メインメニューを開く

里木 佐甫良(さとき さぶろう、1912年3月31日[1] - 1999年12月23日)は、山形県[1]山形市八森出身の日本の俳優。本名は佐藤 喜三郎[1]。旧芸名は『里木三郎』、『里木左甫良』。他に『里木三朗』、『里木三甫良』、『黒木三郎』、『黒木三朗』、『黒木左甫良』、『黒木佐甫良』、『悟木三郎』などの別表記も有。

さとき さぶろう
里木 佐甫良
本名 佐藤 喜三郎
別名義 里木 三郎里木 左甫良
(旧芸名)
生年月日 (1912-03-31) 1912年3月31日
没年月日 (1999-12-23) 1999年12月23日(87歳没)
出生地 日本の旗 日本山形市八森
身長 160cm
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 1957年 - 1998年
主な作品
テレビドラマ
隠密剣士』、『銭形平次』、『特捜最前線
特別機動捜査隊』、『太陽にほえろ!』、
Gメン'75』、『大江戸捜査網
映画
幸福の黄色いハンカチ』、『お葬式』、
タンポポ』、『マルサの女2

目次

来歴・人物編集

旧制・山形県立山形中学校(現・山形県立山形東高等学校)を卒業[1]後の1930年に上京し、1931年、日本俳優学校(歌舞伎役者・六代目尾上菊五郎が設立した四年制の学校)へ二期生として入学し、演技を学ぶ。同期には山形勲植村謙二郎加藤嘉三津田健がいた。その後は日本楽劇協会演劇研究所(山田耕筰が設立)に在籍し、1944年に陸軍移動演劇隊に入隊、満州および北支中支前線を慰問で廻った。

戦後は東宝劇団、劇団東京、二代目曾我廼家五郎劇団、劇団東芸[1](設立にも参加)、東京俳優生活協同組合[1]などに所属し、昭和30年代からテレビドラマや映画で脇役として活躍。晩年は伊丹十三監督作品の常連俳優だった。デビュー当時の芸名は『里木三郎』。1960年代中盤頃に『里木佐甫良』に改名。

特技は[1]山形弁[1]

