メインメニューを開く

采女神社(うねめじんじゃ)は、奈良県奈良市樽井町にある神社春日大社境外末社。猿沢池の西北畔にあるが、社殿は西向きで池に背を向けている[1]

采女神社
Uneme Jinja in Nara.jpg
采女神社
所在地 奈良県奈良市樽井町
位置 北緯34度40分54.76秒
東経135度49分48.82秒
座標: 北緯34度40分54.76秒 東経135度49分48.82秒
主祭神 采女命
例祭 旧暦8月15日(仲秋)
地図
采女神社の位置(奈良市内)
采女神社
采女神社
テンプレートを表示

目次

歴史編集

『元要記』によると、当社は権中納言藤原朝臣良世卿の建立で、興南院権僧正快祐勧請と記されている[1]

1902年明治35年)11月に土塀を撤去し建築したため、現在は東と北に瑞垣を巡らせている[1]

祭神編集

采女伝説と采女祭編集

奈良時代天皇の寵愛が衰えたことを嘆いた天御門の女官(采女)が猿沢池に入水し(采女伝説)、この霊を慰めるために建立されたのが采女神社の起こりとされる[1][2]。入水した池を見るのは忍びないと、一夜にして社殿が西を向き、池に背を向けたという[2]

旧暦8月15日の例祭は采女祭と呼ばれ、この采女の霊を慰めるために執り行われる[2]

アクセス編集

関連項目編集

出典編集

  1. ^ a b c d e 奈良市史編集審議会編『奈良市史 社寺編』、吉川弘文館、1985、p.180
  2. ^ a b c d 同社境内掲示案内板

参考文献編集

  • 奈良市史編集審議会編『奈良市史 社寺編』、吉川弘文館、1985、p.180
  • 同社境内掲示案内板

外部サイト編集