メインメニューを開く

配向性(はいこうせい)とは、ベンゼン環上の親電子置換反応において、置換基が及ぼす反応位置選択性を言い表す化学用語である。

目次

分類編集

各種置換基があるときに、その置換基の種類に応じてオルトおよびパラの位置に反応が起きやすい場合(オルト-パラ配向性)と、メタの位置に反応が起きやすい場合(メタ配向性)がある。また、当該位置への反応が促進される場合(活性化基)と、他の位置への反応が抑制され結果として、当該位置への反応が比較的起きやすい場合(不活性化基)に分けられる。

配向性は電子非局在化による反応中間体の安定化の程度によって決まる。複数の置換基がある場合には一般にハメット則によって予測される。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集