1999年12月23日、死去。87歳没。

主な出演編集

映画編集

テレビドラマ編集

  • プレイハウス(テレビ劇場) / 旅路(1957年、NHK
  • 私だけが知っている(NHK)
    • 足場(1958年)
    • 闇をさぐる(1961年)
  • お好み日曜座 / 貸別荘とお嬢さん(1958年、NHK)
  • 灯 今も消えず / 勝海舟(1958年、NTV
  • ここに人あり(NHK)
    • 第60回「花のお嬢さん」(1958年)
    • 第99回「鶏と人間」(1959年)
  • 黒帯先生青春記(1958年 - 1959年、NTV)
  • 私は貝になりたい(1958年、KRT※第13回芸術祭賞受賞作品
  • ドキュメンタリードラマ 裁判 反対尋問(1959年、KRT)
  • 雑草の歌(NTV→KRT)
    • 第57回「光は歌声より」(1959年、NTV)
    • 第99回「たった二人の工場」(1960年、KRT)
  • ホームラン教室(1959 - 1963年、NHK) ※レギュラー
  • 民話劇場 / 里におりた小天狗(1959年、KRT)
  • 人生はドラマだ 第18回「石井漠」(1960年、NTV)
  • サンヨーテレビ劇場(1960年、KRT)
    • 世は抜きとり
    • アゴ伝 前編、後編
  • これが真実だ 第19回「流血桜田門」(1960年、CX
  • 廻れ人生(1960年、NTV)
    • 第15話「雲」
    • 第27話「戦国無情」
  • ドキュメンタリードラマ 指名手配 第49回、第50回「殴り込み 前編、後編」(1960年、NET
  • 東レ サンデーステージ 第22回「駐車禁止」(1960年、NTV) ※第15回芸術祭奨励賞受賞作品
  • NECサンデー劇場 / 破戒(1961年、NET)
  • 美談(1961年、NHK)
  • 夫婦百景(NTV)
    • 第152回「端境期の夫婦」(1961年)
    • 第194回「意地張り女房」(1962年)
  • 糞尿譚1962年 - 1962年、NTV) - 吉村運平 ※原作・火野葦平
  • こどものためのドラマ入選作「蒼い芽」(1962年、NHK)
  • 短い短い物語 第34回「檻」(1962年、NET)
  • 花王ファミリー劇場 / 純愛シリーズ 第42回「川向う物語 小さな屋根の下」(1962年、TBS
  • 人生の四季 第57回「郭公」(1962年、NTV) ※原作・城山三郎「行者堂への道」
  • 愛の劇場 第160回「田園に死す」(1962年、NTV) ※脚本・寺山修司
  • ダイヤル110番(NTV / YTV
    • 第268話「斜陽の部屋」(1962年)
    • 第285話「麻薬予備軍」(1963年)
    • 第318話「手錠」(1963年)
    • 第360話「彼らの悪い夏」(1964年)
  • タケダアワー(TBS / 宣弘社プロ
    • 隠密剣士
      • 第2部「忍法甲賀衆」第11話(1963年) - 百姓
      • 第5部「忍法風摩一族」第1話(1963年) - 伊賀忍者・作左ヱ門
      • 第7部「忍法根来衆」第1 - 3、5 - 8話(1964年) - 紀州組忍者・与籐次
    • 新隠密剣士 第1部「忍秘影一族」第1話(1965年)
    • ウルトラQ 第22話「変身」(1966年、円谷プロ) - 村人 ※ノンクレジット
    • 怪奇大作戦 第6話「吸血地獄」(1968年、円谷プロ) - 植松(庭師)
    • シルバー仮面 第2話「地球人は宇宙の敵」(1971年) - 坊主
  • 大河ドラマ(NHK)
  • プロ(1963年、NTV)
  • 七人の刑事(TBS)
  • 日本映画名作ドラマ 第35回「鶯」(1964年、NET)
  • 一千万人の劇場 / 案山子(1964年、CX)
  • いまに見ておれ 第6話(1964年、TBS)
  • 男ありて 第9回「光を求めて」(1964年、NTV)
  • アッちゃん 第25話「選挙はおもしろい」(1965年、NTV / 国際放映
  • 甲州遊侠伝 俺はども安 第25話(1965年、CX / 国際放映)
  • 丹下左膳 第10話、第11話(1965、TBS / 宣弘社プロ) - 吉田屋 中村竹弥
