酒匂常明

農学者、官僚
酒勾常明から転送)
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • 酒匂常明
  • 酒勾常明

酒匂 常明(さこう つねあき[注釈 1]文久元年11月27日1861年12月28日) - 1909年7月11日[2])は、日本農学者(農学士・農芸化学士)、官僚。「米博士[2]」、「米作りの功労者[3]」とも呼ばれる。

来歴・人物編集

文久元年11月27日(1861年12月28日)、但馬国出石藩士の子に生まれる[4]

1883年3月、駒場農学校の農業科・農芸化学科を経て農商務省に入省。農商務省御用掛を以て駒場農学校助教授を兼職し、1887年に教授に昇格[4]。また、農務局事務取扱として農業政策の事務も執った[5]

1889年4月からヨーロッパ留学1891年1月帰朝。帰朝後には農科大学教授及び農商務省技師となる[5]

1892年12月、北垣国道に招かれ、北海道庁財務長就任[4]。北海道庁の施策として米作りを奨励し、1893年上白石村亀田村稲作試験場を、真駒内に模範水田を作り、北海道での稲作が可能なことを証明した[3]

1898年4月農商務書記官、11月農政課長、1903年農務局長となり、渋沢栄一の勧誘に応じて1906年11月辞職、大日本製糖株式会社の社長となる[5]

1909年日糖事件が起こる[5]。同年7月11日、事件の責任を取るために自宅にてピストル自殺を遂げる。享年49歳[6]

著書・編書編集

  • 『農家小学』1、吉備商会等、1887年4月。NDLJP:839139
  • 『農家小学』2、吉備商会等、1887年4月。NDLJP:839140
  • 『農家小学』3、吉備商会等、1887年4月。NDLJP:839141
  • 『農家小学』4、吉備商会等、1887年4月。NDLJP:839142
  • 『農家小学』5、吉備商会等、1887年4月。NDLJP:839143
  • 『農家小学』6、吉備商会等、1887年4月。NDLJP:839144
  • 『農家小学』7、吉備商会等、1887年4月。NDLJP:839145
  • 『農家小学』8、吉備商会等、1887年4月。NDLJP:839146
  • 『米作新論』有隣堂、1887年10月。
    • 『米作新論』有隣堂、1892年6月、増補三訂。NDLJP:838169
    • 『米作新論』有隣堂、1896年11月、増訂五版。NDLJP:839799
  • 『酒勾甲部普通農事巡回教師農談筆記』岐阜県第一部農商課、1888年5月。NDLJP:839546
  • 『肥料ノ事』石原蔵臧、1888年6月。NDLJP:839694
  • 『改良日本米作法』有隣堂、1888年10月。
    • 『改良日本米作法』有隣堂、1889年1月、再版。NDLJP:838169
  • 『日本肥料全書』有隣堂、1888年11月。
    • 『日本肥料全書』有隣堂、1894年2月、増訂。NDLJP:839073
  • ヘンリー・タンネル『農学階梯』酒勾常明閲、蘆葉六郎訳、長島為一郎、1889年3月。
  • 『米作肥料規則』大日本農会、1891年12月。NDLJP:838169
  • 『日清韓実業論』実業之日本社、1903年5月。NDLJP:993853
  • 『韓国農業要項』農商務省農務局、1906年1月。NDLJP:802157

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 『北海道史人名字彙』では「さこう つねあきら」[1]

出典編集

  1. ^ 河野常吉「さこう-つねあきら 酒勾常明」『北海道史人名字彙』上、北海道出版企画センター、1979年11月、360-361頁。
  2. ^ a b 『20世紀日本人名事典 あ~せ』日外アソシエーツ株式会社、2004年7月、1144頁。
  3. ^ a b 阪本一之「21世紀に語り継ぎたい 雄大なロマンを夢み 北海道開発にかけた男たち――北垣国道、酒匂常明」『開発こうほう』第454号、北海道開発協会、2001年4月25日、 19-23頁、 NAID 40000383769
  4. ^ a b c 高尾英男「農学士酒匂常明の「北海道米作論」の開拓史における意義」『開発こうほう』第9号、北海道地域文化学会、2017年3月31日、 27-36頁。
  5. ^ a b c d 小倉倉一「明治農林官僚の典型 名農務局長酒匂常明博士」『農林春秋三月号』第2巻第3号、農林協会、1952年3月1日、 32-36頁、 NAID 40003152267
  6. ^ 再生外骨「酒匂常明」『近世自殺者列伝』半狂堂〈随題随記随刊〉、1931年12月、33頁。

外部リンク編集