メインメニューを開く

酒井忠休

出羽松山藩主

酒井 忠休(さかい ただよし)は、出羽松山藩3代藩主。左衛門尉酒井家分家3代。宗家初代・酒井家次の五男・酒井了次の子孫で、庄内藩士・酒井直隆の子。母は本多氏

 
酒井忠休
時代 江戸時代中期
生誕 正徳4年8月16日1714年9月24日
死没 天明7年4月18日1787年6月3日
改名 平次郎(幼名)、忠休
戒名 光照院殿泰誉豊刹慧仁大居士
墓所 東京都新宿区袋町光照寺
官位 従五位下、山城守、石見守
幕府 江戸幕府
出羽松山藩3代藩主
氏族 左衛門尉酒井家分家
父母 父:酒井直隆、母:本多氏
兄弟 忠休忠英忠寄、娘(遠藤胤親正室)
正室:なし、側室:皆如院
水野忠体忠崇
娘(小堀政芳正室、のち小堀政明正室)
養子:忠郷忠起

経歴編集

享保17年(1732年)7月に先代藩主の酒井忠予の実子である忠英が廃嫡され、同年8月29日に忠休は養嗣子となり、同年11月25日の忠予の隠居で跡を継いだ。藩政改革で借上制を行なったが、養子として入った忠予に対して家臣団が反発したために失敗し、幕府から3000両を借りて窮状を凌いでいる。宝暦10年(1760年)8月、若年寄に任じられ、安永8年(1779年)12月15日に上野国内で5,000石を加増され、出羽松山藩は2万5,000石となった。天明7年(1787年)4月18日、74歳で死去し、跡を次男・忠崇が継いだ。忠英の子の忠郷忠起を養子としていたが、いずれも夭折している。

将棋の名人だったといわれている。

略系図編集

酒井忠予2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠英忠寄(5)忠休3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠郷※a忠起※b忠崇4忠郷※a忠起※b

  • 実線は実子、点線は養子を示す。
  • すべての人物を掲載してはおらず、また兄弟・姉妹の順に配列してはいない。
  • ※印は、同じ英字を付した人物が同一人物であることを示す。
  • 太字の数字 2, 3…… は松山藩主代数を示す。
  • 括弧つきの数字 (5), (6)…… は庄内藩主代数を示す。