  • 快獣ブースカ 第15話「バラサで行こう!」(1966年、NTV / 円谷プロ) - 植甚(庭師)
  • 特別機動捜査隊(NET / 東映
    • 第231話「彼岸花」(1966年)
    • 第363話「初恋の湖」(1968年)
    • 第406話「現代フリー女地図」(1969年)
    • 第411話「アバンチュールの女」(1969年)
    • 第420話「女囚」(1969年) - 親爺
    • 第425話「ドラキュラの牙」(1969年) - 直吉
    • 第436話「蟻の町」(1970年)
    • 第441話「赤い破門状」(1970年) - 飛鳥
    • 第450話「雨の中の慕情」(1970年) - 志村
    • 第451話「母恋し1,500キロ」(1970年) - 広崎
    • 第464話「玄界灘の夕焼け」(1970年) - 志村
    • 第469話「絶望の詩」(1970年) - 志村
    • 第486話「明日は来たらず」(1971年) - 河津
    • 第517話「華麗なる沈黙の街」(1971年) - 良造
    • 第529話「日本の悲劇」(1971年) - 老巡査
    • 第538話「愚かなる暴走」(1972年) - 男の客
    • 第540話「夜の誘惑者」(1972年) - 平吉
    • 第550話「ある異常人間」(1972年) -借家家主
    • 第585話「華麗なる貧困」(1973年) - 沼沢
    • 第600話「海は帰らない」(1973年) - 老漁師
    • 第620話「ある恐怖の記録やさしい女」(1973年) - 老人
  • 新忍者部隊月光 第121話、第122話「動物村作戦 - 前篇、後篇 - 」(1966年、CX / 国際放映) - 村長
  • マグマ大使 第29話「マグマ大使と自由の女神」(1967年、CX / ピー・プロダクション) - 「姥子ホテル」支配人
  • 三匹の侍(CX)
    • 第4シリーズ 第22話「流転逆手斬り」(1967年)
    • 第5シリーズ 第11話「罠」(1967年) - 茶店の亭主
    • 第6シリーズ 第4話「さらば愛しき女よ」(1968年) - 八代甚六
  • 悪魔くん 第22話「呪いの森の魔女」(1967年、NET / 東映東京製作所) - 徳衛門
  • 刑事さん 第1シリーズ 第2話「女の証言」(1967年、NET / 東映東京製作所)
  • コメットさん(TBS / 国際放映)
    • 第10話「パラソル空を飛ぶ」(1967年) - 洗濯屋
    • 第52話「突撃てるてる坊主」(1968年) - 下駄屋の主人
  • 東芝日曜劇場 第562回「24才シリーズ NO.2」(1967年、TBS)
  • 桃太郎侍 第3話「秘めたる過去」(1967年、NTV / 三船プロ尾上菊之助
  • 昔三九郎 第10話「瓜二つ」(1968年、NTV / 三船プロ)
  • マイティジャック 第9話「地獄への案内者」(1968年、CX / 円谷プロ) - 第五福洋丸漁労長
  • 丸太と包丁 第1話(1968年、NTV / 松竹)
  • 五人の野武士(1968年、NTV / 三船プロ)
    • 第2話「剣豪 暁の対決」
    • 第8話「戦乱に咲く」 - 茂作
  • 無用ノ介 第1話「虎穴にはいった無用ノ介」(1969年、NTV / 国際放映) - 小役人
  • ライオン奥様劇場(CX / NMC
  • 俺は用心棒(1969年、NET / 東映
    • 第6話「きぬたの音」
    • 第26話「暁雲」
  • 花のお江戸のすごい奴 第8話(1969年、CX / 東映新国劇
  • 銭形平次(CX / 東映) 大川橋蔵
    • 第170話「お関殺し」(1969年) - 和七
    • 第265話「子供たちの城」(1971年) - えびすや徳兵ヱ
    • 第335話「おしのが帰って来た」(1972年) - 三浦屋久七
    • 第416話「死神が子を招く」(1974年) - 清兵衛
    • 第561話「八五郎大いに嘆く」(1977年) - 茂七
    • 第696話「初手柄のんびり同心」(1979年) - 六助
    • 第705話「みみずく屋敷の花嫁」(1980年) - 甚五兵ヱ
  • 水曜劇場 / 時間ですよ 第1シリーズ(1970年、TBS)
