メインメニューを開く

酒井 忠宝(さかい ただみち)は、江戸時代末期の大名。出羽庄内藩第12代藩主で最後の藩主、大泉藩知事、左衛門尉酒井家第14代当主。第9代藩主・酒井忠発の六男。正室は遠藤胤城の娘。官位は従五位。

 
酒井忠宝
Sakai Tadamichi.jpg
時代 江戸時代末期(幕末) - 大正時代
生誕 安政3年6月13日1856年7月14日
死没 大正10年(1921年9月17日
墓所 山形県鶴岡市家中新町の大督寺
官位 従五位
庄内藩第12代藩主
氏族 左衛門尉酒井家第14代当主
父母 父:酒井忠発、母:鐐子(徳川斉匡八女)
兄弟 忠恕、忠篤忠宝、忠庸、忠利
娘(稲葉正邦正室娘)、娘(本多康穣正室)、
娘(鳥居忠宝正室)娘、(大河内輝声正室)、
娘(松平忠和正室のち戸沢正実継々室)
すず子(遠藤胤城長女)
忠純、忠和、忠良、鑑子(稲葉順通室)、
鉐子(久須美東馬室)、淑子(西脇健治室)

目次

経歴編集

戊辰戦争で兄・酒井忠篤が官軍に降伏し、永蟄居処分にされた後、再興を許されて忠宝が藩主に就任した。明治元年(1868年)12月15日に陸奥会津藩、明治2年(1869年)6月15日に陸奥磐城平藩に移封となるが、70万両を献納したため同年7月22日に庄内藩に戻る[1]

同年に版籍奉還知藩事となり、明治4年(1871年)の廃藩置県で免官。明治13年(1880年)2月、隠居し、養父・忠篤(実兄)に家督を譲る。忠篤の当主復帰ということである。大正10年(1921年)、66歳で死去[1]。兄・忠篤の長男・酒井忠良を養子としている。

栄典編集

親族編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『新編庄内人名辞典』p.329
  2. ^ 『官報』第2391号「叙任及辞令」1891年6月20日。
  3. ^ 『官報』第5089号「叙任及辞令」1900年6月21日。

参考文献編集

  • 庄内人名辞典刊行会編『新編庄内人名辞典』庄内人名辞典刊行会、1986年。
先代:
安藤信勇
酒井氏磐城平藩主
1869年
次代:
安藤信勇