メインメニューを開く

都甲 惟親(とごう これちか)は、鎌倉時代後期の武将

 
都甲惟親
時代 鎌倉時代後期
生誕 不明
死没 不明
別名 五郎、左衛門尉
戒名 寂妙[1]
氏族 都甲氏
父母 父:都甲惟家、母:尼道忍
兄弟 円仁惟氏惟親
惟遠惟国

経歴・人物編集

都甲氏源経俊を祖先とする豊後国国東郡都甲荘領主で、鎌倉幕府御家人を代々世襲[1][2]元寇にて活躍した。文永11年(1274年)の文永の役では筑前鳥飼潟の戦いにおいて奮戦し、その戦功を賞され大友頼泰より書下を与えられる[1][3]弘安4年(1281年)弘安の役では子の惟遠と共に肥前鷹島の東浜より上陸し、元軍と奮戦した[1][4]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 安田元久編『鎌倉・室町人名事典』新人物往来社、p.426(1985)
  2. ^ デジタル版 日本人名大辞典+Plus(講談社)『都甲惟親』 - コトバンク
  3. ^ 『都甲文書』大友頼泰勘状
  4. ^ 『都甲文書』大神惟親軍忠状