  • 孤島の太陽(1970年、CX)
  • 鬼平犯科帳 第1シリーズ (1970年、NET / 東宝松本白鸚
    • 第34話「むかしの男」 - 松浦与助
    • 第55話「深川、千鳥橋」‐ 金兵衛
  • 大忠臣蔵(1971年、NET / 三船プロ) - 五平
  • 軍兵衛目安箱 第9話「消えた侍」(1971年、NET / 東映) - 孫市
  • 人形佐七捕物帳 第14話「二人お信乃」(1971年、NET / 東宝) - 和助
  • 小川真由美主演・女ねずみ小僧シリーズ(CX)
  • 仮面ライダーシリーズMBS / 東映)
    • 仮面ライダー 第58話「怪人毒トカゲ おそれ谷の決斗!!」(1972年) - 毒トカゲ人間態
    • スカイライダー 第26話「3人ライダー対ネオショッカーの学校要塞」(1980年) - 老巡査
  • 太陽にほえろ!(NTV / 東宝)
    • 第2話「時限爆弾 街に消える」(1972年) - 貸しボート"たまりや"の主人
    • 第49話「そのとき、時計は止まった」(1973年) - クリーニング屋店主
    • 第165話「回転木馬の女」(1975年) - 農夫
    • 第223話「あせり」(1976年) - 富士アパート大家
    • 第256話「ロッキー刑事登場!」(1977年) - 農夫
    • 第263話「罠」(1977年) - 釣り堀の主人
    • 第351話「密室殺人」(1979年) - 陶磁器店の元経営者
    • 第434話「ある誘拐」(1980年) - タバコ屋の店主
    • 第504話「バイオレンス」(1982年) - 屋台の店主
    • 第562話「ブルース刑事登場!」(1983年) - 住職
    • 第640話「妻への疑惑」(1985年) - おでん屋台の店主
    • 第645話「ラガーの華麗なプレー」(1985年) - 「串元」店主
    • 第667話「デュークという名の刑事」(1985年) - 三上食堂店主
  • 泣くな青春 第11話「父と子の接点」(1972年、CX / 東宝) - 古本屋の主人
  • 愛の戦士レインボーマン 第21話「電流人間をやっつけろ!!」(1973年、NET / 東宝) - パン屋の主人
  • 荒野の素浪人(NET / 三船プロ)
    • 第1シリーズ 第64話「魔ノ山 死の片道手形」(1973年) - 勘平
    • 第2シリーズ(1973年)
      • 第11話「地獄の沙汰」
      • 第38話「落ちた偶像」 - 居酒屋の親爺
  • 旅人異三郎 第5話「おんな仁義が火祭りに映えた」(1973年、12ch / 三船プロ) - 文蔵
  • 剣客商売 (1973年、CX / 東宝・俳優座) - 三冬の老僕・嘉助 加藤剛山形勲
    • 第11話「身代金千両」
    • 第14話「三冬の女ごころ」
  • ファイヤーマン 第24話「夜になくハーモニカ」(1973年、NTV / 円谷プロ / 萬年社) - 係員
  • 木曽街道いそぎ旅 第14話「赤鉢巻の二両の助っ人」(1973年、CX / C.A.L)
  • 荒野の用心棒 第25話「廃墟の宿に母恋唄が聞えて…」(1973年、NET / 三船プロ)
  • ウルトラシリーズ(TBS / 円谷プロ)
  • 伝七捕物帳(NTV / ユニオン映画
    • 第3話「家名に泣く母」(1973年)
    • 第94話「男ごころに十手が光る」(1975年) - 仁兵衛
    • 第144話「男一匹度胸が御座る」(1977年) - 飯屋の親爺
  • 愛の劇場(TBS)
  • キカイダー01 第38話「必殺の仕掛 血闘三つ巴!」(1974年、NET / 東映)
  • 大江戸捜査網(12ch→TX)
    • 第139話「非情の町の掟」(1974年)
    • 第341話「姿なき闇の仕掛人」(1978年)
    • 第404話「金塊の陰で泣く女」(1979年)
    • 第430話「刺青芸者 皆殺しの謎」(1980年)
    • 第442話「必死の御金蔵破り」(1980年)
    • 第462話「浮世絵が明かす大爆破の謎」(1980年)
    • 第476話「運命に泣く幸薄き女」(1981年)
    • 第507話「傷だらけの人質救出作戦」(1981年)
