都市索道

都市交通として使用されている索道

都市索道(としさくどう)とは、索道のうち、都市における交通手段として用いられているものを指す。都市型索道都市型ロープウェイとも呼ばれる。

都市索道の例(YOKOHAMA AIR CABIN

概要編集

 
愛知万博開催中に運行されたキッコロゴンドラ

索道は従来の交通機関と比較した場合、空中を通るため、都市空間を有効活用できること、急勾配や渡河など地形の障害対応が容易なこと、循環式の場合はエスカレーターのような連続輸送が可能で待ち時間が少ないこと、各搬器に運転士が不要なため、比較的少数の人員で運行可能なこと、バリアフリー対応が容易なこと、排気ガス騒音が少なく環境への負担が少ないことが利点とされる[1][2][3]

一方欠点としては、路線バスよりは輸送力が大きいものの、鉄道と比べると小さいこと、原則直線でしか軌道を敷設することができず、進路を曲げたい場合は中間駅を介さなければならないこと、びわ湖バレイロープウェイのように速度が最大でも40km/h程度までしか出せないこと、速度やロープの技術上の制限から長距離の移動には適さないことなどが挙げられる[4]

ただ、曲線で建設出来ない索道の弱点を克服するため、3Sロープウェイの懸垂器を交換してランゲン式上野式に類似した懸垂式モノレールへ乗り入れしたり、搬器の下部に台車を連結して路線バスやBRTULTraをはじめとする個人用高速輸送システムのように自動運転技術で道路を走行出来るようにする方法も構想されている[5][6][7]。また既に、索道技術をベースにしたIビーム式モノレールスカイレールが実用化しているほか、別のアプローチとしてZipparと呼ばれる自走式搬器型の都市索道の開発も進められている[8]

搬器は普通索道と呼ばれる閉鎖式のものを使用し、安全性の問題から特殊索道のようなイスのみの開放式搬器はまず採用されない。走行方式はゴンドラリフトと呼ばれる自動循環式か、ロープウェイと呼ばれる交走式を採用することが多いが、山口きらら博の「きらゴン」のように、パルスゴンドラと呼ばれる連接式搬器の固定循環式を採用した例もある[9]

索道を都市交通として使用する場合、0.3km - 4.2km程度の移動に最も効果があるとされる[4]。だがスキー場など冬季寒冷地での使用と違い、猛暑ヒートアイランド現象への対処として冷房、夜間使用での照明、通信設備の電力需要が高まるため、電源確保が重要となる[10]

例えば先述のきらゴンの場合、専用の搬器に小型発電機を搭載して冷房の搭載に対応した[9]YOKOHAMA AIR CABINの場合、各ゴンドラに蓄電池を搭載して、エアコンの使用が可能になっている[11]3Sロープウェイの場合、滑車式の発電装置を内蔵し、電力供給を行うシステムを搭載することが可能となっている[12]

歴史編集

初代通天閣と新世界ルナパークを結んでいた「ロープ・ウエィ」(1912–1920年)

索道は長年、スキー場や山岳地帯の観光用の交通手段や貨物用途での建設が多く、都市向けの交通手段としてはあまり注目されていなかった。固定循環式は乗客の乗降を考慮ししすぎると巡航速度が遅く、逆に速度を上げすぎると乗客の乗降が困難になるという特性があり、交走式は乗り降りは停止しながら行えるのでこれらの問題は無いものの、搬器数が1~2台と少ないため輸送力が小さいという欠点があったためである。そのためケルン・ザイルバーンドイツ語版ルーズベルト・アイランド・トラムウェイのように河川を渡る場合など、一部の用途に限られていた。

日本でも、1912年から1920年において大阪の初代通天閣新世界ルナパークを結んでいた「ロープ・ウエィ」や[13]1951年から1953年にかけて東京都渋谷区渋谷駅前、東急百貨店東横店にあった「ひばり号」[14][15]等の事例があるにすぎず、これらの廃止後は先述の通り、スキー場や山岳地帯の観光用での使用が主となっていた。

 
横浜博覧会で使用されたゴンドラ

しかし固定循環式を改良し、駅において搬器をロープから自動で切り離す自動循環式が普及し始めると、温室効果ガス排出の少なさなどから、都市向けの交通手段として検討され始めるようになった[16]。しかし、それまであまり重要視されていなかった空調や、様々な電子機器の搭載が自動車や鉄道では既に行われており、索道においても電力供給という課題が上がったが、索道は外部からの電力供給は難しく、すぐに都市交通としては普及しなかった[10]。例えば1999年に開業したよみうりランドスカイシャトルは、搬器の換気は窓の開閉で行うのみで、冷房装置は搭載されていない。またスカイシャトルは常設で敷地外へもアクセス可能なものの、これ以外では大阪万博レインボーロープウェイ東京ディズニーランドスカイウェイ横浜博覧会のゴンドラゲート、山口きらら博のきらゴン、愛知万博のモリゾーゴンドラとキッコロゴンドラのように、敷地内のみのアクセスだったり、博覧会の開催中など期間限定での運行しか行われていなかった。

 
大阪万博開催中に運行されたレインボーロープウェイ
 
YOKOHAMA AIR CABIN

そしてこれらの課題に一定の目途が立った2010年、ドイツのコブレンツで連邦園芸博覧会開催に合わせて3Sロープウェイ方式のザイルバーン・コブレンツが、そしてイギリスのロンドンではオリンピック開催に合わせて、自動循環式のエミレーツ・エア・ラインが2012年に開業した。そしてロンドンオリンピックを機に注目された都市索道は広がりを見せ、2014年にはボリビアラパスで大規模な都市索道の路線網で構成されたミ・テレフェリコが開業した。

