メインメニューを開く

郷ノ浦町

日本の長崎県壱岐郡にあった町

郷ノ浦町(ごうのうらちょう)は長崎県壱岐郡にあった町。2004年3月1日に勝本町芦辺町石田町と合併し壱岐市となった。

ごうのうらちょう
郷ノ浦町
廃止日 2004年3月1日
廃止理由 新設合併・市制施行
郷ノ浦町勝本町芦辺町石田町壱岐市
現在の自治体 壱岐市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 長崎県
壱岐郡
団体コード 42421-8
面積 47.31km2
総人口 12,179
推計人口、2004年2月1日)
隣接自治体 勝本町、芦辺町、石田町
町の木 マキ
町の花 アジサイ
郷ノ浦町役場
所在地 811-5192
長崎県壱岐郡郷ノ浦町本村触562番地
外部リンク 郷ノ浦町(アーカイブ版)
座標 北緯33度44分59.2秒
東経129度41分28.3秒
 表示 ウィキプロジェクト

地理編集

壱岐島の南西部に位置する。

  • 山:岳ノ辻、鹿ノ辻、角上山(津の上山)、久美ノ尾、鏡岳
  • 島嶼:大島長島原島、机島、平島、火島、牛島、蛇島、阿瀬島、黒瀬島、アカガ島、タコ島
  • 半島:渡良半島、黒崎半島
  • 河川:永田川、湯川、名切川、亀川、舩橋川、坂本川、御神名川、烏賊ノ口川、大河内川、双六川、渡良川
  • 港湾:半城湾、梅津湾、片苗湾、宇土湾、唐船湾、母ヶ浦、郷ノ浦港、初瀬港、森ノ浜港

歴史編集

地域編集

地名編集

触・浦または島を行政区域とする。大字は設置していない。

武生水町
  • 片原触(かたばる)
  • 郷ノ浦
  • 庄触
  • 永田触
  • 東触
  • 本村触
初山村
  • 坪触
  • 初山東触[3]
  • 初山西触[4]
  • 若松触
柳田村

柳田村時代は「物部」「半城」の2大字を冠称していたが、郷ノ浦町発足時に大字を廃止した。大字の区域の詳細は柳田村 (長崎県)#地名を参照。

  • 牛方触
  • 大浦触
  • 木田触
  • 田中触
  • 半城本村触[5]
  • 物部本村触[6]
  • 柳田触
志原村
  • 久喜触 - 1958年、石田村(後の石田町)に編入[2]
  • 釘山触
  • 志原西触[7]
  • 志原南触[8]
  • 大原触(たいばる)
  • 平人触(ひろうと)
渡良村
  • 麦谷触
  • 渡良浦
  • 渡良西触[9]
  • 渡良東触[10]
  • 渡良南触[11]
  • 大島
  • 長島
  • 原島
沼津村

沼津村時代は「長峰」「黒崎」の2大字を冠称していたが、郷ノ浦町発足時に大字を廃止した。大字の区域の詳細は沼津村#地名を参照。

  • 有安触
  • 小牧西触[12]
  • 小牧東触[13]
  • 里触
  • 新田触
  • 長峰東触[14]
  • 長峰本村触[15]

教育編集

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事編集

名所・旧跡・観光スポット編集

祭事・催事編集

郷ノ浦町出身の著名人編集

その他編集

新聞編集

  • ふれ太鼓壱岐 - 壱岐政経評論社が2000年まで発行

参考文献編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 角川日本地名大辞典 42 長崎県「郷ノ浦町(近代)」
  2. ^ a b 総理府告示第148号「町村の境界変更」官報.昭和33年4月1日
  3. ^ 初山村時代は東触
  4. ^ 初山村時代は西触
  5. ^ 柳田村時代は大字半城を冠称した本村触
  6. ^ 柳田村時代は大字物部を冠称した本村触
  7. ^ 志原村時代は西触
  8. ^ 志原村時代は南触
  9. ^ 渡良村時代は西触
  10. ^ 渡良村時代は東触
  11. ^ 渡良村時代は南触
  12. ^ 沼津村時代は大字黒崎を冠称した西触
  13. ^ 沼津村時代は大字黒崎を冠称した東触
  14. ^ 沼津村時代は大字長峰を冠称した東触
  15. ^ 沼津村時代は大字長峰を冠称した本村触
  16. ^ 壱岐の鏡岳神社社叢 長崎県の文化財
  17. ^ 初瀬の岩脈 長崎県の文化財
  18. ^ 壱岐渡良のあこう 長崎県の文化財
  19. ^ 壱岐志原のスキヤクジャク群落 長崎県の文化財

関連項目編集

外部リンク編集