メインメニューを開く

酒田 正敏(さけだ まさとし、1937年9月28日 - 1996年3月4日)は、日本の歴史学者。元明治学院大学教授。専門は日本近代史法学博士東京都立大学、1979年)(学位論文「近代日本における対外硬運動の研究」)。鹿児島県出身。

目次

略歴編集

1963年、上智大学法学部法律学科卒業、1969年、東京都立大学大学院博士課程満期退学。東京都立大学助手を経て、1972年から明治学院大学法学部専任講師1975年助教授1981年同教授。

活動編集

  • 宮地正人『日露戦後政治史の研究』とともに、日本近代政治史研究に「対外硬」という視角を導入した。
  • 伊藤博文関係文書』・『上原勇作関係文書』・『徳富蘇峰関係文書』など、史料編纂・刊行に尽力し功績を残した。

著書編集

  • 『近代日本における対外硬運動の研究』 (東京大学出版会、1978年)

編書編集

  • 『徳富蘇峰関係文書』全3巻 (山川出版社、1982年・1985年・1987年)