酒井 若菜(さかい わかな、1980年9月9日 - )は、日本女優作家[2][注 1]、元グラビアアイドル。本名および旧芸名、酒井 美幸(さかい みゆき)。

さかい わかな
酒井 若菜
本名 酒井 美幸(さかい みゆき)[1]
別名義 酒井 美幸(旧芸名)
生年月日 (1980-09-09) 1980年9月9日(37歳)
出生地 日本の旗 日本 栃木県下都賀郡野木町
身長 158 cm
血液型 A型
職業 女優作家
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 1995年7月 -
事務所 ムーン・ザ・チャイルド1995年 - 2009年
エーチーム2009年 - )
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
テレビドラマ
木更津キャッツアイ
シングルマザーズ
終電ごはん
映画
恋の門
木更津キャッツアイ ワールドシリーズ
遺体 明日への十日間

栃木県下都賀郡野木町出身[1]ムーン・ザ・チャイルドを経てエーチーム所属。左利き

目次

来歴

1995年[3]7月[注 2]デビュー。本名の酒井美幸でデビューしたが、同時期に同音異字の酒井美雪がデビューしたため、芸名を酒井若菜に変更した。「若菜」は、当時プロフィールの写真撮影を担当したカメラマンの妻の名前が由来である。当初はグラビアをメインに活動していた。1997年に第8回ヤングジャンプ女子高生制服コレクション準グランプリ、1999年に日テレジェニック'99に選ばれ[注 3]、グラビアの登場、出版した写真集共に非常に多く、グラビアアイドルとしては一定の知名度を得た。グラビアアイドル時代は栃木の実家から「通勤」していた。

1997年に『サイコメトラーEIJI』で女優としてデビュー[1]。2002年頃から女優業をメインに活動し、特に『木更津キャッツアイ』のモー子、『恋の門』の証恋乃など特異なキャラクターにおいて演技力を発揮して、数々のドラマ(特に『木更津キャッツアイ』以降の宮藤官九郎作品において)やテレビCM(東京ガス「女の小野妹子」編)にて高い評価を得ている。サスペンスでのシリアスな役もこなせる演技派である。

2000年4月から公式サイトで月替わり有料コンテンツ「酒井若菜診断室」を提供していた。グラビアアイドル時代はロケ撮影による100枚程度の画像や映像、掲示板があり、女優に転身した後はオフショットや本人のエッセイなど、継続利用特典として本人のトークを提供していた。所属事務所の公式サイトリニューアルに伴い、2006年8月を最後に有料コンテンツの提供は休止された。

2005年6月には、抜擢が決まっていたゴールデンタイムの連続ドラマ初主演を蹴ってまで出演を決めた初舞台となる大人計画キレイ〜神様と待ち合わせした女〜』を本番直前にして急遽降板[注 4]急性胃腸炎による体調不良が原因と報じられた[4][注 5]。闘病のためとして、約1年間にわたり芸能活動を休業することとなった。休業からの復帰後は脇役ばかりで仕事に恵まれず、後に「地獄のような日々」だったと振り返るように女優業は低迷、一方で女優業と並行して小説エッセー集を発表するなど文筆業にも力を入れるようになった[6][7]

2009年2月にエーチームへ移籍。同年11月11日、久しぶりのグラビア復帰で写真集『月刊 酒井若菜』を発売した。公式ブログで「久々の写真集です。たぶん数年ぶりにして最後の写真集になるから、お見逃しなく」と綴っていた[8]。2013年9月8日には約10年ぶりとなるグラビア写真集『I LOVE YOU』を発売し、発売記念イベントにおいて「前回も最後の写真集と言っておきながら、出しちゃったからもしかしたらまたあるかも」と語っている[9]

2010年には念願叶ってNHK大河ドラマ龍馬伝』に近藤長次郎の妻・お徳役で出演[10]、2014年の大河ドラマ『軍師官兵衛』や2015年の連続テレビ小説マッサン』などにも出演した。一方で、2013年3月には作・演出の鈴木おさむ直々のオファーにより鈴木おさむ劇場 第2回公演『イケナイコトカイ?』で8年半振りの初舞台出演を果たした[6][7]。2016年のフジテレビ系『火の粉』にゲスト出演した際には、役作りのために前歯を1本抜歯する「女優魂」を見せて話題となった[5][11]

2016年2月25日発売の対談・エッセー本『酒井若菜と8人の男たち』の中で、膠原病の闘病中であることを明らかにした[12]

執筆活動

2008年6月20日に小説『こぼれる』を発売し作家としてデビュー、22日に握手会が開催された。これはブログ本を出版する話が転じて執筆を始めたものである。小説『こぼれる』の装画は実姉が描いている[13]

