都の風』(みやこのかぜ)は、1986年昭和61年)10月6日から1987年(昭和62年)4月4日まで放送されたNHK連続テレビ小説第37作目。

都の風
ジャンル ドラマ
放送時間 15分
放送期間 1986年10月6日 - 1987年4月4日(全150[1]回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK大阪
脚本 重森孝子
出演者 加納みゆき
松原千明
黒木瞳
村上弘明
柳葉敏郎
久我美子
ほか
ナレーター 藤田弓子
時代設定 昭和19年~31年
テンプレートを表示

目次

概要編集

京都の老舗問屋に生まれたヒロインが家を飛び出し、夫の実家である奈良の旅館で働くことになる。さらに、戦後はファッションの世界に飛び込んで活躍する。

キャスト編集

竹田家の人々編集

  • 竹田(吉野)悠(本物語のヒロイン、竹田家三女、読み仮名は“はるか”):加納みゆき
    • 波乱万丈で、何事にも立ち向かう少女。
  • 竹田葵(長女):松原千明
    • 自分の考えは必ず通す、少々頑固者の少女。
  • 竹田桂(次女):黒木瞳
    • 巴、静と並び、おしとやかで上品な少女。しかし思い込んだら一途で歯止めが利かなくなる。
  • 竹田静(三姉妹の母、巴の娘、市左衛門の妻):久我美子
    • 竹田家の主婦として、巴と同じくおしとやかで上品な女性。
  • 竹田市左衛門(三姉妹の父、静の夫):西山嘉孝
    • 竹田家を取り仕切り、厳しく家庭を取り仕切る。
  • 竹田巴(三姉妹の祖母、静の母):宝生あやこ
    • 竹田家の中では、おしとやかでお上品な女性。

竹田家のゆかりのある人編集

その他編集

  • 吉野雄一郎(悠の夫):村上弘明
  • 吉野薫(悠と雄一郎の娘):川上玲魅
  • 沢木智太郎(悠の初恋相手):柳葉敏郎
  • 沢木雅子(悠の女学校の友人、智太郎の妹):山本博美
  • 山岡(悠の婿養子候補、桂の初恋・不倫相手):升毅
  • お初(大阪・食堂「おたふく」の女将):野川由美子
  • 精二(大阪・食堂「おたふく」の板前):江藤潤
  • 悦子(大阪・食堂「おたふく」の店員):雅薇
  • 鈴木(お初の元旦那):須永克彦
  • 吉野常(雄一郎の母、奈良の旅館「吉野屋」の女将):高森和子
  • 吉野弥一郎(雄一郎の祖父):小栗一也
  • 義二(桂の夫):大竹修造
  • 源さん:北見唯一
  • 吉野喜一(雄一郎の父):桂小文枝(五代目桂文枝
  • 長屋の女:タイヘイ夢路(現:タイヘイトリオ
  • 京都市長:伊藤孝雄
  • 岩谷(葵の幼馴染):草川祐馬

スタッフ編集

備考編集

平均視聴率は39.3%、最高視聴率は44.9%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)[2]

1987年3月18日の再放送中に日向灘沖の地震が発生し、12時49分から緊急警報放送が実施され番組が中断した。翌19日に2話分を放送[3]

脚注編集

  1. ^ NHKアーカイブス
  2. ^ ビデオリサーチ NHK朝の連続テレビ小説 過去の視聴率データ
  3. ^ 朝日新聞1987年3月19日付朝刊1面『NHKが初の緊急警報放送』より。

外部リンク編集