重力と呼吸

Mr.Childrenのアルバム (2018)
Mr.Children > 重力と呼吸

重力と呼吸』(じゅうりょくとこきゅう)は、日本バンドMr.Childrenの19枚目のオリジナルアルバム。2018年10月3日にトイズファクトリーより発売された[8]

重力と呼吸
Mr.Childrenスタジオ・アルバム
リリース
録音 OORONG TOKYO STUDIO
VICTOR STUDIO
ABS RECORDING
STUDIO MECH
Bunkamura Studio
ジャンル J-POP
ロック
時間
レーベル トイズファクトリー
プロデュース Mr.Children
チャート最高順位
ゴールドディスク
  • ダブル・プラチナ(日本レコード協会[7]
  • Mr.Children アルバム 年表
    Mr.Children 1992-2002 Thanksgiving 25
    Mr.Children 2003-2015 Thanksgiving 25
    2017年
    重力と呼吸
    (2018年)
    SOUNDTRACKS
    2020年
    EANコード
    EAN 4988061866598
    (TFCC-86659)
    『重力と呼吸』収録のシングル
    1. himawari
      リリース: 2017年7月26日 (CD)
    2. here comes my love
      リリース: 2018年1月19日(デジタル・ダウンロード
    ミュージックビデオ
    「Your Song」 - YouTube
    「SINGLES」 - YouTube
    「here comes my love」 - YouTube
    「himawari」 - YouTube
    テンプレートを表示
    映像外部リンク
    Mr.Children「Your Song(Original Story)」MV
    Mr.Children「Your Song」from Mr.Children Tour 2018-19 重力と呼吸
    Mr.Children「海にて、心は裸になりたがる」from Mr.Children Tour 2018-19 重力と呼吸
    Mr.Children「addiction」from Mr.Children Dome Tour 2019 "Against All GRAVITY"
    Mr.Children「himawari」from TOUR 2017 Thanksgiving 25
    Mr.Children「皮膚呼吸」from Mr.Children Dome Tour 2019 "Against All GRAVITY"

    背景とリリース編集

    通常盤のみの1形態で発売。シルバー3方背BOX仕様になっており、アートディレクターはAerosyn-Lex Mestrovic。期間限定でアルバム収録曲と「here comes my love」「Your Song」「Your Song (Ordinary Story)」「SINGLES」のミュージック・ビデオが視聴できる「プレイパス」が封入された[8]。前作『REFLECTION』より3年4か月ぶりとなるオリジナルアルバムで、Mr.Childrenにとって平成最後のアルバムとなった。マスタリングはジョー・ラポータ英語版が担当。

    本格的なアルバム制作は2017年9月の『Mr.Children DOME & STUDIUM TOUR 2017 Thanksgiving 25』のファイナル公演終了後に開始されたが、桜井による作曲作業はその前から断続的に行われており、バンドでの制作開始時にはほぼ収録曲のデモが完成していた。[要出典]

    桜井和寿は本作について「今までだったら、歌の物語であったり、リスナーの人のそれぞれの生活であったりを主役に置きながら見えてくる景色をイメージしてたけど、今回はそうじゃなくて、バンド、この4人が見えてくる音にしたいと思ってました」「ライブをすごいイメージして作ったアルバム」と語っている[9]。その理由について、「生き様というものを表現する、そうできるバンドでありたいと思って」「25周年をやり終えて、つまりこれだけファンの人に感謝を告げた後に、スパッと『今の俺らはこういうものなんだよ』って意思表示をするということがファンにとってもMr.Childrenにとっても刺激的なことなんじゃないかって思う」と述べている[10]。また、「音楽そのものの中にメッセージを込めてはいないけれど、(26年目を迎えて)今もなお叫びがある、そのこと自体がメッセージになり得るから。年齢も経験も重ねていくなかで、死というものをどこかで意識するようにもなった。だからこそ力強く生きる音に対するあこがれが強くなっている。」とも語っている[11]

    2017年発表の「忙しい僕ら」に編曲兼キーボディストとして参加した世武裕子が「himawari」「here comes my love」を除いたすべての楽曲にキーボードとして参加している。また、世武はアルバム発売後に行われたツアー『Mr.Children Tour 2018-19 重力と呼吸』『Mr.Children Dome Tour 2019 Against All GRAVITY』にSUNNYとともにサポートキーボードとして参加した。

