酒井 忠菊(さかい ただきく)は、越前敦賀藩の第2代藩主。忠稠系小浜藩酒井家別家2代。

 
酒井 忠菊
時代 江戸時代中期
生誕 延宝7年9月23日1679年10月27日
死没 享保7年2月6日1722年3月22日
改名 縫殿(通称)、忠菊
戒名 海晏浄清徳雲院
官位 従五位下、飛騨守
幕府 江戸幕府大番頭
越前敦賀藩
氏族 酒井氏
父母 父:酒井忠稠、母:萬(土井利房の娘)
兄弟 忠菊忠音忠位
正室:堀田正休の娘
継室:青山忠重の娘
親本忠武忠恭、忠敬、忠香
テンプレートを表示

宝永3年(1706年)、父酒井忠稠の死去で家督を継ぐ。正徳4年(1714年)3月、大番頭となる。享保7年(1722年)2月6日に44歳で死去し、跡を三男の忠武が継いだ。長男の親本は本家の前橋藩酒井家を継いでいる。また、四男の忠恭は親本の跡を、八男の忠香は忠武の跡をそれぞれ継いでいる。