メインメニューを開く

酒井順子

酒井 順子(さかい じゅんこ、1966年9月15日 - )は、日本エッセイストである。

さかい じゅんこ
酒井 順子
生誕 (1966-09-15) 1966年9月15日(52歳)
日本の旗 日本 東京都
職業 エッセイスト

目次

人物

経歴

東京都生まれ[1]立教女学院を経て、立教大学社会学部観光学科卒業[2]

高校時代、コラムニストの泉麻人の手引きによって、当時お嬢様系女子高生に人気だった雑誌 『オリーブ』(マガジンハウス)に、「マーガレット酒井」のペンネームでエッセイを寄稿した。

大学卒業後には広告代理店博報堂に入社し、生活総合研究所客員研究員となった。3年後に退社し、フリーランスとして執筆業に専念するようになった。

2003年平成15年)に発表したエッセイ、『負け犬の遠吠え』(講談社刊)で、講談社エッセイ賞婦人公論文芸賞を受賞。

自身が30代、未婚で子供もいない酒井は、「独身で子供がいない」自分を幸せだというと周囲から反感をかうことに配慮して、「30代以上、未婚、未出産」の女性を自虐的に「負け犬」と定義したが、その刺激的なタイトルと裏腹に独身女性にエールを送っている内容が評価された。

また、日本国外の小説テレビドラマである『ブリジット・ジョーンズの日記』『アリー my Love』『セックス・アンド・ザ・シティ』等を引き合いに出して、負け犬文化が日本のみで起きている現象ではないと主張している。

この「負け犬」は、2004年度流行語大賞でトップテン入りした[3]

