本来の表記は「鄭克𡒉」です。この記事に付けられたページ名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

鄭 克𡒉(てい こくぞう、拼音:Zhèng Kè-zāng、1662年-1681年)は、鄭成功の孫、鄭経の庶出長男で、母親は陳昭娘である。幼名はと言い、人は欽舎と呼んだ。

鄭克𡒉
生誕1662年永暦18年)
台湾
死没1681年永暦35年)
台湾
職業監国
配偶者陳永華の娘

生涯編集

初、1661年に鄭成功が台湾を攻略した際に、長男の鄭経は廈門の留守を預かった。鄭経は乳母の陳昭娘と関係して、鄭克𡒉を産んだ。鄭克𡒉が生まれたときに、ある人が、昭娘が妊娠したように装い、某李姓の夫を殺して、その子供を連れて来た養育したのだと言っている。しかし、鄭経自らが鄭克𡒉の出生に立ち会っているので、このような話は信じることができない[1]。後、唐顕悦(鄭経の正妻の祖父)は鄭成功に報告し、「母子相姦」の名を加えて悪口を言った。激怒した鄭成功は、鄭経と陳昭娘と鄭克𡒉を殺そうとしたが、鄭経は厦門の軍を指揮して人望があったため、厦門軍では鄭経を擁立して鄭成功に反抗する気配を見せた。ここでちょうど鄭成功が憂憤のうちに薨じた。

永暦28年(1674年)、鄭経が西征に赴くとき、陳永華は、東寧総制となり、台湾の留守を預かった。

永暦33年(1679年)4月、陳永華は、次のように意見を述べた。「お子は、年が十六になり、聡明で特出しております。よろしく、「君が行けば、すなわち守る」の典にしたがい、子の克𡒉を監国にされることを望みます。」鄭経は、これを許し、礼官の鄭斌を遣わして、命令を台湾にもたらし、鄭克𡒉を立てて監国とし、並びに監国世孫を彫らせ[2]、鄭克𡒉に公文を批閲させた。

鄭克𡒉の人となりは剛毅で、果断であり、頗る鄭成功の雰囲気に似ていた。その上、彼は陳永華の娘婿であり、事務を決済するときには、陳永華の教導を受けていた。法によりすべてを決済するという事により、鄭氏宗室も例外ではなかった[3]。これにより、鄭氏宗室と馮錫範は、皆彼を嫌った。

鄭克𡒉の死編集

永暦34年(1680年)、鄭経は台湾に戻ってきたが、政治はそのまま鄭克𡒉の処理にゆだねられており、その批閲した公文を取るだけであった。

永暦35年(1681年)正月、鄭経は世を去った。その病が重くなったとき、長子鄭克𡒉に監国剣印を授け、劉国軒に托孤して言った:「この子の才幹には、頗る希望がある。君はこれを輔けよ。我死すとも、九泉でまた、瞑目するなり!」[4]

鄭氏の宗室、鄭成功の未亡人王妃董氏と馮錫範は、鄭克𡒉の継承を望まなかったので、その弟の鄭克塽を擁立しようとした。同時に、彼は、馮錫範の娘婿でもあった。

北園別館(今の台南開元寺中国語版)にいた鄭成功の妻の董氏を説得して、鄭克𡒉の監国の地位を廃させるようにした。しかし、鄭克𡒉は、監国の璽を差し出すのを承知しなかったので、馮錫範等の人は、鄭克𡒉は鄭経の実の子でないと誣告し、人を派遣して絞死させた(別の説では自殺)[5]。 この宮廷内の政変は、鄭経が死んで、僅か数日で起きた。鄭克𡒉の妻の陳氏はすでに身ごもっていたが、絶食して数日して殉死した[6]。現在、台南市延平郡王祠には、「夫死婦亦死、君亡明乃亡」の聯があり、鄭克𡒉夫妻を追憶している。

編集

  1. ^ 郁永和『裨海記遊』「陳烈婦伝」52頁
  2. ^ 夏琳『閩海紀要』61頁
  3. ^ 郁永和『裨海記遊』「陳烈婦伝」53頁
  4. ^ 王浩一『在廟口説書』147頁
  5. ^ 鄭克𡒉の死は、『閩海紀要』、『海上見聞録』では、絞殺されたとある。しかし『裨海記遊』、『鹿樵紀聞』では、迫られて自殺した、とある。
  6. ^ 王浩一『在廟口説書』

参考文献編集