都佐国造(とさのくにのみやつこ・とさこくぞう)は、都佐国(後の令制国土佐国東部)を支配した国造

都佐国造
No image available.svg
本姓 土佐氏(凡直)
家祖 小立宿祢
種別 神別地祇
出身地 大倭国または出雲国
主な根拠地 都佐国(のちの土佐国
著名な人物 #人物参照
支流、分家 長国造、長阿比古氏、意岐国造、住道氏、依網我孫氏
凡例 / Category:日本の氏族

概要編集

表記編集

先代旧事本紀』「国造本紀」、『諸系譜』[1][2]、『百家系図』[3]都佐国造とある。

祖先編集

  • 『先代旧事本紀』「国造本紀」によれば、成務天皇の御世に、長阿比古(ながのあびこ、長我孫)と同祖の三島溝杭命の9世孫の小立足尼を国造に定められたとされる。
  • 『諸系譜』、『百家系図』では天八現津彦命の7世孫・諸手足尼または忌寸宿祢の子の小立宿祢が成務朝に国造に任命されたとされる[1][2][3]

氏族編集

土佐氏(とさうじ、凡直)で、龍蛇信仰を持つ海神族三輪氏と同系とされる[4]国造制の後には都佐評評督を務め、さらに後は土佐郡の郡司を務めた。後裔は本山郡司大夫となって本山氏を称した[2]

長阿比古氏は事代主神の子・天八現津彦命の後裔を称しており、小立足尼の後裔の都佐国造も事代主神系の豪族とされ、その氏姓は当初はを称したと見られるが[5]、奈良時代には凡直を称したという。安芸郡少領家として凡直姓の者が見えるため、安芸郡が土佐国の支配下にあったことがわかる[6]。その他、『続日本紀神護景雲2年(768年)十一月戊子条で賀茂姓を賜った神依田公も当地の豪族であり土佐高賀茂大社が存在したとされ、式内社都佐坐神社に比定される。

南海道の諸国造(波多国造長国造)と同祖とされ、高知県出土の銅鐸との関係も考えられる[7]

本拠編集

国造の本拠は後の土佐国土佐郡土佐郷か。

支配領域編集

土佐国西部(幡多郡)を波多国造が支配しており、安芸郡を含む土佐国東部を都佐国造が支配していたとされる。名称については、建依別の示す剛健勇武さに由来する「敏聡」の約語によると見る説、遠狭・土狭・処離といった地勢に基づくとする説などがある。

氏神編集

土佐郡にあり土佐国一宮都佐坐神社(とさにますじんじゃ)か。

関連神社編集

人物編集

国造職に就いた者たちの全貌は不明であり、以下には国造任命の注記がある者のみを列記する。

  • 小立宿祢(おたちすくね、小立足尼)
    成務朝の初代都佐国造。御松比古命の7世孫・諸手足尼または忌寸宿祢の子。
  • 江沼(えぬま)
    武烈朝の国造。小立宿祢の3世孫・都々古の子[1]

子孫編集

  • 土佐野末
    国造江沼の孫・輪仁の子。推古朝都佐評評督となる[2]
  • 土佐成孚(土佐新八郎)
    土佐野末の15世孫・本山成大の子で土佐氏の祖[2]
  • 本山真成(本山太郎)
    土佐野末の16世孫・本山成門の子。平氏に従い壇ノ浦の戦いで戦死した[2]

系譜編集

系図1編集

系図2編集

脚注編集

  1. ^ a b c 中田憲信「長公又都佐国造」『諸系譜』第六冊。
  2. ^ a b c d e f 中田憲信「土佐本山氏」『諸系譜』第十六冊。
  3. ^ a b 鈴木真年「辰」『百家系図』巻六三。
  4. ^ 宝賀寿男「諏訪神族の東国移遷」『古代氏族の研究⑦ 三輪氏 大物主神の祭祀者』青垣出版、2015年。
  5. ^ a b 宝賀寿男「土佐中央部の古社と奉斎者」『古樹紀之房間』、1998年。
  6. ^ 太田亮「土佐」『姓氏家系大辞典』第四巻、角川書店出版、1963年、3954頁。
  7. ^ 宝賀寿男「阿波の長国造の移遷」『古代氏族の研究⑦ 三輪氏 大物主神の祭祀者』青垣出版、2015年、122頁。

参考文献編集

  • 加藤謙吉 他・編『日本古代史地名事典』 雄山閣、2007年、ISBN 978-4-639-01995-4、786,789頁