日本においても2021年に横浜みなとみらい地区においてYOKOHAMA AIR CABINが開業した[11]。また他にも建設計画や構想が存在する(#建設予定・計画・構想の節を参照)。

主な都市索道の一覧編集

ヨーロッパ編集

ドイツ編集

イギリス編集

スペイン編集

フランス編集

ロシア編集

アジア編集

日本編集

韓国編集

中華民国編集

ベトナム編集

シンガポール編集

ジョージア編集

南北アメリカ編集

アメリカ合衆国編集

ボリビア編集

ベネズエラ編集

コロンビア編集

ブラジル編集

アフリカ編集

アルジェリア編集

建設予定・計画・構想編集

アジア編集

日本編集

ギャラリー編集

都市索道の実績があるメーカー編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 新しい都市交通システム エアートラム(都市型ロープウェイ)”. 一般社団法人 日本索道工業会. 2019年3月13日閲覧。
  2. ^ Urban”. Doppelmayr Seilbahnen GmbH. 2019年3月13日閲覧。
  3. ^ Urban ropeways as public means of transport”. LEITNER ropeways. 2019年3月13日閲覧。
  4. ^ a b 早内玄, 中村文彦, 田中伸治, 有吉亮, 三浦詩乃「都市内交通のトランスポーテーションギャップ解消に向けた索道の役割に関する研究」『交通工学論文集』第4巻第1号、交通工学研究会、2018年、 A_223-A_228、 doi:10.14954/jste.4.1_A_223NAID 1300063299542021年4月1日閲覧。
  5. ^ Wälderbahn”. Kairos. 2021年2月1日閲覧。
  6. ^ Wälderbahn”. Gondola Project (2016年9月16日). 2021年2月1日閲覧。
  7. ^ Doppelmayr/Garaventa - Future Concept Urban (2021)”. Doppelmayr Seilbahnen (2021年5月18日). 2021年5月21日閲覧。
  8. ^ 新交通システム・都市型自走式ロープウェイ Zippar”. Zip Infrastructure株式会社. 2021年5月3日閲覧。
  9. ^ a b 索道観察日記 (2005年9月10日). “山口きらら博パルスゴンドラ「きらゴン」~初の冷房付きゴンドラ”. 2021年1月4日閲覧。
  10. ^ a b 索道の空調装置付き搬器” (2017年4月6日). 2021年1月4日閲覧。
  11. ^ a b 世界最新式都市型循環式ロープウェイ”. 泉陽興業 (2020年11月19日). 2021年1月19日閲覧。
  12. ^ Ropeway 3S cabins”. CWA Constructions SA/Corp. 2019年3月11日閲覧。
  13. ^ 伊東乾 (2021年4月30日). “横浜「ロープウェイ」はコロナ後の夢を描けるか?「ニッポン索道」の長い長い源流探訪”. JBpress. 2021年5月6日閲覧。
  14. ^ 「ひばり号」は空中ケーブルカーと呼ばれ、東急百貨店の東館(当時は「東横百貨店」)から西館(当時は玉電ビル)を回遊して戻る全長75mのルートで運行されたが、西館での下車はできず、定員12名ながら子どものみ乗車可能という制約もあったため、遊園地の遊具に近い性質を持っていた。ただし、東京の中心商業地でその路線が私有地を越えた例も(当時の日本国有鉄道の渋谷駅の上空を通過した)、展覧会輸送などの期間限定ではなく通年で市街地内運行が行われた例も、日本の索道・ロープウェイ史上で類似事業はない。
  15. ^ ホンマでっか!?渋谷駅~東横線渋谷駅&東急東横店にまつわる雑学14連発 1と3/4番線”. 渋谷文化プロジェクト. 2019年12月10日閲覧。
  16. ^ 井田直人, 田村亨「都市内短距離輸送システムとしての索道の適用可能性」『土木計画学研究・講演集』第34巻第249号、土木学会、2006年12月、 1-2頁、 NAID 1200066715452021年4月1日閲覧。
  17. ^ 都市交通・鋼索鉄道”. 樫山工業. 2021年4月2日閲覧。
  18. ^ Doppelmayr/Garaventa 10-MGD "Busan Air Cruise" Busan, Korea - 한국의 (2017)”. Doppelmayr Seilbahnen (2017年6月29日). 2021年5月22日閲覧。
  19. ^ 「まちを楽しむ多彩な交通の充実」に向けた公募の実施”. 横浜市 (2018年5月24日). 2019年3月27日閲覧。 / リーフレット:ヨコハマ都心臨海部のまちを楽しむ多彩な交通 (PDF)
  20. ^ 桜木町のロープウェイ計画が明らかに! 第二のコスモクロックになるか?(はまれぽ.com 2019年2月15日)
  21. ^ 横浜→山下ふ頭に空中交通!? ロープウエー構想浮上(神奈川新聞〈カナロコ〉 2017年12月30日)
  22. ^ 東京臨海部の貧弱交通はロープウェーが救う”. 東洋経済オンライン. 2019年3月13日閲覧。
  23. ^ 神戸港に海上ロープウエー構想 21年度調査へ”. 神戸新聞NEXT (2021年1月3日). 2021年2月7日閲覧。
  24. ^ 神戸港海上に都市型ロープウェイ建設構想が遂に浮上! 21年度に調査検討実施へ”. こべるん (2021年1月4日). 2021年2月7日閲覧。
  25. ^ ロープウエー構想始動 「福岡スカイウェイ」低コスト、輸送力大”. 産経ニュース. 2019年3月13日閲覧。
  26. ^ 市街地にロープウェー構想、白紙撤回 福岡市長の公約”. 朝日新聞デジタル (2019年3月13日). 2021年2月7日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集