メインメニューを開く

酒井 忠香(さかい ただか、1715年正徳5年) - 1791年12月3日寛政3年11月8日))は、越前敦賀藩の第4代藩主。忠稠系小浜藩酒井家別家4代。享保4年(1719年9月5日生まれとも。第2代藩主・酒井忠菊の八男。正室は水野忠定の娘。子に酒井忠恕(長男)、酒井忠節(次男)、水谷勝政(三男)、酒井忠言(四男)、山名豊磐(五男)、酒井忠貞(六男)、酒井忠進(七男)、娘(内藤正弼正室)、娘(水野忠敞正室)、娘(浅野長富正室)、娘(酒井忠記正室、のち小出英敦室)、娘(滝川利雍正室)、娘(酒井忠貞室)。官位は従五位下、播磨守、飛騨守。

生涯編集

享保16年(1731年)、兄である第3代藩主・忠武の養嗣子となって家督を継いだ。延享2年(1745年)に大番頭宝暦8年(1758年)に奏者番宝暦11年(1761年)に寺社奉行兼帯、明和2年に(1765年)西の丸若年寄などを歴任して徳川家基付の重臣となった。家基亡き後は将軍に仕えた。

天明8年(1788年)に家督を子の忠言に譲って隠居し、寛政3年(1791年)11月8日に77歳で死去した。法号は水翁仁海寛国院。