    36thシングル『ヒカリノアトリエ』、37thシングル『himawari』のカップリング曲「忙しい僕ら」、2016年のツアーなどで披露されていた新曲「お伽話」「こころ」は未収録となっている[注 1]。また、本アルバムは1993年リリースの3rdアルバム『Versus』以来25年ぶりに10曲収録となっており、収録時間が50分を下回ったのも同作品以来となっている。桜井は「濃いアルバムにしたかった」[11]、「今回聴いてもらいたいサウンドっていうのはこういう方向だって示したかったから。あんな曲もこんな曲もできますっていうのではなくて」[12]と述べている。

    アルバムタイトルに漢字が使用されるのは5thアルバム『深海』以来で、当初は『Your Song』もタイトル候補だったという[13]。桜井曰く「Mr.Children史上、一番ハードロック寄りになっているので、そういう意味での重力もある」とのこと[14]。また、このようなアルバムタイトルになったのは、欅坂46の楽曲『サイレントマジョリティー』のような相反するような言葉にしたかったため[15]

    プロデュース編集

    前作『REFLECTION』は、バンドのデビュー以来初となるメンバー単独によるセルフプロデュース作品が多数収録され、プロデューサー・小林武史との共同プロデュースによる楽曲は、全23曲中6曲(『{Drip}』は14曲中5曲)であったが、今作では完全なセルフプロデュースとなっている[11]。なお、ミュージック・ディレクター兼クリエイティブ・ディレクターとしてケン・マスイが参加している。

    プロモーション編集

    2018年8月2日に今作と歌詞集『Your Song』の発売、アリーナツアー『Mr.Children Tour 2018-19 重力と呼吸』の開催を発表[16]。その後、発売日以外の情報を発表することなく、9月17日に公式サイト上で、数字 "10691059" [注 2]が発表され、合わせてカウントダウンもスタート[17]、9月20日に詳細を発表した[8]

    アルバム発売日付近におけるテレビ出演が一切行われておらず、収録曲全曲がテレビで1度も披露されていない。

    2019年1月25日にダウンロード配信がスタートし、台湾ではサブスクリプション配信がスタート[18]。同年12月25日には国内でのサブスクリプション配信がスタートした[19]

    評価編集

    批評編集

    ロッキング・オン山崎洋一郎は、本作は「相当ロックだ」とした上で「今のMr.Childrenはこれまでのやり方のパターンから解放されて、自分たちの殻を破って新しい道を進んでいる。」と指摘し、それらが「曲からも、歌詞からも、サウンドからもはっきりと伝わってくる」とコメントした[20]。また、Mr.Childrenは今作でこれまでやったことのないやり方で時代と向き合おうとしており、それらが「圧倒的なまでに成功している」と評価した[21]

    受賞編集

    音楽賞 結果
    2019年 第33回日本ゴールドディスク大賞 ベスト5アルバム[22]

    チャート成績編集

    発売初週に約31.0万枚を売り上げ、2018年10月15日付オリコン週間アルバムランキングで初登場1位を獲得[1]。また発売週からオリコン週間アルバムランキング、Billboard JAPAN週間アルバムランキングのそれぞれで3週連続首位を2018年度で唯一獲得した[3][6]。連続首位はベスト・アルバムでは『Mr.Children 2005-2010 <macro>』が3週連続首位獲得以来6年5か月ぶりで、オリジナルアルバムでは、16thアルバム『SENSE』が2週連続首位獲得以来7年10か月ぶりとなる。また、オリジナルアルバムでの3週連続首位獲得は自身としては初。累計売上は44.6万枚(日本レコード協会からはダブル・プラチナ認定されている)。

    2018年のオリコン年間ランキングで4位となり、オリジナルアルバムでは10thアルバム『IT'S A WONDERFUL WORLD』から9作連続の年間TOP10入りとなった。

    2019年8月には、Billboard Japan Hot Albumsへのチャートイン週数が40週を突破した[23]

    収録内容編集

    CD
    全作詞・作曲: 桜井和寿、全編曲: Mr.Children。
    #タイトル作詞作曲・編曲時間
    1.「Your Song」桜井和寿桜井和寿
    2.「海にて、心は裸になりたがる」桜井和寿桜井和寿
    3.「SINGLES」桜井和寿桜井和寿
    4.here comes my love(弦編曲:桜井和寿 & 世武裕子)桜井和寿桜井和寿
    5.「箱庭」(管編曲:山本拓夫 & 桜井和寿)桜井和寿桜井和寿
    6.「addiction」桜井和寿桜井和寿
    7.「day by day (愛犬クルの物語)」桜井和寿桜井和寿
    8.「秋がくれた切符」(弦編曲:桜井和寿 & 世武裕子)桜井和寿桜井和寿
    9.himawari(弦編曲:桜井和寿 & 世武裕子)桜井和寿桜井和寿
    10.「皮膚呼吸」(英語補作詞:ケン・マスイ)桜井和寿桜井和寿
    合計時間:

