都甲 岳洋(とごう たけひろ、1934年昭和9年)11月1日[1] - 2014年平成26年)4月4日[2])は日本の外交官。元ロシア連邦駐箚特命全権大使大分県杵築市(旧速見郡山香町)出身[3]

略歴編集

著書編集

  • 『20世紀のヨーロッパー分裂と統合の軌跡』

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ CD人物レファレンス事典 日本編
  2. ^ a b 都甲岳洋氏死去(元ロシア大使) 時事ドットコム 2014年4月7日
  3. ^ a b (日本語)政経文化画人展で都甲岳洋さん入賞大分合同新聞、2009年10月3日
  4. ^ 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年、107頁。
  5. ^ 英正道『回想の外交官生活』グットタイム出版。
  6. ^ 「2009年秋の叙勲 中綬章以上と在外邦人、外国人叙勲の受章者一覧」『読売新聞』2009年11月3日朝刊
  7. ^ 官報』第6284号 平成26年5月8日付6頁