酒井 紀美(さかい きみ、女性、1947年11月 - )は、日本歴史学者。元茨城大学教育学部教授。専門は日本中世史。

来歴編集

大阪府大阪市出身[1]。1976年、大阪市立大学大学院文学研究科史学専攻博士後期課程単位取得退学[1]大阪府立渋谷高等学校教諭相模女子大学立教大学東京学芸大学慶應義塾大学講師を経て、茨城大学教育学部教授[1]。同職を定年退任。2000年、大阪市立大学文学博士。論文は「日本中世の在地社会」[2]。専門は日本中世の村落史、荘園史。特に情報の流れ(「うわさ」「夢」)に着目した分野の研究が多い。

著書編集

社会活動編集

脚注編集

  1. ^ a b c 酒井 紀美 - 株式会社 吉川弘文館 安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社”. www.yoshikawa-k.co.jp. 2021年11月13日閲覧。
  2. ^ 博士論文書誌データベース