酒井 忠辰(さかい ただとき)は、江戸時代中期の出羽国庄内藩の世嗣。通称は小五郎。

 
酒井忠辰
時代 江戸時代中期
生誕 元禄13年6月29日1700年8月13日
死没 宝永6年1月19日1709年2月28日
別名 小五郎(通称)
出羽庄内藩世嗣
氏族 酒井氏(左衛門尉家)
父母 酒井忠真
密姫
テンプレートを表示

略歴編集

4代藩主・酒井忠真左衛門尉酒井家6代当主)の長男として誕生。母は側室。養母は忠真の正室・密姫細川綱利の三女)。

忠真唯一の男子だったが、夭折した。忠真には他に男子がなく、支藩・松山藩から忠寄を養子に迎えた。