    • 第579話「艶花一輪 闇を濡らす赤い殺意」(1983年)
    • 第597話「悪徳人妻市場 裏切りの情事」(1983年)
    • 第603話「泣くな妹よ!岡っ引行進曲」(1983年)
    • 第625話「兇悪軍団怒る! 偶然の恐怖」(1983年) - 為吉
  • 特捜記者 犯罪を追え 第13話「生き残った女」(1974年、KTV / 松竹)
  • 少年ドラマシリーズ(NHK)
    • 霧の湖(1974年) - 小林巡査
    • あんずよ燃えよ(1981年) - じいや
  • 非情のライセンス 第2シリーズ 第17話「兇悪の誇り」(1975年、NET / 東映) - 清掃人
  • おんな浮世絵・紅之介参る! 第18話「闇法師哀れ」(1975年、NTV / ユニオン映画)
  • 破れ傘刀舟悪人狩り(NET / 三船プロ)
    • 第22話「狂った白刃」(1975年) - 親爺
    • 第29話「白の恐怖」(1975年) - 弥兵衛
    • 第61話「さむらい無情」(1975年) - 五平
    • 第82話「黄金地獄」(1976年) - 吾作
  • 土曜劇場 / 6羽のかもめ 第23話「非常識」(1975年、CX)
  • 東海テレビ制作昼の帯ドラマTHK
  • 影同心 第11話「情けに賭けて殺し節」(1975年、MBS / 東映) - 徳松
  • 大都会シリーズ(NTV / 石原プロ
  • 三男三女婿一匹 第1シリーズ 第1話(1976年、TBS / テレパック) - 患者
  • 秘密戦隊ゴレンジャー 第77話「黒い恐怖!!吸血へび女」(1977年、NET / 東映) - 村の駐在
  • 横溝正史シリーズ / 悪魔が来りて笛を吹く 第3話(1977年、MBS / 東宝) - 椿英輔を船に乗せた漁師
  • 破れ奉行 第19話「怨花 夜霧のお竜」(1977年、ANB / 中村プロダクション) - 仁平
  • 日本の戦後 第6回「くにのあゆみ 戦後教育の幕あき」(1977年、NHK) - 土屋俊治
  • 新五捕物帳(NTV / ユニオン映画)
    • 第3話「江戸の花 夢の初恋」(1977年) - 弥助
    • 第36話「黒いかわら版」(1978年)
    • 第78話「夢に消えた父子唄」(1979年)
    • 第106話「涙ひとすじ義姉弟」(1980年)
    • 第176話「お文恋唄」(1982年)- 木戸番・源爺
  • ロボット110番 第32話「鬼コーチに負けるな」(1977年、ANB / 東映) - 一心商事社長
  • 達磨大助事件帳(1977年、ANB / 国際放映 / 前進座
    • 第4話「待っていた女」 - 茂平
    • 第9話「夜明けの父娘」 - 大家徳兵衛
  • 金曜ドラマ / あにき 第11、13話(1977年、TBS) - 毛利
  • 桃太郎侍 第65話「桃太郎一家のお正月」(1978年、NTV / 東映) - 伝兵ヱ 高橋英樹
  • 透明ドリちゃん 第8話「タローとジロー」(1978年、ANB / 東映) - 研究所の守衛
  • 江戸の鷹 御用部屋犯科帖 第19話「赤い疑惑の罠を斬る」(1978年、ANB / 三船プロ)
  • Gメン'75(TBS / 東映)
    • 第158話「警官だけを殺せ!」(1978年) - アパートの大家
    • 第169話「深夜バスの乗客大量殺人事件」(1978年) - 岩下
    • 第195話「プロ野球殺人事件」(1979年) - 別荘管理人
    • 第224話「九月の海から出てきた女の手首」(1979年) - 竜王島駐在所巡査
    • 第231話「危機一髪!車椅子の女刑事」(1979年) - 武井元吉社長
    • 第258話「大空港の逃亡者」(1980年) - アパートの大家
    • 第352話「野良犬コロの殺人」(1982年) - 管理人
  • オレの愛妻物語 第1話(1978年、NTV) - 岡部
  • 飢餓海峡 第3話(1978年、CX / バリアンツ)
  • 若さま侍捕物帳 第16話「参上!!幻の用心棒」(1978年、ANB / 国際放映・前進座) - 七兵衛
  • 破れ新九郎 第3話「ねずみ小僧 獄門首」(1978年、ANB / 中村プロダクション)
  • 森村誠一シリーズII / 野性の証明(1979年、MBS / 東映) - おでん屋台の主人