    楽曲解説編集

    1. Your Song
    2. 海にて、心は裸になりたがる
    3. SINGLES
      • テレビ朝日系ドラマ『ハゲタカ』主題歌[31]
      • 桜井は「シナリオを読ませて頂いたときに感じたギラギラした何か、哀愁や孤独や激しさ、そういった強いエネルギーに巻き込まれながら、この曲を録音しました」とコメントしている[31]
      • 本作発売日である10月3日にミュージック・ビデオ (Short ver.) が公開された。ミュージック・ビデオには井之脇海阿部純子が出演している[24]。監督は林響太朗[25]
      • タイアップの関係上、本楽曲の著作権はテレビ朝日ミュージックが保有している。
      • ベスト・アルバム『Mr.Children 2015-2021 & NOW』にも収録された。
    4. here comes my love
      • 7th配信限定シングル。
    5. 箱庭
    6. addiction
      • ライブの中で刺激的な音楽を、ということを意識して書かれた曲[32]
    7. day by day (愛犬クルの物語)
      • クイーンの「I Was Born to Love You」を意識して作ったという[30]
      • 『Mr.Children Tour 2018-19 重力と呼吸』『Mr.Children Dome Tour 2019 Against All GRAVITY』では、「箱庭」同様に披露されなかった曲である。なお、『Mr.Children Dome Tour 2019 Against All GRAVITY』において、END ROLLではこの曲が流れた。
    8. 秋がくれた切符
    9. himawari
      • 37thシングル。
      • 表記はないがアルバムバージョン[34]。ボーカル、一部ギターとキーボードの再録が行われ、ミックスとマスタリングも改めて行われている。
    10. 皮膚呼吸
      • 2017年7月にNTTドコモ25周年キャンペーンのCMにおいて『未発表曲DEMO』として公開されていた楽曲[8]
      • 無意識にやっていることが無駄なようで実は重要である、ということを書いた曲だと桜井はコメントしている[35]
      • 桜井曰く、大サビの「歪むことない僕の淡く 蒼い 願い」はメンバーの田原健一のことを歌っているという[36]
      • ベスト・アルバム『Mr.Children 2015-2021 & NOW』にも収録された。

    参加ミュージシャン編集

    ライブ映像作品編集

    曲名 作品名
    Your Song Mr.Children Tour 2018-19 重力と呼吸
    Mr.Children Dome Tour 2019 Against All GRAVITY
    海にて、心は裸になりたがる Mr.Children Tour 2018-19 重力と呼吸
    Mr.Children Dome Tour 2019 Against All GRAVITY
    SINGLES Mr.Children Tour 2018-19 重力と呼吸
    Mr.Children Dome Tour 2019 Against All GRAVITY
    here comes my love
    addiction Mr.Children Tour 2018-19 重力と呼吸
    Mr.Children Dome Tour 2019 Against All GRAVITY
    秋がくれた切符 Mr.Children Tour 2018-19 重力と呼吸
    himawari
    皮膚呼吸 Mr.Children Tour 2018-19 重力と呼吸
    Mr.Children Dome Tour 2019 Against All GRAVITY

    脚注編集

    [脚注の使い方]

    注釈編集

    1. ^ いずれもドキュメント・ビデオ『Mr.Children、ヒカリノアトリエで虹の絵を描く』には収録されている。
    2. ^ 数字 "10691059" は「じゅう(10)りょ(6)く(9)と(10)こ(5)きゅう(9)」の語呂合わせ。

