メインメニューを開く
重野謙次郎

重野 謙次郎(しげの けんじろう、嘉永7年10月27日[1]1854年12月16日) - 昭和5年(1930年11月5日[2])は、衆議院議員自由党憲政党立憲政友会)。

経歴編集

出羽国天童天童藩士重野謙次郎の子として生まれる。戊辰戦争では藩主に従い奔走した。1869年明治2年)、藩命により東京に遊学。一度は郷里に戻るも再び上京し、講学法社で法学を学んだ。1880年(明治13年)に山形で「法律学社」を創設し、自由民権運動を推進した。また集会条例改正を建白したことで衆望を集め、翌年に山形県会議員に選出され、後には副議長に就任した。1887年(明治20年)に上京し、三大事件建白運動に参加するが、保安条例により東京から退去を命じられた。その後、大同団結運動に加わり、山形大同倶楽部を組織した。

1889年(明治22年)、山形市会議員に選出され、議長に就任した。また1891年(明治24年)には県会でも議長に推された。1893年(明治26年)、衆議院議員補欠選挙に出馬し、当選。当選回数は合計で5回を数えた。

脚注編集

  1. ^ 人事興信所『人事興信録』初版、1903年。
  2. ^ 日外アソシエーツ『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』、2003年

参考文献編集

  • 山崎謙編『衆議院議員列伝』衆議院議員列伝発行所、1901年。