ウィキペディアの曖昧さ回避ページ

(みやこ、と)

  • (みやこ)
    • 「宮処(みやどころ、みやこ)」から転じた言語で、天皇宮殿皇居)が所在するところを指す言葉である。
      • 難波高津宮 (大阪府大阪市) 、飛鳥宮 (奈良県高市郡明日香村) 、難波宮(大阪府大阪市)、藤原京(奈良県橿原市)、難波京(大阪府大阪市)、平城京(奈良県奈良市)、長岡京(京都府向日市・長岡京市)、平安京(京都府京都市)、東京など。また、天皇の住まい、政治、儀式の場をはっきりと分離した構造は645年の難波宮が最初であり後の宮(藤原、平城、平安など)にも採用された。
    • 上記を拡大的に解釈し、現在では政治行政の中枢機関が置かれた都市に使用されることもある。統治システムの階層ごとにその中枢が設置される都市があるため、国家レベルの中枢都市は「首都」と言い、広域自治体(米国では日本では都道府県)レベルの中枢都市は俗に「州都」、「道都」、「県都」などと言う。→都道府県庁所在地
    • 何かを特徴とする土地。都会。「花の都パリ」、「水の都大阪」、「杜の都仙台」というように用いられる。→都市を形容する俗称

人名編集

関連項目編集