2012年5月12日にエッセイ『心がおぼつかない夜に』を発売した。公式ブログで「眠れない夜、悲しい夜、寂しい夜、不安な夜。とにかく夜に読む専用の本。」と綴っている[14]。帯文は水道橋博士が人生のスローガンのお裾分けとして書いている。

2013年1月25日より、BOOKSTAND(ブックスタンド)配信の有料メールマガジン『水道橋博士のメルマ旬報』にて、コラム「酒井若菜の『くよくよしたって始まる!』」を[注 6]連載中。

2016年2月25日には芸能界で親交のある男性8人[注 7]との対談をまとめたエッセー集『酒井若菜と8人の男たち』を発売した[12]

人物

  • 2016年のインタビューにて、文章を書くことについて「自分の中で欠落している部分を補う絆創膏のようなもの。書くことによってバランスを取っているのだと思う」と語り、「執筆活動との相乗効果で女優業が伸びていってくれれば」と、女優業との両立を目指す姿勢を述べている[15]
  • 2017年の記事にて、「(自分の人生の大きなテーマの一つとして、)『美しく生きたい』と、常々思っています」と述べた上で、「女優である自分が自分の私生活をさらすこと、考えを書き記すことという行為を貫くことで初めて『美しい』が生まれるのだと信じ、邁進したいと思います。そうすれば、背筋が一本ピンと通った自分の『歴史』を、私はこれからもずっと面白がって生きていけるような気がするのです」と述べている[16]
  • 女優業と文筆業を並行して活動を続けることには不安もあったというが、ある知人から「文章を演じる、という概念もある」「女優だからこそ、波瀾万丈な私生活を晒してゆけばいい」とアドバイスを受け、(活動に対する)迷いを絶つことができたという[16]
  • 読書が趣味で、“世の中で一番好きな本”として、太田光の『パラレルな世紀への跳躍』を挙げている。司馬遼太郎の書籍により歴史(特に江戸時代、幕末)への興味を強く持つようになったという(後述を併せて参照)。司馬の書籍の中では板垣退助が好きで、物語の中での脇役としての地位が自分と重なるところがあると発言している。結婚相手としては安定感のある千葉重太郎をあげている。
  • 2017年の記事にて、好きな書物の一つとして、橘曙覧の歌集『独楽吟』(どくらくぎん)を挙げている[17]。この書物に興味を持ったきっかけとして、正岡子規が「源実朝以後、歌人の名に値するものは橘曙覧ただ一人」と評したことを挙げているが、現代語訳されたものを読んでみて、「なんとほのぼのとした歌集なんだ!」と衝撃を受けて、そして「こんなにもほのぼのとしたものを称賛する感性って素敵」と、正岡子規のことも好きになってしまったという[17]
  • 視力が悪く、日常生活では眼鏡を愛用している。ドライアイのためコンタクトレンズを入れられない。
  • 『木更津キャッツアイ』が映画化された際に制作された公式ブックの中で、「水着グラビアのお仕事は、実はイヤイヤやっていた」という旨の発言をしている。セカンドビデオ『天使のたまご』の制作を担当した竹書房の編集者が、そのインタビューを読んで大層ショックを受けた。
  • 本人曰く、小説でも歴史上の人物でも、「私が興味を惹かれるのは、いつだって『寄り添う』人間の側」であると述べている。その例として、ゴッホを想うテオ、リンカーンを想うメアリーなどを挙げている[18]
  • 安室奈美恵の大ファンである。
  • 2009年11月23日の公式ブログにて、売れるきっかけとなり、長年にわたり自身を評価し続けてきたテリー伊藤への感謝[19]を記載した。
  • 2013年1月1日の公式ブログにて、「文章に起こすという行為そのものが圧倒的な敬意」[20]と、水道橋博士への感謝を小娘物語(前編・後編)で綴っている。
  • 2014年4月27日の公式ブログにて、舞台復帰作となった「イケナイコトカイ?」と、出演者および鈴木おさむへの感謝を、くよくよしたって始まる!(前編・後編)で記載している。自身はテリー伊藤、水道橋博士、鈴木おさむを描いた三部作[21]と綴っている。
  • 2015年5月11日の公式ブログにて、「TwitterInstagramをやめました」と発表。更新終了の理由を「私にはポップすぎた」として両アカウントを閉鎖、発信の場をメルマガとブログに整理するとしている[22][23]
  • 文才にも長けており、連載中の「水道橋博士のメルマ旬報」にて、水道橋博士が書いた「博士による著者紹介」[24]の中で「大女優のキャリアを刻みながらも文章家であることを知ったのはつい最近の事。テリー伊藤さんを描いたBLOGの一文に心打たれた」と、高い評価を得ている。
  • これまでに数回、闘病生活を余儀なくされている。19歳の時に膠原病を発病、このときは生活に大きな支障はなかったとのことだが、(先述のように)2005年に体調を崩して、約1年間の休業を余儀なくされた。このときのことを本人は後年、「夢の描きかた、希望の抱え方がさっぱりわからなくなり(、大きな挫折感を味わった)」と述べている[18]。この闘病生活の過程で、友人の薦めで司馬遼太郎竜馬がゆく』を読み、これがきっかけで、歴史に興味を持ち、また文筆業に取り組むようになったという[18]
  • 2015年2月にリウマチを発症して、自身3度目の闘病生活に。このときは激痛により立ち上がれない、指が曲がってミカンの皮も剥けないなど症状が重症化。当時NHK連続テレビ小説マッサン』など2作品を掛け持ちで出演中であり、台本や演出どおりに演じることが困難になったのに加えて日常生活にまで支障をきたすようになって一時は引退も意識したが、薬による治療の効果で痛みもなく過ごせるようになった[25][26][27]
  • 2017年の記事にて、「(自分の人生の大きなテーマの一つとして、)『美しく生きたい』と、常々思っています」と述べた上で、「女優である自分が自分の私生活をさらすこと、考えを書き記すことという行為を貫くことで初めて『美しい』が生まれるのだと信じ、邁進したいと思います。そうすれば、背筋が一本ピンと通った自分の『歴史』を、私はこれからもずっと面白がって生きていけるような気がするのです」と述べている[16]

