重嬰ヘ(じゅうえいヘ)は西洋音楽の音名のひとつ。の楽譜上の位置を変えずに半音上げた嬰ヘからさらに半音(ヘの楽譜上の位置を変えずに全音)上げた音であり、楽譜ではヘにdouble sharp重嬰記号)を付けて表す。

重嬰ヘ
NotesFDoubleSharp.png
各言語での名称
英語 F-double-sharp
独語 Fisis
仏語 Fa double dièse
伊語 Fa doppio diesis
異名同音
重変イ
音階上の位置
嬰イ短調 旋律的短音階上行形の第6音
嬰ト短調 和声的短音階・旋律的短音階上行形の第7音・導音
テンプレートを表示

各オクターブの重嬰ヘ編集

オクターブ表記 周波数 MIDI
Note No.
譜例 備考
国際式 日本
F -1 F 3 Fisis3 下三点重嬰へ 12.24985737Hz 7
F 0 F 2 Fisis2 下二点重嬰へ 24.49971475Hz 19
F 1 F 1 Fisis1 下一点重嬰へ 48.9994295Hz 31 *
F 2 F  Fisis 重嬰へ 97.998859Hz 43 * チェロの第3弦、コントラバスオーケストラチューニング)・エレクトリックベースの第1弦の実音
F 3 f  fisis 重嬰ヘ 195.99771799Hz 55 * ヴァイオリンの第4弦、ヴィオラギターの第3弦の実音
F 4 f 1 fisis1 一点重嬰ヘ 391.99543598Hz 67 *
F 5 f 2 fisis2 二点重嬰ヘ 783.99087196Hz 79 *
F 6 f 3 fisis3 三点重嬰ヘ 1567.98174393Hz 91 *
F 7 f 4 fisis4 四点重嬰ヘ 3135.96348785Hz 103 76鍵盤キーボードの基本設定における最高音
F 8 f 5 fisis5 五点重嬰ヘ 6271.92697571Hz 115
F 9 f 6 fisis6 六点重嬰ヘ 12543.85395142Hz 127 MIDIの最高音