都築譲

日本の政治家

都築 譲(つづき ゆずる、1950年9月23日 - 2018年4月16日[1])は、日本政治家労働官僚

都築 譲
つづき ゆずる
生年月日 (1950-09-23) 1950年9月23日
出生地 愛知県幡豆郡一色町(現:西尾市
没年月日 (2018-04-16) 2018年4月16日(67歳没)
出身校 東京大学法学部
所属政党 (あいち改革推進協議会→)
新進党→)
自由党→)
民主党→)
無所属→)
国民の生活が第一→)
日本未来の党→)
無所属
称号 法学士・経済学修士
公式サイト つづき譲・BLOG

当選回数 2回
在任期間 2006年1月29日 - 2011年3月31日

日本の旗 衆議院議員
選挙区 比例東海ブロック愛知12区愛知15区
当選回数 2回
在任期間 2000年6月25日 - 2004年11月4日

日本の旗 参議院議員
選挙区 愛知県選挙区
当選回数 1回
在任期間 1994年9月11日 - 1998年7月25日
テンプレートを表示

参議院議員(1期)、衆議院議員(2期)、愛知県幡豆郡一色町町長(2期)を歴任。

来歴・人物編集

愛知県幡豆郡一色町出身。一色町立一色中学校(現西尾市立一色中学校)、愛知県立刈谷高等学校から東京大学へ進学[2]1975年同大学法学部を卒業後、労働省(現・厚生労働省)へ入省。1987年から3年間、外務省に出向。経済協力開発機構(OECD)パリ本部の日本代表部に勤務した。1994年7月、労働省を退官[3]

1994年9月11日公職選挙法違反で参議院議員・新間正次の当選が無効となったことに伴い行われた参議院愛知県選挙区再選挙に、あいち改革推進協議会から出馬。新生党公明党日本新党民社党自由党新党みらいの推薦を得て初当選した[3]

1998年7月12日第18回参議院議員通常選挙に出馬するも、落選。

2000年6月25日第42回衆議院議員総選挙愛知12区から自由党公認候補として出馬。小選挙区では3番目の投票数だったが、比例復活で当選。

公職選挙法違反編集

2003年7月23日、自由党の小沢一郎党首と民主党の菅直人代表は両党の合併に合意した(民由合併)。これに伴って議員たちの競合する選挙区の調整が図られ、都築は出身地の愛知12区から愛知15区への「国替え」を余儀なくされた。8月8日、愛知15区からの出馬を正式表明[4]。自由党は9月26日に解党し、民主党に吸収合併され、民主党は都築を比例東海ブロックの「名簿」第1位に登載した。同年11月9日第43回衆議院議員総選挙では、民主党公認で出馬。愛知15区では落選したが、比例復活で当選した。

しかし当選直後の11月15日、選挙運動員の一人が公職選挙法違反の疑いで逮捕される[5]11月17日、選挙対策幹部2人(元自由党愛知14総支部会長、民主党愛知15総支部役員)も逮捕。以上3名は、別の運動員に対し、電話で有権者に投票を依頼する報酬として計数十万円のアルバイト料の支払いを約束したとして、買収の罪に問われた[6]11月19日朝、選対本部事務局次長を務めた連合愛知豊橋地域協議会事務局長が豊橋市の自宅で首をつって死んでいるのが見つかった。同事務局長はこの日の午後1時から事情聴取を受ける予定だった[7]11月27日には公設秘書が逮捕され、続いて11月28日、選対事務局長を務めていた豊橋市議の草野年彦が逮捕された[8]。都築は公職選挙法違反に問われ、連座制適用の危機に遭った。

2004年8月2日名古屋高等裁判所は被告(都築の選挙対策幹部2人)に有罪判決を下した一審判決を支持し、被告の控訴を棄却。被告側は上告して連座制適用を先送りにしたが、同年11月2日、最高裁判所でも上告が棄却され、一、二審判決が確定。同日、連座制により失職する前に自ら辞職を表明した。11月4日に辞職が受理され、田村謙治が繰り上げ当選した。都築は愛知15区からの立候補が5年間禁止されることとなった。

2005年1月21日、民主党代表岡田克也の私設秘書となる[9]。後に岡田の政策秘書になった。同年9月12日、政策秘書を辞職。9月13日、翌年に行われる一色町長選挙に立候補する意向を表明した[10]

2006年1月29日一色町長選挙に立候補。元町議の今川光、現職の大河内光行(自民党推薦)らを破り初当選した[11]。国会議員経験者が町村長を務めたのは全国的に珍しい[12]