出演

テレビドラマ

その他テレビ番組

WEBドラマ

  • 電撃婚〜perfume of love〜(2010年8月 - 11月、NTTドコモ携帯電話配信ドラマ BeeTV) - 久住円 役
  • いぬのメリー 幸せを運ぶ伝書犬 (2011年2月 - 5月、NTTドコモ携帯電話配信ドラマ BeeTV) - 主演・満智子 役
  • アンダーウェア(2015年秋、Netflix) - 西沢瑞希 役[注 9]

映画

CM

ラジオ

舞台

  • BOYS BE…ALIVE TRY AGAIN(2000年4月、博品館劇場)日替わりゲスト
  • 朗読劇 『不帰の初恋、海老名SA』高橋一生×酒井若菜、脚本・演出:坂元裕二(2012年9月28日、DDD AOYAMA CROSS THEATER)
  • 鈴木おさむ劇場『イケナイコトカイ?』(2014年3月27日 - 30日、本多劇場)
  • 朗読劇 『不帰の初恋、海老名SA/カラシニコフ不倫海峡』高橋一生×酒井若菜、脚本・演出:坂元裕二(2014年6月3日、草月ホール)

Web

作品

写真集

DVD

書籍

小説

エッセー

連載コラム

  • 酒井若菜の『くよくよしたって始まる!』(水道橋博士のメルマ旬報、 Vol.6 2013年1月25日号 - 、BOOKSTAND)

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 朝日新聞』2017年9月16日付朝刊の記事にて、自身のことを「女優でありながら文章を書く私」と述べている。
  2. ^ デビュー月:2014年7月本人twitterより引用。
  3. ^ 1999年公称スリーサイズはB94、W60、H85。現在は身長の数値のみ公表。
  4. ^ 代役は鈴木蘭々
  5. ^ 後に持病の膠原病が原因だったとも報じられている[5]
  6. ^ 水道橋博士のメルマ旬報』Vol.06(2013年1月25日号)から連載開始。
  7. ^ 水道橋博士ユースケ・サンタマリア板尾創路岡村隆史佐藤隆太日村勇紀マギー、山口隆(サンボマスター)。
  8. ^ 富山発スペシャルドラマ。
  9. ^ 配信後にフジテレビ系列で放送[29]

