メインメニューを開く

里見八犬伝』(さとみはっけんでん)は、滝沢馬琴の小説「南総里見八犬伝」をもとにした舞台作品。日本テレビ製作、深作健太演出、鈴木哲也脚本で、2012年11月に初演された。 深作健太の父である深作欣二の「里見八犬伝」とは異なり、原作通り犬塚信乃が主役となっているが、犬山道節とゝ大法師が父子などオリジナルの要素も多く含まれる。

目次

あらすじ編集

上演記録編集

2012年(初演)[1]
2014年[2]
2017年[3]
2019年[4]

キャスト編集

スタッフ編集

脚注編集

外部リンク編集