メインメニューを開く

釈 宗活(しゃく そうかつ、明治3年11月15日1871年1月5日) - 昭和29年(1954年7月6日)は、明治・大正・昭和期の臨済宗の僧。東京市麹町の生まれ。出家前は入澤譲四郎。号は両忘庵輟翁石佛

釈宗活
1871年 - 1954年
生地 東京市
宗派 臨済宗
寺院 鎌倉円覚寺
洪川宗温釈宗演
弟子 田中大綱、後藤瑞巌、耕雲庵立田英山、曹溪庵佐々木指月 、一夢庵大峽竹堂、平塚らいてう

今北洪川の創始した、僧籍にはない一般人に対する禅道指導の組織である両忘会を釈宗演の指示によって受け継ぎ再興し、さらに渡米して道場を開いた。宗演の法嗣であったが、居士接得に専念して諸方の住職入山を固辞し、大寺院の住職とはならない後半生を過ごして[1]、多くの居士を生み出したことによって知られている。

生涯編集

  • 祖父は越後西野出身で江戸麹町に開業していた蘭方医入澤貞意。11歳のとき母が死去。12歳のとき父入澤海民も死去。仏道修行前の10代は鎌倉一刀彫の作家であった。
  • 1889年、20歳のとき叔母の紹介で、東京市本郷の麟祥院において鎌倉円覚寺管長の今北洪川に参ずる。洪川没後、1893年8月、釈宗演のもとで得度し[2]1898年、印可を受ける[3][4]。国内数寺で修行を継続したのち、同年より、ビルマセイロンインドを訪れ、2年間海外旅行を続け、1900年、帰国。日暮里駅の谷中墓地側の谷中初音町の湯屋の二階に居を設け、布教活動を開始した[5][6]1901年、東京兩忘會を設立[7]1906年、渡米。サンフランシスコのポスト街にて北米兩忘會道場を開き、提唱参禅会を実施し、1909年までアメリカで禅をひろめようとしたが、布教は困難を極めた。同年帰国し、谷中の借家で活動再開[5]。以後、長野、茨城、山形、福島、福岡等に活動を拡大。1915年兩忘協會のために、兩忘會会員であった田中大綱が、谷中天王寺町に居士専門の禅道場の建物を寄付した[5][8][9]1916年9月、円覚寺管長釈宗演指令特補円覚寺前住職紫衣を受ける。同時に一等教師任一等布教師となる。兩忘協會は、1925年7月、財團法人兩忘協會として認可を受けた。1940年、兩忘協會は宗教団体法施行に伴い、宗教団体兩忘禪協會となる。1947年、宗活による協會解散宣言。
  • 1954年、千葉県八日市場市にて遷化。83歳[3][10]

著書編集

  • 性海一滴 白鳩社、1901
  • 悟道の枝折 兩忘道人講話 秋元洒汀、1905
  • 死んで来い 東亜堂、1921
  • 悟道の妙味 禪話叢書刊行會、1922
  • 臨濟錄講話 光融館、1924[11]
  • 釋宗活全集第1卷 臨濟錄講話 両忘禅協会、1965
  • 釋宗活全集第2卷 臨川夜話 両忘禅協会、1980

書画・彫刻作品目録編集

  • 六道遊戯集 兩忘協會、1944

脚注編集

  1. ^ 楞伽窟年次傳 釋敬俊編纂 大中寺、1942年 p220
  2. ^ この時点で釈宗演の養子となり法嗣となった。
  3. ^ a b コトバンク”. 2017年5月28日閲覧。
  4. ^ 1894年から1895年まで円覚寺帰源院で師宗演とともに夏目漱石の参禅の世話をする。
  5. ^ a b c サイト人間禅擇木道場”. 2017年5月31日閲覧。
  6. ^ この建物は兩忘庵と呼ばれた。
  7. ^ もと、明治初期に今北洪川の下に山岡鐵舟らの提案により営まれた居士会。宗演の命による復興。
  8. ^ この建物は兩忘協會の本部道場として1926年から1937年まで機能した。
  9. ^ 1937年、この建物は、擇木道場に譲渡された。
  10. ^ サイト臥龍山両忘禅庵”. 2017年6月7日閲覧。
  11. ^ 1921年から1922年にかけての提唱の佐々木指月による筆記記録。1923年の関東大震災により発行遅延。

関連項目編集

参考文献編集

  • 現代佛教會要覧 菅原洞禪編 修養世界社 1937 p22-p23