出典

  1. ^ a b c “グラドルから演技派へ 酒井若菜“膠原病告白”までの紆余曲折”. 日刊ゲンダイ: p. 2. (2016年2月25日). http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/175964/2 2016年6月9日閲覧。 
  2. ^ 酒井 若菜”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2016年6月9日閲覧。
  3. ^ デビュー年:水道橋博士のメルマ旬報VOL.41 2014年7月10日509頁より引用。
  4. ^ “酒井若菜、病気でミュージカル降板…代演に鈴木蘭々”. ZAKZAK (産業経済新聞社). (2005年6月18日). http://www.zakzak.co.jp/gei/2005_06/g2005061804.html 2016年6月8日閲覧。 
  5. ^ a b “また株を上げた酒井若菜 闘病告白、役作りで抜歯 一時オファーなく”. ZAKZAK (産経デジタル). (2016年4月26日). http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20160426/enn1604261140004-n1.htm 2016年6月8日閲覧。 
  6. ^ a b 福田麗 (2013年12月12日). “酒井若菜、休業期間を振り返る…「罰は受けたつもり」”. シネマトゥディ. http://www.cinematoday.jp/page/N0058913 2016年6月8日閲覧。 
  7. ^ a b “酒井若菜8年の葛藤「私は私を救いたい」”. 日刊スポーツ. (2014年4月28日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20140428-1292486.html 2016年6月8日閲覧。 
  8. ^ 酒井若菜オフィシャルブログ「ネオン堂」2009年10月18日”. 酒井若菜. 2013年12月13日閲覧。
  9. ^ “酒井若菜、10年ぶりのグラビアで「30歳を過ぎて赤いビキニはなかなか無い」”. マイナビニュース (マイナビ). (2013年9月9日). http://news.mynavi.jp/news/2013/09/09/055/ 2016年6月8日閲覧。 
  10. ^ 酒井若菜 (2010年3月26日). “龍馬伝!”. 酒井若菜オフィシャルブログ「ネオン堂」. 2016年6月8日閲覧。
  11. ^ “酒井若菜が前歯抜く「極力ブスに映れるよう」女優魂”. 日刊スポーツ. (2016年4月23日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1636275.html 2016年6月8日閲覧。 
  12. ^ a b “酒井若菜、病気に負けない エッセーで膠原病告白”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2016年2月19日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1606264.html 2016年2月19日閲覧。 
  13. ^ 酒井若菜オフィシャルブログ「ネオン堂」2010年6月17日”. 酒井若菜. 2014年8月17日閲覧。
  14. ^ 酒井若菜オフィシャルブログ「ネオン堂」2012年4月29日”. 酒井若菜. 2014年8月16日閲覧。
  15. ^ 坂田正樹 (2016年4月7日). “酒井若菜、文章を書くことは「欠落を補う絆創膏」女優業との両立を目指す”. クランクイン! (ハリウッドチャンネル): p. 2. http://www.crank-in.net/entertainment/interview/42464/2 2016年6月8日閲覧。 
  16. ^ a b c 朝日新聞』、2017年9月16日付朝刊。
  17. ^ a b 朝日新聞』、2017年9月2日付朝刊。
  18. ^ a b c 朝日新聞』、2017年8月5日付朝刊。
  19. ^ 酒井若菜オフィシャルブログ「ネオン堂」2009年11月23日”. 酒井若菜. 2014年8月17日閲覧。
  20. ^ 酒井若菜オフィシャルブログ「ネオン堂」2013年1月1日”. 酒井若菜. 2014年8月16日閲覧。
  21. ^ 酒井若菜オフィシャルブログ「ネオン堂」2014年4月27日”. 酒井若菜. 2014年8月16日閲覧。
  22. ^ 酒井若菜 (2015年5月11日). “ただいま”. 酒井若菜オフィシャルブログ「ネオン堂」. 2016年6月8日閲覧。
  23. ^ “酒井若菜、ツイッターとインスタグラムを卒業「とてもホッとしています」”. マイナビニュース (マイナビ). (2015年5月12日). http://news.mynavi.jp/news/2015/05/12/162/ 2016年6月9日閲覧。 
  24. ^ 水道橋博士のメルマ旬報VOL.35 2014年4月10日号530頁より引用。
  25. ^ “酒井若菜、闘病生活を回顧「戸惑いはありました」”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年3月1日). http://mdpr.jp/news/detail/1568701 2016年6月8日閲覧。 
  26. ^ “酒井若菜、10代から膠原病 去年の冬は「指が曲がり、ミカンの皮もむけず」今は…”. 産経ニュース (産経デジタル). (2016年3月2日). http://www.sankei.com/entertainments/news/160302/ent1603020011-n1.html 2016年6月8日閲覧。 
  27. ^ “酒井若菜 膠原病で引退考えた「指にドリルを…」激痛と闘った日々”. Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2016年6月8日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/06/08/kiji/K20160608012743590.html 2016年6月8日閲覧。 
  28. ^ “三上博史、遺産相続専門の弁護士役に挑戦 相棒は森川葵”. ORICON STYLE. (2016年5月31日). http://www.oricon.co.jp/news/2071873/full/ 2016年5月31日閲覧。 
  29. ^ 桐谷美玲主演ドラマ『アンダーウェア』大地真央ら出演者発表”. ORICON (2015年8月1日). 2015年8月3日閲覧。

外部リンク