隷河内郡
死去 建安1年(196年
徐州下邳郡
拼音 Hǎo Méng
主君 呂布
テンプレートを表示

人物編集

正史の事跡編集

呂布配下。史書での記述は、裴松之が『三国志』魏書呂布伝注に引用した『英雄記』にしか見受けられない。

『英雄記』によると、呂布が劉備から下邳を奪った直後の建安元年(196年)6月、郝萌は突如呂布に叛旗を翻し、これを襲撃した。呂布は襲撃者が誰か分からないまま、高順の兵営に逃げ込んだ。

呂布が襲撃者に河内訛があったと語ったため、高順はこの反乱が郝萌の仕業であると気付いた。高順は即座に郝萌隊に向けて弓矢の一斉射撃を浴びせ、これを潰走させた。郝萌は逃げる途中に、部下の曹性に腕を切り落されてしまい、追撃してきた高順に首を刎ねられた。

曹性によると、郝萌が袁術陳宮と謀って反乱を企てたのであり、自らは郝萌を諌止したものの聞き入れられなかったのだという。結局、陳宮は不問とされた。また郝萌の部隊は、以後曹性の指揮下となった。

物語中の郝萌編集

小説『三国志演義』では、呂布配下の八健将の1人(序列第3位)として登場する。最初の曹操との戦いでは曹操を後一歩まで追い詰めるが、典韋に撃退されている。

その後、郝萌は下邳城攻防戦まで呂布の部下として存命している。さらに、袁術へ救援を求めるための使者となった王楷許汜の護衛を務めたが、帰還途中に劉備軍の張飛に捕らえられてしまう。このため郝萌は使者の任務をあっさりと曹操に白状したものの、即座に処刑されている。

参考文献編集