酒井 忠次
Sakai Tadatsugu.jpg
酒井忠次像(先求院所蔵)
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 大永7年(1527年
死没 慶長元年10月28日1596年12月17日
別名 小平次(幼名)、小五郎、左衛門尉(通称)、一智(号)
戒名 先求院天誉高月縁心居士
墓所 知恩院先求院(京都市東山区
官位 従四位下左衛門督
主君 松平広忠徳川家康
氏族 酒井氏(左衛門尉系)
父母 父:酒井忠親、母:不明
兄弟 酒井忠善
正室:松平清康の娘・碓井姫
家次本多康俊小笠原信之
松平久恒忠知、ふう(松平伊昌室)
牧野康成室、養女(山岡景佐の娘、
本郷頼泰室、曽我尚佑室)

酒井 忠次(さかい ただつぐ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての三河武将徳川氏の家臣。

徳川四天王徳川十六神将ともに筆頭とされ、家康第一の功臣として称えられている。

目次

生涯編集

大永7年(1527年)、徳川氏の前身である松平氏譜代家臣・酒井忠親の次男として三河額田郡井田城岡崎市井田町城山公園)に生まれる。元服後、徳川家康の父・松平広忠に仕え、酒井小五郎、後に左衛門尉と称している。

竹千代(徳川家康)が今川義元への人質として駿府に赴く時、竹千代に従う家臣の中では最高齢者(23歳)として同行した。この後、松平元信(徳川家康)の配下として仕え、弘治年間の初期頃より福谷城に住んでいる。弘治2年(1556年)、柴田勝家に2,000騎で福谷城を攻められた忠次は城外に出て戦い、激しい攻防の末、勝家を敗走させている。

永禄3年(1560年)5月の桶狭間の戦いの後、徳川家の家老となり、永禄6年(1563年)の三河一向一揆では、酒井忠尚を始め酒井氏の多くが一向一揆に与したのに対し、忠次は家康に従った。永禄7年(1564年)には吉田城攻めで先鋒を務め、守将の小原鎮実を撤退させ、無血開城によって城を落とす戦功を立て、戦後、吉田城主となっている。これにより、忠次は東三河の旗頭として三河東部の諸松平家・国人を統御する役割を与えられる(西三河は石川家成)。

永禄12年(1569年)末に甲斐国武田信玄今川氏真の領国駿河への侵攻を行い(駿河侵攻)、徳川氏は当初武田氏と同盟し今川領国の割譲を協定していたが、忠次は武田方との交渉を担当している。

元亀元年(1570年)の姉川の戦いでは姉川沿いに陣取り、小笠原信興の部隊と共に朝倉軍に突入して火蓋を切った。元亀3年(1573年)の三方ヶ原の戦いでは右翼を担い、敵軍の小山田信茂隊と激突し、打ち破っている。天正3年(1575年)の長篠の戦いでは分遣隊を率いて武田勝頼の背後にあった鳶巣山砦からの強襲を敢行、鳶巣山砦を陥落させて長篠城を救出した上に勝頼の叔父・河窪信実等を討ち取り、有海村の武田支軍をも討つ大功を挙げている。戦後に信長から「背に目を持つごとし」と賞賛された。

家康の厚い信任を受けていた忠次は天正7年(1579年)に家康の嫡子・松平信康の件で織田信長からの詰問を受けたとき、大久保忠世と共に弁解の使者に立てられて安土城に赴いている。この際、忠次は信康を十分に弁護できず、信康の切腹を防げなかったと言われる。もっとも、この信康切腹の通説に関しては疑問点も多く、信康の切腹は家康の意思であるという説が近年では出されている。

以後も家康の重臣として仕え、天正10年(1582年)6月2日に起きた本能寺の変の直後、岡崎に戻った家康が明智光秀を討とうとした際には先陣を務めたという。家康は信長横死後に空白地帯となった武田遺領の甲斐・信濃の掌握をはかり(天正壬午の乱)、同年6月27日には忠次を信濃へ派遣して信濃国衆の懐柔を図る(『家忠日記』)。忠次は奥三河・伊那経由で信濃へ侵攻するが、諏訪頼忠小笠原貞慶らの離反により失敗する。

また天正12年(1584年)の小牧・長久手の戦いでは羽黒の戦い森長可を敗走させるなど、家康の主な戦いには全て参加している。

天正13年(1585年)に同じく家康の宿老であった石川数正が出奔してからは家康第一の重臣とされ、天正14年(1586年10月24日に家中では最高位の従四位下・左衛門督に叙位任官されている。天正16年(1588年)10月、長男の家次家督を譲って隠居する。隠居の要因は加齢もさることながら、眼病を患い、殆ど目が見えなかったといわれる。しかし、以後も京都におり、豊臣秀吉からは京都桜井の屋敷と世話係の女と在京料として1000石を与えられている。この頃、入道して「一智」と号した。

