酒井一圭

日本の歌手、作詞家

酒井 一圭(さかい かずよし、1975年6月20日 - )は、日本俳優歌手プロデューサー作詞家。 歌謡グループ「純烈」のプロデューサー、リーダー。G-STAR.PRO所属。大阪府吹田市出身。

さかい かずよし
酒井 一圭
本名 酒井 一圭
生年月日 (1975-06-20) 1975年6月20日(46歳)
出生地 日本の旗 日本大阪府吹田市
身長 186 cm[1]
血液型 AB型
職業 プロデューサー俳優歌手作詞家
ジャンル 俳優テレビドラマ映画舞台ビデオ
歌手歌謡曲コーラスボーカル
活動期間 1982年 -
配偶者 既婚
事務所 G-STAR.PRO
公式サイト 純烈 Official Website
主な作品
テレビドラマ
逆転あばれはっちゃく
仮面ライダークウガ
百獣戦隊ガオレンジャー
テンプレートを表示

略歴編集

人物編集

千葉県立柏西高等学校卒業。少年時代の夢はアントニオ猪木(プロレスラー)になること、『あばれはっちゃく』になること、『太陽戦隊サンバルカン』のバルイーグルになることだった。両親に懇願して児童劇団に入り、9歳当時にオーディションを受けて「5代目あばれはっちゃく・桜間長太郎」役に採用される。長太郎の設定年齢は酒井よりも3歳年上の12歳だったが、本人は「体が大きかったため、特に違和感がなかった」と回想している[2]。先述通り、2001年に「スーパー戦隊シリーズ」第25作・『百獣戦隊ガオレンジャー』にレギュラー出演。なお、酒井はこれ以前に『星獣戦隊ギンガマン』や『救急戦隊ゴーゴーファイブ』のオーディションも受けていたが、いずれも最終選考で落選し、3度目の参加となった『ガオレンジャー』のオーディションでようやく合格となった。「マッスル」参戦によりプロレスラーとしてもデビューを果たし、少年時代の夢をすべて達成することとなった。

プロデューサー編集

『ガオレンジャー』放送中から行なっていた単独トークライブ「酒井祭」の担当プロデューサーが「私たちと一緒にやりませんか?」と開演前の楽屋で酒井に提案したことが発端で、2006年に新宿ロフトプラスワン・プロデューサーに就任。数々のイベントを企画・構成し、レギュラー化させた。2011年ライブハウスロフトグループ席亭の平野悠から「酒井一圭はロフトの恩人」[3]と称される。2020年、第33回東京国際映画祭 ジャパニーズ・アニメーション部門 特撮特集『スーパー戦隊』イベントプロデューサーに就任[4]。2021年、和歌山市のテーマパーク「和歌山マリーナシティ」でスタートする「機界戦隊ゼンカイジャーVS百獣戦隊ガオレンジャー スペシャルバトルステージ」の総合プロデューサーに就任した。

競馬評論家編集

幼少時代から親戚らの影響で競馬に慣れ親しんでおり、牧場で馬に触れながら本格的にのめり込むようになる。中学時代より馬券検討のスタイル(酒井の法則)を独自に考案。「東京競馬場があるから」という理由で20歳から府中市に住むようになる。『ガオレンジャー』放送終了後から競馬専門チャンネル・グリーンチャンネルに出演。競馬予想家としてnetkeiba「馬券総合倶楽部」にて毎週連載を寄稿、歴代最高配当記録(200万馬券)を保持。様々な媒体でコラムやエッセイも寄稿している。熱心な地方競馬ファンでもある。

プロレスラー編集

2005年10月2日、DDTプロレスリング内の別ブランド「マッスル」に参戦を発表。直後のマッスルハウス後楽園ホール大会でプロレスデビューを果たした。ここではプロデューサー・鶴見亜門(演じているのは俳優の今林久弥)の意向で、「酒井一圭改め、酒井一圭HG」としてレイザーラモンHGのような衣装とハードゲイキャラで出場することになった。その後も継続参戦し、2010年10月6日、マッスルハウス10後楽園ホール大会をもって引退[5]。入場曲は郷ひろみの『GOLDFINGER '99』。2019年2月16日、両国国技館で行われた「マッスルマニア 2019 in 両国〜俺たちのセカンドキャリア〜」に久々の参戦。

