酒井 忠大(さかい ただもと)は、安房国勝山藩4代藩主。

 
酒井忠大
時代 江戸時代中期
生誕 享保11年(1726年
死没 宝暦6年3月24日1756年4月23日
改名 大助(幼名)、忠大
別名 忠昭
戒名 紹隆院殿雄山興英大居士
墓所 東京都港区愛宕青松寺
官位 従五位下大和守
幕府 江戸幕府
主君 徳川吉宗家重
安房勝山藩
氏族 酒井氏(雅楽頭家)
父母 酒井忠篤
兄弟 忠大関盛時正室
石川総慶藤堂高朗養女
忠筭忠鄰忠義
テンプレートを表示

略歴編集

享保11年(1726年)、第3代藩主・酒井忠篤の長男として江戸で生まれる。元文2年(1737年)の父の死去により家督を継ぐ。寛保3年(1743年)12月、従五位下、大和守に叙任する。

延享3年(1746年)、家臣が若年寄堀田正陳に対して無礼を働いたとして、幕府より出仕を止められた。同年6月に許され、寛延元年(1748年)11月、大番頭に任命されるが、宝暦2年(1752年)10月に辞任した。宝暦4年(1754年)10月、屋敷の失火を理由に再び幕府より出仕を止められたが、11月に許された。

宝暦6年(1756年)3月24日に死去した。享年31。跡を次男の忠鄰が継いだ。

系譜編集