重臣会議(じゅうしんかいぎ)は、昭和戦前戦中期の日本において、後継の内閣総理大臣の選定や国家の最重要問題に関しての意見具申を行った会議。天皇の諮問に答える形で、必要に応じて内大臣が召集し主宰した。構成員は、重臣と呼ばれた内閣総理大臣経験者と枢密院議長で、これに主宰者の内大臣が加わった。最後の元老西園寺公望の最晩年からその元老としての機能を引き継ぐ形で始まり、戦後に内大臣府が廃止されるまで度々開催された。

目次

沿革編集

明治以後、内閣総理大臣の選定は元老によって行われてきたが、大正時代末期には元老が西園寺公望ただ一人となった。元老の補充には山本権兵衛などが候補に擬せられていたが、将来を考える内大臣牧野伸顕の助言に対して、西園寺は古い元老制度を廃止して、憲政の常道に従った機械的な首相後継制度を意図していたため、あえて元老の追加には同意しなかった。このため五・一五事件による政党内閣の崩壊と軍部の台頭、自身の高齢化によって西園寺単独による後継選定は不可能な状態となった。そこで、昭和8年(1933年)に西園寺を助ける目的で重臣制度が設けられて、総理大臣経験者と枢密院議長が元老西園寺とともに会議を開いて後継選定を図ることにしたのが始まりである。(五・一五事件後の後継首相奏薦にあたっても元老は首相経験者から意見を聴取しているが、正式な手続きとして定められたものではなかった)。

しかし、二・二六事件による岡田内閣総辞職の際には重臣会議は開催されず、阿部内閣成立時までその形式が続いている。米内内閣成立の際は内大臣が一部の重臣から意見を聴取しており、米内内閣総辞職の後に再び重臣会議が開かれるようになった。

昭和15年(1940年)11月の西園寺の死後は内大臣が重臣会議を招集して、重臣達に対して後継総理大臣の選定などを諮問する形式へと変更されることになった。昭和20年(1945年)4月の小磯内閣総辞職の時までこの形式が継続した。同年8月15日に次の鈴木貫太郎内閣が総辞職した際と、10月9日に次の東久邇宮内閣が総辞職した際には、終戦直後の混乱期ということもあって重臣会議は招集されず、代わりに木戸幸一内大臣と平沼騏一郎枢密院議長の二人のみによる形式上の会議によって後継首班が選定された。そして同年11月24日に内大臣府が廃止されると、主宰者を失った重臣会議もここに自然消滅するに至った。このため次の幣原内閣が昭和21年(1946年)5月に総辞職した際には、幣原本人が前任者として後任者を選定しこれを奏薦するという形式がとられた。

次期首相奏薦に伴う重臣会議の出席者編集

括弧内の「枢相」は枢密院議長、「内府」は内大臣。

  • 昭和9年(1934年)7月 斎藤清浦若槻高橋一木(枢相)・牧野(内府)・西園寺(元老)→ 岡田啓介を奏薦
  • 昭和15年(1940年)7月 - 若槻・岡田・広田平沼近衛(枢相)・木戸(内府)→ 近衛文麿を奏薦
  • 昭和16年(1941年)7月 - 若槻・岡田・広田・阿部米内・原(枢相)・木戸(内府)→ 近衛文麿を奏薦 
  • 昭和16年(1941年)10月 - 清浦・若槻・岡田・広田・林・阿部・米内・原(枢相)・木戸(内府) → 東条英機を奏薦
  • 昭和19年(1944年)7月 - 若槻・岡田・広田・近衛・阿部・米内・原(枢相)・木戸(内府)→ 小磯国昭を奏薦
  • 昭和20年(1945年)4月 - 若槻・岡田・広田・近衛・平沼・東条・鈴木(枢相)・木戸(内府)→ 鈴木貫太郎を奏薦 

機能編集

制度導入当初は、重臣とは「内閣総理大臣の前官礼遇を賜りたる者及び枢密院議長」であったが、1940年に単純に「首相経験者及び枢密院議長」に改正された。前官礼遇を受けるには一定期間の在任が必要で、陸軍出身の首相である林銑十郎と阿部信行がその条件を満たしていなかったために、陸軍への配慮から改正されたという(前官礼遇とは首相・国務大臣等の要職を一定期間経験したものに対して現職者に準じる礼遇を賜る当時の制度である)。

重臣会議のメンバーは公式の会議以外でも一定の政治的同一性を有するグループとしてみられることが多かった。田中義一首相が張作霖爆殺事件の事後処理を巡って1929年に昭和天皇から叱責され辞任した際には、昭和天皇を誑かす重臣グループの陰謀が原因であるとの主張が右翼の間で巻き起こった。天皇自身は昭和天皇独白録において、「久原房之助などが、重臣「ブロック」と云う言葉を作り出し、内閣の倒けたは重臣達、宮中の陰謀だと触れ歩くに至った」と述べている。その後国家主義者の間では重臣たちを「君側の奸」とみなす見方が広まり、1932年の五・一五事件や1936年の二・二六事件では当時の首相、大臣と共に重臣も暗殺の対象となった。太平洋戦争(大東亜戦争)中に東條英機首相の指導体制への不満が高まると重臣の岡田啓介が中心となった東條内閣倒閣工作により東條は辞任に追い込まれた。岡田らは重臣制度が消滅した戦後にも、昭和天皇東京裁判訴追を回避するための運動を協力して行っている。

また、天皇や首相が重臣から意見を聞くことも行われていた。近衛文麿が有名な「近衛上奏文」を奏上したのはそのような折のことである。

退陣する首相が重臣会議に出席した例は1934年の斎藤実しかない。米内光政の場合は陸軍による倒閣工作、東條英機の場合は重臣による倒閣工作の結果総辞職に至ったため、その後任を選ぶ重臣会議に出席することがはばかられたケース。しかし近衛文麿が第三次内閣を総辞職した時は病気を理由にした欠席で、他の重臣からは、清浦奎吾が91歳という高齢と病躯を押して出席しているというのに、近衛の病気というのはそれより悪いのかと批判の声が飛んだ。

参考文献編集

関連項目編集