メインメニューを開く

配給車(はいきゅうしゃ)とは、鉄道車両の種類の一つ。主に車両工場車両基地との間で、車両などの保守部品を配送するために使用される事業用車両である。

概要編集

日本国有鉄道(国鉄)での、車両記号は「」(部品をクバことから)。この記号は、1953年(昭和28年)6月1日の車両形式称号規程改正により制定されたもので、それ以前から配給(保守部品の輸送のことで、国鉄内部の用語で「配給を受ける」と呼んでいた)用途に使用される事業用車両は存在しており、職用車「ヤ」に包含されていたものを独立させたものである。

国鉄(JR)だけではなく、私鉄の一部でも使われていたことがあったが、道路事情の改善やダイヤの過密化などによって次第にトラックなど自動車輸送に切り替えられたことにより使用機会は激減[1]。2010年代では JR の一部で、有蓋貨車による代用車(車両記号の変更はなし)も含め、少数が使用されるのみとなっている。

国鉄時代には、現存する電車貨車(ただし現存するのは上記の代用車のみ)の他、客車である荷物車を転用した車両も存在した。また、一部車両は、工場や基地への従業員輸送用として使われたこともあった。

電車タイプは現存している国鉄101系電車から改造されたクモル145形も含め、旅客電車から改造されたものが多く、またほとんどの車両において、運転室のすぐ後ろには屋根のある部屋があるが、車両後部の屋根は取り払われて無蓋貨車のようなスタイルになっている。客車タイプは古くなった旅客車・荷物車・郵便荷物車などから改造され、屋根は取り払わず、中央部に1 - 2か所の物資搬入用の扉を設けたものが多かった。

配給車の形式一覧編集

電車編集

 
国鉄クル144形電車

客車編集

脚注編集

  1. ^ 視線浴びて緊張気味? JR西、配給車を初展示 朝日新聞デジタル(2017年12月22日)2017年12月23日

関連項目編集