酒井恒 (解剖学者)

酒井 恒(さかい ひさし、1928年1月19日 - 2008年8月1日[1])は、日本の解剖学者

東京府(現・杉並区)生まれ。1954年東京大学医学部卒、1959年同大学院生物系研究科解剖学博士課程修了、「鍍銀法殊にRomanes法による変性軸索の追求」で医学博士。東大助手、1961年金沢大学医学部助教授、1973年名古屋大学医学部教授、92年定年退官、名誉教授。1987年『ターヘル・アナトミア解体新書』で日本翻訳出版文化賞受賞[2]

著書編集

  • 『臨床解剖学へのアプローチ 650のプログラム教程』医学書院 1991
共編著

翻訳編集

  • Adolf Faller『ひとのからだ 構造と機能への入門』文光堂 1982
  • 『ターヘル・アナトミアと解体新書』訳編 名古屋大学出版会 1987
  • Adolf Faller『わかりやすい解剖生理 構造と機能への入門』文光堂 1993

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 酒井恒氏死去:四国新聞
  2. ^ 『現代日本人名録』2002年