純烈編集

2007年にメンバー1人1人に「紅白に出て親孝行しよう!」と口説き、歌謡グループ純烈を結成。約3年に及ぶ地道な下積みを経て、2010年に「涙の銀座線」でユニバーサルレコードよりメジャーデビュー。同グループではプロデューサー、リーダー、作詞担当としてグループを牽引。2018年、日本作曲家協会奨励賞、ゴールドディスク認定、日本レコード大賞選奨、第69回NHK紅白歌合戦に初出場を果たし、結成以来の夢を掴み取った。70回、71回と3年連続で出場を果たしている。

出演編集

テレビドラマ編集


ウェブテレビ編集

  • ABEMA BOATRACE TOWN 異世代アイドルバトル!波乗りキングダム(2020年7月11日、ABEMA)[6]

映画・オリジナルビデオ編集

横浜ばっくれ隊 夏の湘南純愛篇(1994年)
横浜ばっくれ隊 純情ゴロマキ死闘篇(1995年)

舞台編集

リボンの騎士(2003年、ハーモニーホール座間・ティアラこうとう/ナイロン卿)
  • the CiRCLe(2012年、青山円形劇場)
  • ビジネスマンミュージカル Way Out(2012年、池袋シアターグリーン/主演・桜庭長太郎)
  • Bizテインメント・シアター Way Out(2013年、銀座博品館劇場/主演・桜庭長太郎)
Bizテインメント・シアター Way Out(2014年、銀座博品館劇場/主演・桜庭長太郎)
Bizテインメント・シアター Way Out(2015年、東京芸術劇場プレイハウス・大阪エルシアター/主演・桜庭長太郎)

声優編集

プロレス編集

  • マッスルハウス(2005年、後楽園ホール)
  • マッスル9(2006年、北沢タウンホール)
  • マッスル10(2006年、新宿フェイズ)
  • マッスルハウス2(2006年、後楽園ホール)
  • マッスル11(2006年、北沢タウンホール・新木場1stRing)
  • マッスルハウス3(2007年、後楽園ホール)
  • マッスル15(2007年、北沢タウンホール)
  • マッスルハウス5(2008年、後楽園ホール)
  • マッスルハウス6(2008年、後楽園ホール)
  • アキバプロレス(2008年、秋葉原UDXアキバスクエア)
  • マッスル坂井自主興行(2008年、新木場1stRing)
  • DDT Special 〜6大ブランド大集結〜(2008年、後楽園ホール)
  • マッスルハウス7(2009年、後楽園ホール)
  • マッスルハウス10(2010年、後楽園ホール)
  • DDT「武道館ピーターパン 〜DDTの15周年、ドーンと見せます超豪華4時間SP!〜」(2012年、日本武道館)
  • DDT 工場プロレス「武道館ピーターパン」(2012年、日本武道館)
  • DDT「April Fool 2013」(2013年、新宿FACE)
  • DDT「Road to Ryogoku 2days in SHIMIZU〜ドラマティック・ドリーム・ツナ〜」(2013年、清水マリンビル)
  • DDT「工場プロレス 2013」(2013年、宮地鉄工所)
  • DDT「DDT万博〜プロレスの進歩と調和〜」(2013年、両国国技館)
  • DDT「マッスルマニア 2019 in 両国〜俺たちのセカンドキャリア〜」(2019年、両国国技館)

