メインメニューを開く
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

(てい、紀元前806年 - 紀元前375年)は、中国の西周時代から春秋戦国時代まで存在した国。は姫、爵位は伯爵。現在の中華人民共和国河南省に位置した。

周代諸侯国
国姓 姫姓
爵位 伯爵
国都 棫林
陝西省渭南市華州区
新鄭
河南省新鄭市
分封者 宣王
始祖 姫友
存在時期 前806年 - 前375年
滅亡原因 により廃立
史書の記載史記
(巻42 鄭世家)
春秋左氏伝
(隠公元年に初見)
テンプレートを表示
鄭(Zheng)の位置

宣王の同母弟、姫友(桓公)が鄭(現在の陝西省渭南市華州区)に封じられたことに始まる。幽王の時、桓公は西周滅亡の混乱を避け、国民とともに東虢(とうかく)と(かい)の間に遷った。

次の武公は即位すると、まず東虢と鄶を攻め滅ぼし、都を新鄭に定めた。武公・荘公東周平王卿士となり周の再建をたすけた。しかし荘公はやがて周朝と反目するようになり、親征してきた周王直率の連合軍を大破した。荘公には即位時からの謀臣として祭仲という賢臣がいたが、荘公の子である厲公は祭仲と対立し、暗殺しようとしたが事前に露見し、君主の座から逃げ出して副首都に逃げた。厲公は祭仲がいなくなった後、復位した。

その頃、桓公が東方の覇者となり、その会盟に参加したもののむやみやたらと強い自尊心の為に会盟から脱退していた。その後、恵王が即位した際に再度卿士として政権の中枢へ返り咲いた。その後も鄭は王族である自尊心が強くみられ、それにより文公(この時は重耳と名乗っていた)が諸国放浪中に鄭国内に立ち寄った際にも、厲公の子である文公は「流浪中の老人」と重耳を揶揄して粗略な扱いをしたために重耳から睨まれ、重耳が晋君に即位した後に攻撃されることとなった。

以降、晋との二大勢力の狭間で、晋に属しながらも楚に表向きには従う、という、いわゆる「面従腹背」を繰り返し、それを嫌った楚の荘王による討伐軍を受けることになり、いわゆる邲の戦いへと発展することになった。このように春秋時代初期は強国であったが、小国であるが故に晋と楚との二大勢力による争いに巻き込まれ、徐々に衰退・没落した。それでも、名宰相として有名な子産が、土地制度・軍制・税制・法制を改革して国力を整理・増強し、外交にも手腕を振るったことで一時は荘公以来の全盛期となった。しかしそれも子産の死後は再び振るわなくなった。

紀元前375年に滅ぼされた。

*注 掲載地図「鄭(Zheng)の位置」で、Korean Penisula と書かれているのは、Peninsula (半島)の誤記なので注意いただきたい。

歴代君主編集

鄭声編集

孔子論語において、鄭の楽曲は淫らなものが多いと批判していた。俗な曲やあまり高尚ではない楽曲を鄭声というのもここから来ている。詩経において、鄭の曲が収録されているが、淫らかどうかは微妙であるが男女の愛情をストレートに歌い上げているのが特徴である。

関連項目編集