メインメニューを開く

酒井 忠徳(さかい ただあり)は、出羽庄内藩の第7代藩主。左衛門尉酒井家9代当主。第6代藩主・酒井忠温の長男。

 
酒井忠徳
時代 江戸時代中期
生誕 宝暦5年10月2日1755年11月5日
死没 文化9年9月18日1812年10月22日
戒名 珪徳院殿義誉俊器要運大居士
墓所 山形県鶴岡市家中新町 大督寺
官位 従四位下、左衛門尉、侍従、贈従三位
幕府 江戸幕府
主君 徳川家治家斉
出羽庄内藩
氏族 左衛門尉酒井家
父母 父:酒井忠温
母:為姫(心珠院、福岡藩黒田継高次女)
兄弟 忠徳忠順
正室徳川宗武の娘・修姫
忠器水野忠実黒田直侯市橋長富内藤政民小笠原長泰、娘(前田利之正室)

生涯編集

宝暦5年(1755年)10月2日生まれ。既に兄・忠順がいたが、母が正室の為姫(黒田継高の娘)であったため、嫡男となる。明和3年(1766年)12月に従五位下に叙任する。明和4年(1767年)、父の死去により跡を継ぐ。しかし藩財政窮乏により、江戸から本国に帰国するとき、その経費すら調達できず涙した、というエピソードが残っている。このため、藩財政再建を目指して豪商本間光丘を登用して財政改革である「安永御地盤組立」を行なった。この改革は節約などを主としたものであり、9万両の借金全てを返還し、逆に1480両の蓄えを築くに至った。

安永2年(1773年)12月に従四位に叙任する。天明3年(1783年)の天明の大飢饉では餓死者を出さなかった。しかし寛政期頃から藩財政が悪化し始め、10万両の借金を築くに至った。このため、再度の藩政改革を行なって農村復興や文武の奨励に尽力し、文化2年(1805年)には藩校致道館を創設した。文化2年(1805年)9月25日、長男の忠器家督を譲って隠居し、文化9年(1812年)9月18日に58歳で死去した。

没後、大正年間に従三位を追贈されている。

政治家としてだけではなく、和歌刀剣鑑定などにも優れていたといわれている。