郷原 宏(ごうはら ひろし、1942年5月3日 - )は、日本の詩人文芸評論家翻訳家

人物編集

島根県出雲市出身[1]早稲田大学政治経済学部卒。 読売新聞社に入社し、社会部記者、週刊読売編集部、出版局編集者を歴任。編集者時代は松本清張の担当を務めた[1]

若くから詩作を始め、1974年、『カナンまで』でH氏賞受賞。 1983年、高村智恵子論『詩人の妻』でサントリー学芸賞受賞。

その後、妻の山本楡美子(本名・郷原静江)とともに主としてミステリーの翻訳を始め、映画『わが愛の譜 滝廉太郎物語』の原作を書き下ろした。 2006年、「松本清張事典 決定版」で第59回日本推理作家協会賞評論部門受賞。

娘はフランス文学者郷原佳以

著書編集

編著・共著編集

翻訳編集

  • 『ベビーシッター』(アンドルー・コバーン、山本楡美子共訳、角川文庫) 1987
  • 『最終兵器V-3を追え』(イブ・メルキオー、山本楡美子共訳、角川文庫) 1988
  • 『緑の檻』(ルース・レンデル、山本楡美子共訳、角川文庫) 1988
  • 『シティ・オヴ・グラス』(ポール・オースター、山本楡美子共訳、角川書店) 1989、のち文庫
  • 『無風地帯』(ロバート・フェリーニョ、講談社文庫) 1990
  • 『全署緊急手配』(デイヴ・ペノー、山本楡美子共訳、ハヤカワ・ミステリ文庫) 1990
  • 『到着時死亡』(デイヴ・ペノー、山本楡美子共訳、ハヤカワ・ミステリ文庫) 1991
  • 『広域捜索指令』(デイヴ・ペノー、山本楡美子共訳 ハヤカワ・ミステリ文庫) 1992
  • 『誘拐犯包囲網』(デイヴ・ペノー、山本楡美子共訳 ハヤカワ・ミステリ文庫) 1992
  • 『不法家宅侵入』(デイヴ・ペノー、山本楡美子共訳 ハヤカワ・ミステリ文庫) 1993
  • 『差出人戻し』(ディック・クラスター、山本楡美子共訳、光文社文庫) 1993
  • 『珍獣遊園地』(カール・ハイアセン、山本楡美子共訳、角川文庫) 1994

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b [歩く 聞く 考える] 松本清張没後30年 民の怨念 テーマ今に通じる 文芸評論家・元担当編集者 郷原宏さん” (日本語). 中国新聞ヒロシマ平和メディアセンター. 2022年6月20日閲覧。

参考編集

  • 紀伊國屋書店ブックウェブ:[1]
  • 『文藝年鑑 2012』(生月日)