作品編集

発売日 楽曲タイトル アーティスト名義 収録アルバム 最高
順位
2002年11月21日 大空への階段 ガオレンジャー
[ガオレッド(金子昇)、ガオイエロー(堀江慶)、ガオブルー(柴木丈瑠)、
ガオブラック(酒井一圭)、ガオホワイト(竹内実生)]
忍風戦隊ハリケンジャー VS 百獣戦隊ガオレンジャー -位
ガオレンジャー吼えろ!!
[オールキャスト・スペシャル・ヴァージョン]
ガオレンジャー& 山形ユキオ
[ガオレンジャー:獅子走(金子昇)、鷲尾岳(堀江慶)、鮫津海(柴木丈瑠)、
牛込草太郎(酒井一圭)、大河冴(竹内実生)、大神月麿(玉山鉄二)]
  • 「TIMING」(2016年1月20日) - 歌:朝倉さや ft.酒井一圭(純烈) ※「おかえり-manzumamake-」カップリング曲

作詞編集

  • 「炎」 作曲:NARASAKI 歌:宮内タカユキ(2008年) - 『クラッシャーカズヨシ 〜怒る〜』 主題歌
  • 「しのび哀」 作曲:高取ヒデアキ 歌:純烈(2013年) - 『忍風戦隊ハリケンジャー 10 YEARS AFTER』挿入歌
  • 「SAYONARA SAPPORO」 作曲:歌星錠 歌:純烈 (2015年) - 「星降る夜のサンバ」カップリング
  • 「言葉足らずのメロディ」 作曲:大谷明裕 歌:純烈(2015年) - 「今夜はドラマチック Bタイプ」カップリング
  • 「純烈一途」作曲:高取ヒデアキ 歌:純烈(友井雄亮)(2017年) - 「愛でしばりたい Aタイプ」カップリング
  • 「愛が裁かれるとき」作曲:中崎英也 歌:純烈(2017年) - 「愛でしばりたい Dタイプ」カップリング
  • 「僕に残された時間はどのくらいあるだろう」作曲:幸耕平 歌:純烈(2021年) - 「君がそばにいるから Bタイプ」カップリング
  • 「NEW(入浴)YORK」作曲:影山ヒロノブ 歌:純烈(2021年) - 映画「スーパー戦闘 純烈ジャー」主題歌

その他の活動編集

本編の1シーン「K・タカのスーパーフィンガーテクニック講座」の講師役の顔が酒井、CVは水島大宙
EDクレジットにも「写真協力」という形でクレジットされている。

執筆・連載編集

  • 酒井祭(2002年 美術出版社)
  • 純烈 人生相談室 僕のお腹で、泣けばいい(2021年 中央公論新社)
  • 酒井一圭の直線勝負(2019年〜 日刊ゲンダイ 土曜日版 競馬コラム)
  • 酒井一圭お悩み相談室(2020年〜 婦人公論連載)

講演会編集

  • 教育講演会(2012年 豊田市立崇化館中学校)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ プロフィール|純烈 Official Website
  2. ^ 【RRD】煩悩を消し去るテクニック 酒井一圭 さん(俳優)
  3. ^ 2011年7月14日に平野悠(@yu_hirano)が「酒井(@junretsu_sakai)はプラスワンの恩人。 23日の夜のロフトプラスワンは前半クラッシャーカズヨシのエピソード2の上映。後半ゴーカイジャー&ゴセイジャー映画で号泣した関係者によるトークライブ2です。稲田徹さん、林潔さん、佐藤文則さん、酒井一圭は確定。」とツイートした。
  4. ^ 東京国際映画祭、酒井一圭の発案でガオレンジャーやゴーゴーファイブ出演者が登壇” (2020年10月29日). 2020年11月1日閲覧。
  5. ^ ビジネスマンミュージカル『WAY OUT』と、酒井一圭さんの2030年10月6日に向けてのインプット Facebook 2013年11月3日付
  6. ^ 『ABEMA BOATRACE TOWN 異世代アイドルバトル!波乗りキングダム』 7月11日(土)午後3時から、ABEMA「BOATRACEチャンネル」にて生放送! :紀伊民報AGARA” (日本語). www.agara.co.jp (2020年7月10日). 2020年7月31日閲覧。
  7. ^ “純烈が戦隊ヒーロー映画で主演「スーパー戦闘 純烈ジャー」今秋公開、特報解禁”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2021年2月1日). https://natalie.mu/eiga/news/414572 2021年2月2日閲覧。 

外部リンク編集