メインメニューを開く
 
都貞継
時代 平安時代初期
生誕 延暦10年(791年
死没 仁寿2年5月22日852年6月13日
別名 貞嗣
官位 従五位下主計頭
主君 嵯峨天皇淳和天皇仁明天皇文徳天皇
氏族 桑原→都宿禰
父母 父:桑原秋成
兄弟 腹赤貞継
良香
テンプレートを表示

都 貞継(みやこ の さだつぐ)は、平安時代初期の貴族。名は貞嗣とも記される。大和介桑原秋成の子。官位従五位下主計頭

経歴編集

弘仁13年(822年)兄・腹赤ら一族と共に上請して、氏姓を桑原から都宿禰に改める。淳和朝初頭の天長元年(824年中務少録次いで式部少録に任ぜられる。

淳和朝末の天長10年(833年因幡掾に転じると、承和5年(838年)式部大録、承和9年(842年備前掾、承和12年(845年主計助と、仁明朝では中国地方の地方官と京官を交互に務める。のち、承和13年(846年従五位下に叙せられ、承和14年(847年)主計頭に昇格した。

嘉祥3年(850年文徳天皇の即位後間もなく内位の従五位下に叙せられている。仁寿2年(852年)5月22日に、悪瘡のため卒去。享年62。最終官位は主計頭従五位下。

人物編集

式部省官職を何度も務めたことから、旧儀に精通していた。後に同省の官職に就く者は必ず貞継を訪れて、旧儀を習ったこという[1]

官歴編集

六国史』による。

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 日本文徳天皇実録』仁寿2年5月22日条