2010年1月、無投票で再選。2011年3月31日、一色町が西尾市に編入されたことに伴い、町長を退任。

国民の生活が第一代表の小沢一郎に国政を目指す思いを伝えたところ激励される。2012年8月25日、愛知12区から立候補する意向と同党に公認を申請していることを明らかにした[13]

同年12月16日第46回衆議院議員総選挙に愛知12区から日本未来の党公認で出馬するも、落選。

2013年5月26日の西尾市長選挙に無所属で出馬するも、落選[14]

2014年4月6日、旧一色町が、2011年に町内の産業廃棄物処分場跡地で行われた土壌汚染調査の結果を第三者に秘密にするとの契約を、調査した業者との間で結んでいたことが明らかとなった。同契約の締結日は、一色町が西尾市と合併する前日の2011年3月31日であった[15]。契約書の町長公印について、当時一色町長であった都築は「記憶にない」と関与を否定[16]。ところが2014年4月12日には一転して、町が作成した起案文書の町長決裁欄に書かれたサインを自分のものと認めた[17]

2018年4月16日、膵臓癌のため死去[1]。67歳没。

選挙の記録編集

執行日 選挙 選挙区 所属党派 当落
1994年9月11日 第16回参議院議員補欠選挙 愛知県選挙区 あいち改革推進協議会
1998年7月12日 第18回参議院議員通常選挙 愛知県選挙区 無所属
2000年6月25日 第42回衆議院議員総選挙 愛知12区 自由党 比当
2003年11月9日 第43回衆議院議員総選挙 愛知15区 民主党 比当
2006年1月29日 一色町長選挙 無所属
2010年1月31日 一色町長選挙 無所属
2012年12月16日 第46回衆議院議員総選挙 愛知12区 日本未来の党
2013年5月26日 西尾市長選挙 無所属

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 元衆院議員の都築譲さん死去 愛知県一色町長も務める”. 朝日新聞 (2018年4月17日). 2018年4月17日閲覧。
  2. ^ つづき譲・BLOG 都築 譲 Profile
  3. ^ a b 中日新聞(1994年9月12日付朝刊、12版、1面)
  4. ^ 『中日新聞』2003年11月28日付朝刊、35面、「都築氏秘書逮捕 バイト選挙 陣営ぐるみ 『国替え』で組織力頼れず」。
  5. ^ 中日新聞(1994年11月16日付朝刊、12版広域、31面)
  6. ^ 中日新聞(1994年11月18日付朝刊、12版広域、27面)
  7. ^ 『中日新聞』2003年11月19日付夕刊、11面、「都築氏派違反 聴取予定の幹部自殺 愛知15区 連合の地区責任者」。
  8. ^ 『中日新聞』2003年11月19日付朝刊、1面、「都築氏派違反 事務局長の豊橋市議逮捕 選対ナンバー2 主婦らに報酬約束」。
  9. ^ 『中日新聞』2005年1月21日付朝刊、2面、「失職の都築前議員 岡田代表の秘書に 民主」。
  10. ^ 『中日新聞』2005年9月14日付朝刊、36面、「一色町長選出馬を 都築氏が正式表明」。
  11. ^ 中日新聞(2006年1月30日付朝刊、市C県内版、22面)
  12. ^ 他の例としては、熊本県相良村長の矢上雅義山口県平生町長の山田健一などが挙げられる。
  13. ^ 『中日新聞』2012年8月26日付朝刊、32面、「都築氏 衆院選出馬へ 愛知12区、小沢新党から」。
  14. ^ “実績評価、継続を選択 西尾市長に榊原さん再選”. 中日新聞. (2013年5月27日). http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20130527/CK2013052702000052.html 2013年6月20日閲覧。 
  15. ^ 中日新聞(2014年4月6日付朝刊、11版、1面)
  16. ^ “西尾市議会全協で説明 旧一色町の土壌汚染密約”. 中日新聞. (2014年4月8日). http://www.chunichi.co.jp/s/article/2014040890002643.html 2013年4月13日閲覧。 
  17. ^ “土壌調査の密約、元町長が関与認める(愛知県)”. 日本テレビ. (2014年4月12日). http://www.news24.jp/nnn/news86218716.html 2013年4月13日閲覧。 

関連項目編集

  • 安積明子 - 都築の政策担当秘書を務めたのち、政治ジャーナリストとなる。

外部リンク編集