酒井 忠儔(さかい ただとも)は、江戸時代中期の上野国伊勢崎藩の世嗣。官位従五位下近江守

 
酒井忠儔
時代 江戸時代中期
生誕 正徳5年(1715年
死没 寛延3年7月30日1750年8月31日
官位 従五位下近江守
上野伊勢崎藩世嗣
氏族 酒井氏(雅楽頭家)
父母 酒井忠告牧野英成
兄弟 忠儔、次男、女子
三浦義理
忠増酒井忠告養女
テンプレートを表示

略歴編集

正徳5年(1715年)、伊勢崎藩2代藩主・酒井忠告の長男として誕生。母は牧野英成の娘。正室は三浦義理の娘。子は酒井忠増酒井忠告養女(酒井忠温正室)。

享保13年(1728年徳川吉宗に初御目見したが、叙任したのは延享4年(1747年)だった。就封前の寛延3年(1750年)に死去した。このため、雅楽頭系酒井家本家から忠温が父・忠告の養子となって伊勢崎藩嫡子の座に就き、忠儔の娘を正室に迎えた。