酒井 忠真(さかい ただざね)は、江戸時代前期の出羽庄内藩第4代藩主。左衛門尉酒井家6代当主。酒井忠義の長男、母は松平輝綱の娘。幼名は小五郎。従四位下、左衛門尉。

 
酒井忠真
時代 江戸時代中期
生誕 寛文11年4月14日1671年5月22日
死没 享保16年8月28日1731年9月28日
官位 従四位下、左衛門尉
幕府 江戸幕府奥詰側用人
主君 徳川綱吉家宣家継吉宗
出羽庄内藩第4代藩主
氏族 酒井左衛門尉家6代当主
父母 父:酒井忠義、母:松平輝綱の娘・諏訪姫
正室:密姫細川綱利の娘)
忠辰
養子:忠寄女(前田利直娘・松平清方正室)

生涯編集

天和2年(1682年)、父・忠義の死により家督を相続した。元禄6年(1693年)には側用人に就任した。享保16年(1731年)死去。

土芥寇讎記によれば、両刀使い(バイセクシャル)で、晩年は美少年を好んで何人も傍に侍らせたとある。

なお唯一の息子で嫡子となるはずだった酒井忠辰は夭折している。

年譜編集

  • 1680年延宝8年):将軍家初見
  • 1682年天和2年):酒井家相続(2月)
  • 1693年(元禄6年):奥詰(1月)、側用人兼務(2月)、奥詰兼側用人免(3月1日
  • 1694年(元禄7年):奥詰再任(6月)
  • 1702年(元禄15年):奥詰免(2月)
  • 1731年(享保16年):江戸で死去、享年61

官位位階編集