私生活

中学時代から紀行作家宮脇俊三のファンで、鉄道関係のエッセイも書くなど鉄道ファンとしての顔も持つ。

プロ野球北海道日本ハムファイターズのファンで2009年の日本シリーズ札幌ドームにまで駆けつけて観戦。お気に入りの選手は小谷野栄一

『人づきあいの小迷惑相談室』あとがきで日本ハムの日本一について、謝辞を述べている。同じ日本ハムファンのえのきどいちろうは「奥ゆかしい」と述べた。

著書

  • 『お年頃 乙女の開花前線』主婦の友社 1988年、のち角川文庫
  • 『おかげさま 就職界見聞録』主婦の友社 1989年、のち新潮文庫
  • 丸の内の午餐 OLお食事物語』マガジンハウス 1990年、「丸の内の空腹-OLお食事物語」角川文庫
  • 『机上の会社学』日本経済新聞社 1991年、「会社員で行こう!」角川文庫
  • 『テレビってやつは』マガジンハウス 1991年、のち角川文庫
  • 『食欲の奴隷』角川文庫 1992年
  • 『東京少女歳時記』マガジンハウス 1992年、のち角川文庫
  • 『自意識過剰!』新潮社 1994年、のち文庫集英社文庫
  • 『女の旅じまん』マガジンハウス 1994年、のち角川文庫
  • 『会社人間失格!!』読売新聞社 1994年、のち角川文庫
  • 『ギャルに小判』フレーベル館 1994年、のち集英社文庫
  • 『トイレは小説より奇なり』集英社 1995年、のち文庫
  • 『女のわかれ目』角川書店 1995年、「アナタとわたしは違う人」角川文庫
  • 『マーガレット酒井の女子高生の面接時間』角川文庫 1996年
  • 『楽しい・わるくち』ネスコ 1996年、「たのしい・わるくち」文春文庫
  • 『女体崇拝 女のカラダの不安と恍惚』主婦の友社 1996年、「ニョタイミダス」新潮文庫
  • 『ないものねだりで日は暮れて』読売新聞社 1996年
  • 『働く女に福来たる』角川書店 1996年、「女の仕事じまん」文庫
  • 『モノ欲しい女』集英社 1997年、のち文庫
  • 『面々草 かわいい顔して…』角川書店 1997年、「かわいい顔して…」文庫
  • 『快楽は重箱のスミに』世界文化社 1998年、のち幻冬舎文庫
  • 『世渡り作法術 そのひとことを言うまえに』集英社 1998年、のち文庫
  • 『結婚疲労宴』講談社文庫 1998年
  • 『女ではない生きもの』祥伝社ノン・ポシェット 1998年
  • 『29歳と30歳のあいだには』新潮社 1998年、のち文庫
  • 『煩悩カフェ』幻冬舎 1999年、のち文庫
  • 『ホメるが勝ち!』講談社 1999年、のち文庫
  • 『ど制服』朝日新聞社 1999年、「制服概論」新潮文庫、文春文庫
  • 『観光の哀しみ』新潮社 2000年、のち文庫
  • 『少子』講談社 2000年、のち文庫
  • 『ごはんの法則』実業之日本社 2000年、のち幻冬舎文庫
  • 『容姿の時代』幻冬舎 2000年、のち文庫
  • 『食のほそみち』実業之日本社 2002年、のち幻冬舎文庫
  • 『負け犬の遠吠え』講談社 2003年、のち文庫
  • 『入れたり出したり』角川文庫 2003年
  • 枕草子remix』新潮社 2004年、のち文庫
  • 『箸の上げ下ろし』日本放送出版協会 2004年、のち新潮文庫
  • 『私は美人』朝日新聞社 2005年、のち文庫
  • 『先達の御意見 対談集』文藝春秋 2005年、のち文庫
  • 『その人、独身?』講談社 2005年、のち文庫
  • 『ひとくちの甘能』角川書店 2006年、のち文庫
  • 『都と京』新潮社 2006年、のち文庫(解説:佐藤優
  • 『女子と鉄道』光文社 2006年、のち文庫
  • 『駆け込み、セーフ?』講談社 2007年、のち文庫
  • 『甘党流れ旅』角川書店 2007年、「甘党ぶらぶら地図」文庫
  • 『黒いマナー』文藝春秋 2007年、のち文庫
  • 『携帯の無い青春』幻冬舎 2007年、のち文庫
  • 『いつから、中年?』講談社 2008年、のち文庫
  • 『ほのエロ記』角川書店 2008年、のち文庫
  • 『おばさん未満』集英社 2008年、のち文庫
  • 『女も、不況?』 講談社 2009年、のち文庫
  • 『女流阿房列車』新潮社 2009年、のち文庫
  • 『儒教と負け犬』講談社 2009年、のち文庫
  • 『日本観光ガイド』光文社 2010年
  • 『こんなの、はじめて?』講談社 2010年、のち文庫
  • 『着ればわかる!』文藝春秋 2010年、のち文庫
  • 『金閣寺の燃やし方』講談社 2010年、のち文庫
  • 『ズルい言葉』角川春樹事務所 2010年、のち文庫
  • 『昔は、よかった?』講談社 2011年、のち文庫
  • 紫式部の欲望』集英社 2011年、のち文庫
  • 徒然草REMIX』新潮社 2011年、のち文庫
  • 『来ちゃった』ほしよりこ画 小学館 2011年、のち文庫
  • 『おばあさんの魂』幻冬舎 2011年、のち文庫
  • 『もう、忘れたの?』講談社 2012年、のち文庫
  • 『この年齢だった!』集英社 2012年、のち文庫
  • 『下に見る人』角川書店 2012年、のち文庫
  • 『泡沫日記』集英社 2013年、のち文庫
  • 『そんなに、変わった?』講談社 2013年、のち文庫
  • ユーミンの罪』講談社現代新書 2013年
  • 『地震と独身』新潮社 2014年、のち文庫
  • 『本が多すぎる』文春文庫 2014年
  • 『泣いたの、バレた?』講談社 2014年、のち文庫
  • オリーブの罠』講談社現代新書 2014年
  • 『裏が、幸せ。』小学館 2015年、のち文庫
  • 『中年だって生きている』集英社 2015年、のち文庫
  • 『気付くのが遅すぎて、』講談社 2015年、のち文庫
  • 『子の無い人生』KADOKAWA 2016年
  • 『朝からスキャンダル』講談社 2016年
  • 『男尊女子』集英社 2017年
  • 『忘れる女、忘れられる女』講談社 2017年

共著

脚注