郷原 宏(ごうはら ひろし、1942年5月3日 - )は、日本の詩人文芸評論家翻訳家

人物編集

島根県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。読売新聞社に入社し、社会部記者、週刊読売編集部、出版局編集者を歴任。若くから詩作を始め、1974年、『カナンまで』でH氏賞受賞。1983年高村智恵子論『詩人の妻』でサントリー学芸賞受賞。娘はフランス文学者郷原佳以

その後、妻の山本楡美子(本名・郷原静江)とともに主としてミステリーの翻訳を始め、映画『わが愛の譜 滝廉太郎物語』の原作を書き下ろした。2006年、「松本清張事典 決定版」で第59回日本推理作家協会賞評論部門受賞。

著書編集

  • 『執行猶予』思潮社 1966
  • 『歌と禁欲 近代詩人論』国文社 1976
  • 立原道造 抒情の逆説』花神社 1980
  • 『詩のある風景』未來社 1981
  • 『詩人の妻 高村智恵子ノート』未來社 1983
  • 『冬の旅・その他の旅 詩集』紫陽社 1984
  • 『「現代国語」解読講座』有斐閣 1989
  • 『わが愛の譜 滝廉太郎物語』新潮文庫 1993
  • 『名探偵事典 日本編』東京書籍 1995
  • 『名探偵事典 海外編』東京書籍 1997
  • 『このミステリーを読め! 日本篇』三笠書房(王様文庫) 2000
  • 『このミステリーを読め! 海外篇』三笠書房(王様文庫) 2000
  • 『「赤川次郎」公式ガイドブック』三笠書房(王様文庫) 2001
  • 松本清張事典』角川学芸出版 2005
  • 『清張とその時代』双葉社 2009
  • 『物語日本推理小説史』講談社 2010
  • 『郷原宏詩集 新・日本現代詩文庫土曜美術社出版販売 2013
  • 『日本推理小説論争史』双葉社 2013
  • 『乱歩と清張』同 2017
  • 『胡堂と啄木』同 2019

編著・共著編集

翻訳編集

  • アンドルー・コバーン『ベビーシッター』山本楡美子共訳 角川文庫, 1987
  • イブ・メルキオー『最終兵器V-3を追え』山本楡美子共訳 角川文庫, 1988
  • ルース・レンデル『緑の檻』山本楡美子共訳 角川文庫, 1988
  • ポール・オースター『シティ・オヴ・グラス』山本楡美子共訳 角川書店, 1989 のち文庫
  • デイヴ・ペノー『全署緊急手配』山本楡美子共訳 ハヤカワ・ミステリ文庫, 1990
  • ロバート・フェリーニョ『無風地帯』講談社文庫, 1990
  • デイヴ・ペノー『到着時死亡』山本楡美子共訳 ハヤカワ・ミステリ文庫, 1991
  • デイヴ・ペノー『広域捜索指令』山本楡美子共訳 ハヤカワ・ミステリ文庫, 1992
  • デイヴ・ペノー『誘拐犯包囲網』山本楡美子共訳 ハヤカワ・ミステリ文庫, 1992
  • デイヴ・ペノー『不法家宅侵入』山本楡美子共訳 ハヤカワ・ミステリ文庫, 1993
  • ディック・クラスター『差出人戻し』山本楡美子共訳 光文社文庫, 1993
  • カール・ハイアセン『珍獣遊園地』山本楡美子共訳 角川文庫, 1994

参考編集

  • 紀伊國屋書店ブックウェブ:[1]
  • 『文藝年鑑 2012』(生月日)