慶長元年(1596年)10月28日、京都桜井屋敷で死去した。享年70。墓所は知恩院の塔頭・先求院。墓は知恩院山腹の墓地内にある。

人物・逸話編集

 
月岡芳年『酒井忠次時鼓打之図」』。三方ヶ原の戦いにて、酒井忠次(一番左)が浜松城の櫓上で太鼓を打つ様を描く。
  • 三方ヶ原の戦いでは、家康が浜松城に逃げ帰った後、忠次が城の櫓上にて太鼓を打ち鳴らして味方を鼓舞し、武田方には伏兵のあることを疑わせて引き返させたとする「酒井の太鼓」の話は、河竹黙阿弥の『太鼓音知勇三略』(後に新歌舞伎十八番の一編となる)が明治6年(1873年)3月に村山座で初演されたのが人気を博したことで知られるようになったもので、『三河後風土記』が典拠とされることがあるが同書にそのような記述はなく、城門を開け放しにした話を脚色したと考えられる[1]
  • 元亀4年(1573年)正月、武田家から「松枯れで竹類なき明日かな」と詠んだ句が送られてきた。家康や徳川家臣団は激怒したが、忠次はその句の要所に濁点を加えて「松枯れで武田首なき明日かな」と読み返したという。このことから、正月には門松の竹を斜めに切り落とすのが習慣になったという[2]
  • 忠次の愛槍は「甕通槍」といい、甕もろとも突き抜けて敵を倒した、という逸話がある。
  • 海老すくいという踊りが得意であり、重臣であるにもかかわらず諸将の前で踊りを見せ、大いに盛り上げたという。天正14年(1586年)、家康が北条氏政と同盟を結ぶために伊豆三島に赴いた際の酒宴でも披露している[3]
  • 嫡男・家次が与えられた臼井3万石は当時、徳川四天王のほかの3人が10万石規模であったことに比して小禄であった。これに忠次が抗議した際、「お前も我が子が可愛いか」と信康事件の不手際を責められたという。ただし、上述のように信康事件は信長の命令ではないという説もある。
  • ある日、榊原康政が大半の武田家臣が井伊直政に配され、自身にはほとんど配されなかったのを不満に思い、忠次に漏らした。これを聞いた忠次は康政を叱責。直政と康政の仲を取り持ち、以後2人は友になったという。
  • 常山紀談』に書かれている長篠の戦いでの鳶ヶ巣山砦奇襲作戦の話は、忠次が信長の本営の極楽寺山で行われた軍議にこれを献策し、最初信長から「そのような小細工は用いるにあらず」と叱責される。しかし軍議が終わって諸将が引き退いた後、忠次は信長に密かに呼び出され、打ち解けた態度で「先に叱責せしは間者に事が漏洩せんことを恐るるがため、すぐに出立せよ」と言い、忠次が率いていた3,000の兵に加え、金森長近等鉄砲隊500まで貸し与えられ、それを任されたという。

系譜編集

酒井氏は、その祖先を遡ると松平氏の祖の親氏と兄弟と言われ(婚姻関係での兄弟とも言われる)、更には安城譜代と呼ばれる松平家中における最古参の宿老であり、忠次も松平氏とは深い血縁関係にある。忠次の正室は家康の祖父・松平清康と夫人・於富の方の間の娘・碓井姫である。於富の方は清康の正室となる前は水野忠政の正室であり、家康の母・於大の方の実母であるから、忠次は家康にとっては父母双方の妹の夫、義理の叔父ということになる。

この碓井姫との間に家次、本多康俊といった子が生まれており、特に家督を相続した家次は下総臼井藩3万石から越後高田藩10万石となり、子孫は最終的に出羽庄内藩17万石と譜代屈指の大身として重きを成した。また、この他に庶流が出羽において3藩を立藩している。また、伊奈本多氏を継いだ康俊の系譜も幕末まで続いている。

参考文献編集

酒井忠次が登場する主な作品編集

小説
ドラマ

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 原 2016, p. 7–8.
  2. ^ 菊池貴一郎「江戸府内絵本風俗往来」
  3. ^ 『江戸幕府の功労者たちはどんな人生を送ったのか? 徳川四天王』(英和出版社、2014年)

関連項目編集