メインメニューを開く

酒乱(しゅらん)は、アルコール摂取に伴う意識障害。突然、飲酒をきっかけに性格が変わり粗暴な発言や、無意味または理不尽な暴力行為に及ぶなど。飲酒はスイッチ的なものであり、酒乱の度合いは酒量に比例しないことがある。時間が経過し、酔いがさめれば過去の発言や暴力行為を記憶していないことも多い。

概要編集

飲酒により、大脳皮質麻痺することにより道徳的な規範などが守れなくなる。酒乱の基盤や誘因には、体内のアセトアルデヒド脱水素酵素およびアルコール脱水素酵素遺伝子[1]のほかアルコール依存症、脳器質性障害、ストレス肉体疲労などが挙げられる。アルコールの血中濃度に対応しない著しい興奮や幻覚などの精神症状を伴うため、Binderの酩酊分類では単純酩酊とは異なり異常酩酊(病的酩酊)として分類される。善悪の判断のつかない状況で、事故や事件を生じさせる危険性が高いため、断酒をすることが勧められる[2]

歴史上の人物編集

脚注編集

  1. ^ 原因は遺伝子? 酒乱になる人とならない人、何が違う”. 日経gooday. 2018年7月23日閲覧。
  2. ^ e-ヘルスネット 酔い方の異常”. 厚生労働省. 2018年7月23日閲覧。

関連項目編集