  • 熱中時代 先生編 第1シリーズ 第21話「人情タコ焼き先生」(1979年、NTV) - 質屋の主人
  • 江戸の激斗 第12話「通り雨」(1979年、CX / 東宝)
  • 駆け込みビル7号室 第9話「野球トバクを追え!連続三振は死の匂い」(1979年、CX / 三船プロ)
  • 新・江戸の旋風 第6話「春はまだか桜草」(1980年、CX / 東宝) - 番太郎
  • 江戸の牙 第22話「女郎蜘蛛が泣いた」(1980年、ANB / 三船プロ) - 政三
  • 西部警察シリーズ(ANB / 石原プロ)
  • 長七郎天下ご免! 第56話「ちゃんが覗いた火焔地獄」(1980年、ANB / 東映)
  • ザ・ハングマン 第23話「人さらいベビーホテル」(1981年、ABC / 松竹芸能) - ドライブインの主人
  • ぼくらの時代(1981年、TBS / 木下プロ
  • 文吾捕物帳 第5話「悲しき魔剣」(1981年、ANB / 三船プロ)
  • 旅がらす事件帖 第13話「野辺の送りの鬼太鼓」(1981年、KTV / 国際放映)
  • 特捜最前線(ANB / 東映)
    • 第264話「白い手袋をした通り魔!」(1982年)
    • 第280話「黙秘する女!」(1982年)
    • 第306話「絞殺魔の記念写真!」(1983年)
    • 第358話「単身赴任殺人事件!」(1984年)
    • 第371話「7月の青春レクイエム!」(1984年)
    • 第385話「新幹線出張殺人!」(1984年)
    • 第438話「美しい狙撃者!殺意を呼ぶマネーゲーム!」(1985年)
    • 第462話「大崎の女・凍死トリック、死を招く雨!」(1986年)
    • 第488話「強殺犯逃亡・あぶない道連れ!」(1986年)
  • 同心暁蘭之介(1982年、CX / 杉友プロ)
    • 第34話「怨みの錦絵」
    • 第37話「お姫様がいっぱい」
  • 右門捕物帖 第5話「謀殺・からくり御用帖」(1982年、NTV / ユニオン映画 / 杉友プロ)
  • 天まであがれ! 2 第10話(1983年、NTV / ユニオン映画) - 校長
  • 宮本武蔵(1984年 - 1985年、NHK) - 彦兵衛
  • 土曜ワイド劇場 / ダイエット殺人事件(1985年、ABC / スタッフアズバーズ)
  • 金曜女のドラマスペシャル / 密室の殺意 新築マンション殺人事件(1985年、CX)
  • どうぶつ通り夢ランド 第2話「拒食症の子犬を救え!」(1986年、ANB / 国際放映)
  • 銀河テレビ小説 / まんが道(1986年、NHK) - 鶴の湯主人
  • 六本木ダンディーおみやさん 第1話「女刑事班初出動!」(1987年、ABC / アズバーズ
  • 木曜ゴールデンドラマ(YTV)
    • 父と娘・七色の絆(1987年、ユニオン映画)
    • 松本清張の老春(1990年、松竹・霧企画)
  • 代議士の妻たち 第1シリーズ(1988年、TBS)
  • はぐれ刑事純情派 第2シリーズ 第6話「老いらくの恋殺人事件」(1989年、ANB / 東映)
  • ザ・刑事 第2話「謎の共犯者・走れB級デカ!」(1990年、ANB / 東宝) - 島田
  • 木曜スペシャル Mr.MARIC PRESENTS「サイキックシアター Mr.マリック超魔術V」(1990年、NTV)
  • 世にも奇妙な物語(CX)
    • 第153話「ボクの好きな先生」(1991年)
    • 第244話「サブリミナル」(1992年)
  • 火曜サスペンス劇場 / 青い薔薇殺人事件(1993年、NTV / にっかつ撮影所
  • 超光戦士シャンゼリオン 第14話「サヨナラ、朱美」(1996年、TX) - 老人
  • TOKYO23区の女 第8話「墨田区の女」(1996年、CX)
  • 木曜劇場 / こんな恋のはなし 第12話(1997年、CX / 共同テレビジョン
  • ひなたぼっこ 第4週「『ラーメン味しん』今年もよろしく!」(1999年、TBS) - 桂木寛吾 ※遺作

舞台編集

参考資料編集

脚注編集

[ヘルプ]

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h 日本タレント名鑑'82』VIPタイムズ社、1981年、92頁。