郡上市立大和北小学校

岐阜県郡上市にある小学校

郡上市立大和北小学校 (ぐじょうしりつ やまときたしょうがっこう)は、岐阜県郡上市大和町にある公立小学校

郡上市立大和北小学校
北緯35度49分19.2秒 東経136度53分32.8秒 / 北緯35.822000度 東経136.892444度 / 35.822000; 136.892444座標: 北緯35度49分19.2秒 東経136度53分32.8秒 / 北緯35.822000度 東経136.892444度 / 35.822000; 136.892444
国公私立の別 公立学校
設置者 郡上市
設立年月日 1873年
共学・別学 男女共学
学校コード B121221900076 ウィキデータを編集
所在地 501-4612
岐阜県郡上市大和町剣1085-1
外部リンク 公式ウェブサイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

通学区域編集

  • 通学区域は大和町剣、大和町名皿部、大和町小間見、大和町大間見である。公立中学校の進学先は郡上市立大和中学校である[1]

沿革編集

  • 1873年(明治6年) - 剣村に鶴木学校が開校。同時期に小間見村大間見村万場村にも学校が開校[2]する。
  • 1882年(明治15年) - 公立鶴木小学校に改称する。
  • 1886年(明治19年) - 鶴木簡易科・尋常小学校に改称する。
  • 1897年(明治30年)4月1日 - 小間見村、剣村、大間見村、万場村が合併し、弥富村が発足。
  • 1901年(明治34年) - 弥富尋常高等小学校に改称する。
  • 1908年(明治41年) - 小間見尋常小学校、大間見尋常小学校、万場尋常小学校と統合。小間見分教場大間見分教場、万場分教場を設置。
  • 1941年(昭和16年)4月1日 - 弥富国民学校に改称する。
  • 1947年(昭和22年)4月1日 - 弥富村立弥富小学校に改称する。
  • 1955年(昭和30年)3月28日 - 弥富村、西川村山田村が合併し、大和村が発足。同時に大和村立北小学校に改称する。
  • 1958年(昭和33年)4月 - 大和村立西小学校名皿部分校が、大和村立北小学校に移る。
  • 1960年(昭和35年) - 万場分校が独立し、大和村立第二北小学校[3]となる。
  • 1967年(昭和42年)4月 - 名皿部分校を廃止。
  • 1969年(昭和44年)9月9日 - 奥美濃地震により校舎が傾き、使用不可能となる。このため、大和中学校北分教場(旧・大和村立北中学校)の生徒を、6月に完成した大和中学校統一校舎に収容。北小学校は大和中学校北分教場を仮校舎として使用する。
  • 1971年(昭和46年) - 校舎(鉄筋コンクリート造)が完成。児童は仮校舎から移る。
  • 1976年(昭和51年) - 体育館が完成。
  • 1981年(昭和56年) - 第二校舎(鉄筋コンクリート造)が完成。
  • 1985年(昭和60年)11月1日 - 町制施行により大和町となる。同時に大和町立北小学校に改称する。
  • 1989年(平成元年) - 東弥分校を廃止。
  • 1992年(平成4年) - 大間見分校を廃止。
  • 2002年(平成14年) - 特別教室、管理棟の増改築完成。プールが完成。
  • 2004年(平成16年)
    • 2月 - 大和町立大和北小学校に改称する。
    • 3月1日 - 八幡町、白鳥町、大和町、高鷲村美並村明宝村和良村と合併し、郡上市が発足。同時に郡上市立大和北小学校に改称する。

小学校統合計画編集

脚注編集

  1. ^ 郡上市立小学校及び中学校の就学区域一覧
  2. ^ 小間見村と大間見村の学校名は不明。万場村の学校名は万場義校。
  3. ^ 現・郡上市立大和第一北小学校
  4. ^ 大和地域統合小学校(令和6年4月統合予定)の「校名」決定について(2021年12月27日)郡上市

関連項目編集

外部リンク編集