メインメニューを開く

都城インターチェンジ

日本の宮崎県都城市にある宮崎自動車道のインターチェンジ

都城インターチェンジ(みやこのじょうインターチェンジ)は、宮崎県都城市高木町にある宮崎自動車道インターチェンジ

都城インターチェンジ
E10MIYAZAKI-EXP MiyakonojoIC.jpg
宮崎自動車道 都城インターチェンジ
(宮崎県都城市)
所属路線 E10 宮崎自動車道
IC番号 3
料金所番号 02-833
本線標識の表記 Japanese National Route Sign 0010.svgJapanese National Route Sign 0221.svg 都城 高城
起点からの距離 46.9 km(えびのJCT起点)
日向高崎PA (16.8 km)
(5.0 km) 山之口SA
所属路線 都城志布志道路
起点からの距離 0.0 km(都城IC起点)
(0.9 km) 高木IC
接続する一般道 Japanese National Route Sign 0010.svg国道10号
供用開始日 1981年3月17日
通行台数 10,453台/日 (2007年度)
所在地 885-0003
宮崎県都城市高木町
備考 志布志方面は未開通
テンプレートを表示
出口料金所

都城インターチェンジを起点とし鹿児島県志布志市にある志布志港重要港湾)に至る都城志布志道路が事業中であり、都城ICに接続する予定であるが開通時期は未定である。

概要編集

都城市街地の北部、平成の大合併前の都城市と高城町の境に位置し、国道10号に接続する。県境を越えて、鹿児島県大隅半島方面(曽於市志布志市など)からの利用も多く、志布志港への最寄りインターチェンジでもある。都城市は、都城IC周辺への工業団地の整備、病院の移転などの計画を盛り込んだサブシティ構想を掲げている。

かつては、西日本高速道路九州支社の宮崎高速道路事務所が併設されていたが、2014年3月3日東九州自動車道宮崎西ICへ移転された[1]。これに伴い、同年3月7日高速道路交通警察隊本隊も宮崎西ICへ移転したが、宮崎県内の管轄区間が広大になることから、当ICには新たに分駐隊が配置されることとなった[2]

歴史編集

料金所編集

入口編集

  • ブース数:3
    • 一般:1
    • ETC/一般:1
    • ETC専用:1

出口編集

  • ブース数:4
    • 一般:2(自動収受機)
    • ETC専用:2

周辺編集

宮崎自動車道高原IC - 清武JCT間を管轄

編集

E10 宮崎自動車道
(2) 高原IC/BS - 日向高崎PA - 高崎東BS - 都城北BS - (3) 都城IC - 高城BS - (3-1) 山之口SA/SIC - (4) 田野IC

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 九州支社 - NEXCO西日本
  2. ^ a b 高速隊、新庁舎に移転 - 夕刊デイリーWeb ヘッドラインニュース

関連項目編集

外部リンク編集