    出典編集

    1. ^ a b Mr.Children、3年4ヶ月ぶりアルバムが首位 「通算1位獲得数」男性アーティスト歴代3位タイに”. ORICON NEWS (2018年10月9日). 2018年10月9日閲覧。
    2. ^ Mr.Children、6年5ヶ月ぶりアルバム2週連続1位”. ORICON NEWS (2018年10月16日). 2018年10月16日閲覧。
    3. ^ a b Mr.Children、今年度初のアルバム3週連続1位”. ORICON NEWS (2018年10月23日). 2018年10月23日閲覧。
    4. ^ Mr.Children『重力と呼吸』が274,894枚を売り上げ週間アルバム・セールス首位獲得”. Billboard JAPAN (2018年10月9日). 2018年10月9日閲覧。
    5. ^ Billboard 週間アルバム・セールス、Mr.Children「重力と呼吸」が50,999枚で2週連続首位 安室奈美恵「Finally」は230万枚を突破”. Billboard JAPAN (2018年10月15日). 2018年10月15日閲覧。
    6. ^ a b Mr.Children『重力と呼吸』が20,265枚を売り上げ、3週連続で週間アルバム・セールス首位を獲得”. Billboard JAPAN (2018年10月22日). 2018年10月22日閲覧。
    7. ^ 一般社団法人 日本レコード協会|各種統計
    8. ^ a b c d e Mr.Childrenニューアルバムは「重力と呼吸」4年ぶりメンバー出演のMVも公開”. 音楽ナタリー (2018年9月20日). 2018年9月22日閲覧。
    9. ^ ROCKIN'ON JAPANロッキング・オン、2018年11月号、56頁
    10. ^ MUSICA』FACT、2018年11月号、22頁
    11. ^ a b c Yahoo!ニュース 特集編集部 (2018年10月3日). “「いつまで叫び続けられるんだろう」――桜井和寿、26年目の覚悟”. Yahoo!ニュース 特集. ヤフージャパン. 2018年10月3日閲覧。
    12. ^ 『LuckyRaccoon 46号』BIRTHDAYS、2018年、11頁
    13. ^ 『LuckyRaccoon 46号』BIRTHDAYS、2018年、19頁
    14. ^ 『ROCKIN'ON JAPAN』ロッキング・オン、2018年11月号、64頁
    15. ^ 『MUSICA』 FACT 2018年11月
    16. ^ Mr.Childrenが3年4カ月ぶりアルバム発表、初の海外単独公演含むツアーも決定”. 音楽ナタリー (2018年8月2日). 2018年9月19日閲覧。
    17. ^ Mr.Children、公式HPに突如謎の数字「10691059」が出現。カウントダウンもスタート”. rockin’on.com (2018年9月17日). 2018年10月1日閲覧。
    18. ^ Mr.Children 19th Album「重力と呼吸」2019年1月25日配信スタート!”. TOY'S FACTORY (2019年1月25日). 2020年4月30日閲覧。
    19. ^ Mr.Children、ドームツアー映像作品より“皮膚呼吸”ライブ映像を公開。AL『重力と呼吸』サブスク配信も”. rockin’on.com (2019年12月25日). 2020年4月30日閲覧。
    20. ^ Mr.Childrenが全曲詩集『Your Song』を今、『重力と呼吸』と同時に世に出すことの意味”. rockin'on.com (2018年10月12日). 2020年10月17日閲覧。
    21. ^ Mr.Childrenのニューアルバム『重力と呼吸』に寄せて”. rockin'on.com (2018年10月5日). 2020年10月17日閲覧。
    22. ^ ベスト5アルバム”. 第33回日本ゴールドディスク大賞. 日本レコード協会(RIAJ). 2020年10月3日閲覧。
    23. ^ (Billboard Japan Chart Insight) 重力と呼吸
    24. ^ a b ミスチルのMVを3本同時公開、林遣都や井之脇海ら若手実力派俳優たちが出演”. 音楽ナタリー (2018年10月3日). 2018年10月3日閲覧。
    25. ^ a b ミスチル、新アルバム『重力と呼吸』収録曲MV3本一挙公開”. ORICON NEWS (2018年10月3日). 2018年10月3日閲覧。
    26. ^ 林響太朗は絵画の持つ美しさを光で表現する”. 音楽ナタリー (2019年4月24日). 2021年10月10日閲覧。
    27. ^ 【ミスチルMVをガレリアで撮影】ムサビニュースまとめ20181005”. PARTNER (2018年10月5日). 2020年2月4日閲覧。
    28. ^ a b 『MUSICA』FACT、2018年11月号、25頁
    29. ^ 『ROCKIN'ON JAPAN』ロッキング・オン、2018年11月号、61頁
    30. ^ a b 『LuckyRaccoon 46号』BIRTHDAYS、2018年、16頁
    31. ^ a b ドラマ「ハゲタカ」主題歌にMr.Children新曲「SINGLES」”. 音楽ナタリー (2018年6月29日). 2018年9月20日閲覧。
    32. ^ 『MUSICA』FACT、2018年11月号、26頁
    33. ^ 『LuckyRaccoon 46号』BIRTHDAYS、2018年、12頁
    34. ^ 『MUSICA』FACT、2018年11月号、154頁
    35. ^ 『ROCKIN'ON JAPAN』ロッキング・オン、2018年11月号、67頁
    36. ^ 『Mr.Children 道標の歌』水鈴社、2020年11月20日

    外部リンク編集