酒井 忠寧(さかい ただよし)は、江戸時代後期の大名上野伊勢崎藩の第5代藩主。雅楽頭系酒井家支流5代。

 
酒井忠寧
時代 江戸時代後期
生誕 寛政元年1月26日1789年2月20日
死没 文化14年8月16日1817年9月26日
改名 与八郎(幼名)→忠寧
戒名 智勝院殿劫外禅徹大居士
墓所 東京都葛飾区高砂町の崇福寺
官位 従五位下、信濃
幕府 江戸幕府
上野伊勢崎藩
氏族 雅楽頭酒井家
父母 父:酒井忠哲、母:品(木下利忠の娘)
兄弟 忠寧、於とり(細川利愛正室)
正室:多加(牧野宣成の四女)
忠良忠恒、鍈子(小笠原貞哲正室)、
於さだ(大久保忠豊正室)、
於澄(榊原昭砥室)
テンプレートを表示

第4代藩主・酒井忠哲の長男。文化2年(1805年)7月5日、父の隠居により跡を継いで叙任する。祖父の忠温に倣って学問を奨励し、伊与久村(現在の伊勢崎市伊与久)の宮崎有成らが設立した郷学五惇堂を公認し支援を行ったほか[1]、遜親堂、会輔堂、正誼堂、遜悌堂、正心堂など多くの学問所(郷学)を創設した。文化14年(1817年)8月16日に死去。享年29。跡を長男の忠良が継いだ。

系譜

編集

父母

正室

子女

脚注

編集
  1. ^ 郷学五惇堂の碑”. 伊勢崎市. 2019年8月20日閲覧。

外部リンク

編集