メインメニューを開く

酒井 直次(さかい なおじ、1891年明治24年)3月26日 - 1942年昭和17年)5月28日)は、日本陸軍軍人第15師団長、陸軍通信学校長、歩兵第19旅団長等を歴任し、階級は陸軍中将功二級に至る。暗号通信の権威として知られる。本籍東京府

酒井 直次
生誕 1891年3月26日
大日本帝国の旗 大日本帝国 山形県
死没 (1942-05-28) 1942年5月28日(51歳没)
中華民国の旗 中華民国(国民政府) 浙江省
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1911 - 1942
最終階級 Japan-army-1938-1945 16-1-.gif 陸軍中将
墓所 東京都
テンプレートを表示

人物編集

1891年(明治24年)3月26日、出羽国庄内藩初代藩主酒井忠勝の6男酒井忠直(藩主家一門・酒井奥之助家)の後裔である、酒井直興の次男として山形県西田川郡鶴岡五日町(現・鶴岡市)に生まれる。1902年(明治35年)、東京に移住し、1903年(明治36年)、成城中学校に入学。

1904年(明治37年)、陸軍中央幼年学校予科に入学し同本科を経て、1911年(明治44年)5月27日、陸軍士官学校を卒業する。酒井は第23期士官候補生で、同期には北支那方面軍司令官根本博中将、第5軍司令官の清水規矩中将、第28軍司令官桜井省三中将や、第31軍司令官の小畑英良中将らがいる。

同年12月26日、陸軍歩兵少尉に任官され歩兵第29連隊付となる。1920年(大正9年)12月には陸軍大学校(32期)を卒業し、以後、歩兵将校として累進した。1921年(大正10年)5月、参謀本部付勤務となり、参謀本部員を経て、1923年(大正12年)3月、サガレン州派遣軍参謀となりシベリア出兵に出動。1925年(大正14年)5月、参謀本部付に転じ、第16師団参謀を経て、1927年(昭和2年)5月、歩兵少佐に昇進し歩兵第2連隊付となる。参謀本部員を経て、1929年(昭和4年)7月、暗号研究のためポーランドへ出張した。

1930年(昭和5年)6月、参謀本部員に発令され、1931年(昭和6年)3月、歩兵中佐に進級。1933年(昭和8年)8月、関東軍司令部付(特種情報班長)となり満州に赴任。1935年(昭和10年)8月1日、歩兵大佐に昇進し陸軍通信学校教育部長に就任。その後、1937年(昭和12年)3月1日、歩兵第4連隊長となる。1938年(昭和13年)7月15日、陸軍少将に進み、同郷の師団長・石原莞爾の下で歩兵第19旅団長を勤める。

1940年(昭和15年)12月2日、陸軍通信学校長、1941年(昭和16年)3月1日、陸軍中将進級を経て、同年8月20日、第15師団長に親補され、前線に復帰する。酒井の第15師団は中国大陸で交戦するが、1942年(昭和17年)5月28日、乗馬が地雷を踏み戦死する。歴代の第15師団長では唯一の戦死者である。酒井は数々の戦功から功二級金鵄勲章のほか、功三級金鵄勲章も受章している。

なお、『庄内人名辞典』では、名前の読みが「なおつぐ」となっている。

系図編集

酒井忠直・・・直寛━┳━直方
          ┃
          ┗━直鳳━┳━恒可(大山春治)
               ┃
               ┣━直興━━直次━━次武
               ┃
               ┗━直温━━温理

栄典編集

親族編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第3297号「叙任及辞令」1923年7月26日。

参考資料編集

  • 『庄内人名辞典』 編纂・出版:庄内人名辞典刊行会。
  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。