鄧 忠(とう ちゅう、? - 264年)は、中国三国時代の武将。父は鄧艾。子は鄧朗。

生涯編集

256年、前年に起こった段谷の戦いでの鄧艾の功績によって、亭侯に封じられた。

263年、鄧艾と共に蜀漢討伐に赴き、綿竹諸葛瞻と戦った。緒戦では敗退したため、怒った鄧艾から斬られそうになったが、助命されて再度戦い、今度は勝利して汚名を返上した。戦後、その功績により封邑を千戸に加増された。

しかし、鍾会の陰謀で鄧艾と共に捕らえられ、最後は田続によって父子揃って殺された。

273年段灼の嘆願により、司馬炎によって鄧艾父子の名誉は回復され、鄧朗は郎中に取り立てられた。

小説『三国志演義』では白面の美丈夫で、鄧艾に劣らぬ武略の持ち主として登場する。若くから鄧艾に従い、蜀との戦いで大いに活躍する姿が描かれている。