のの すみか
野々 すみ花
生年月日 (1987-02-27) 1987年2月27日(30歳)
出生地 日本の旗 日本 京都府久世郡久御山町
身長 161 cm
血液型 O型
職業 女優
ジャンル 舞台テレビドラマ
活動期間 2005年 -
活動内容 2005年宝塚歌劇団入団、花組配属
2009年:宙組異動、トップ娘役就任
2012年:宝塚歌劇団退団
所属劇団 宝塚歌劇団2005年 - 2012年
事務所 梅田芸術劇場
公式サイト 野々すみ花 オフィシャルサイト

野々 すみ花(のの すみか、1987年2月27日 - )は、日本女優。元宝塚歌劇団宙組トップ娘役。愛称、すみか[1]

京都府久世郡久御山町[2][3][4][5]出身。梅田芸術劇場所属。血液型はO型。ダンス、芝居、歌の三拍子を兼ね備えた実力派の娘役として、「宝塚の北島マヤ」とも称された高い演技力で宝塚歌劇団入団5年目にしてトップ娘役に昇格[6][7]。退団後はミュージカル等の舞台作品に加え、テレビドラマ等の映像作品にも出演している。

目次

略歴編集

生い立ち編集

幼少期は人前でしゃべることさえ苦手だったが、宝塚歌劇が好きだった父に「お前はタカラヅカに入れ」と言われて、6歳からクラシックバレエピアノを習い始める[8][9]。畑と田んぼに囲まれた緑豊かな京都の郊外で育ち、放課後バレエのレッスンや部活を終えた後は京野菜作りや卵の収穫など農業を営む実家の手伝いをしていた[1][3][5]

小学校低学年の時にたまたまテレビで見た宝塚歌劇に大感激し、トップ娘役の花總まりが大きな羽根を背負って大階段から下りてきて手を開く姿を目にした瞬間に「私はここに行く」とタカラジェンヌを志す[1][5]。聖母学院幼稚園、聖母学院小学校を経て聖母学院中学・高等学校に進学し[3][8][10]、高校1年修了時に宝塚音楽学校を受験し一発合格[9]2003年、宝塚音楽学校入学。第91期生

宝塚歌劇団時代編集

2005年、宝塚歌劇団入団。花組公演『マラケシュ・紅の墓標 / エンター・ザ・レビュー』で初舞台。その後、花組に配属。同年11月に『落陽のパレルモ』で主人公の少年時代役に抜擢される。

2007年、宝塚歌劇を題材にしたテレビドラマ『すみれの花咲く頃』(NHK BShi)に音楽学校生役で同期の白姫あかりとともに出演。同年の『明智小五郎の事件簿―黒蜥蜴』で早苗・早苗に変装した緑川・早苗の替え玉:桜山葉子の3役をこなし、同新人公演では初ヒロインを務めた。6月には、バウホール公演『舞姫-MAIHIME-』で初ヒロインとなるエリス役を演じる。同作は翌年に東京で再演された。

2009年2月27日、宙組トップスターに就任が決定した大空祐飛の相手役としてトップ娘役に内定。6月16日付で宙組へ異動、7月6日付で宙組トップ娘役に就任。お披露目公演は『大江山花伝-燃えつきてこそ- / Apasionado!!II』、宝塚大劇場お披露目公演は『カサブランカ[11]

また、同年7月から池田銀行の新イメージガールを陽月華から引き継いで務める。イメージガールとしては9代目、娘役トップ(イメージガール在任中に娘役トップに就任したケースを含む)の起用は5人目となる[12]2010年5月から同行は泉州銀行を吸収して池田泉州銀行となったが、イメージガールの制度を継承したため、池田泉州銀行のイメージガールとしては初代となった。

ダンス、芝居、歌の三拍子を兼ね備えた実力派の娘役で[6]、卓越した演技力から「宝塚の北島マヤ」とも称されたが[7][13]、大空祐飛の退団発表に伴って退団を決意[14][15]、わずか8年の在団で2012年7月1日の『華やかなりし日々 / クライマックス』の東京宝塚劇場公演千秋楽をもって宝塚歌劇団を退団。

宝塚歌劇団退団後編集

2012年7月12日に梅田芸術劇場への所属を発表。

2013年1月の蜷川幸雄演出による舞台『祈りと怪物 〜ウィルヴィルの三姉妹〜』で女優としてデビュー[16][17]、2014年にはミュージカル『シェルブールの雨傘』の再演でヒロインのジュヌヴィエーヴ役を[18]、2015年にはチャップリンの晩年の傑作映画『ライムライト』の世界初の舞台化作品である『音楽劇 ライムライト』でヒロインのバレリーナ・テリー役を演じる[6][19]など、舞台作品に出演。

また、2013年7月にはTBSテレビ日立 世界・ふしぎ発見!』にミステリーハンターとして出演し[20]テレビに進出すると、刑事ドラマなどへのゲスト出演を経て、2014年6月にNHK木曜時代劇吉原裏同心』で吉原遊廓の頂点に立つ花魁・薄墨太夫役を演じて、本格的にテレビドラマへのレギュラー出演を果たす[21][22]。2015年にはNHK連続テレビ小説あさが来た』にレギュラー出演し[6]、粋で色っぽい三味線の師匠・美和役を演じて注目を集めた[23][24]

人物編集

  • 趣味は映画・舞台鑑賞[25]
  • 特技は日本舞踊花柳流 花柳萩和香[26])・バレエ[25]。NHK連続テレビ小説『あさが来た』の役作りで松浪千壽から三味線を初めて習い、師匠の「素質あるから続けたらどう?」との勧めもあり以降も稽古を続けている[5][27]
  • 3人姉妹の長女[1]
  • 芸名の由来は「野に咲く花のように、雨が降っても風が吹いても、地面に根を張って、小さくてもいいからやさしい花に見えるように」。本名を生かしつつ、家族で相談してつけた[9]

宝塚歌劇団時代の主な舞台編集

花組時代編集

  • 2005年9月、ふづき美世ミュージックサロン『La vie en rose ラヴィアンローズ』
  • 2005年11月 - 2006年2月、『落陽のパレルモ / ASIAN WINDS!』 幼年時代のヴィットリオ(宝塚大劇場では11月25日より休演)
  • 2006年3月 - 4月、バウホール公演『スカウト』 ジェシカ
  • 2006年6月 - 10月、『ファントム』 幼いエリック / 新人公演:メグ(本役:華耀きらり
  • 2006年11月 - 12月、シアタードラマシティ・日本青年館公演『MIND TRAVELLER』 ジュディ・カザン
  • 2007年2月 - 5月、『明智小五郎の事件簿―黒蜥蜴』 早苗ほか / 新人公演:黒トカゲ(本役:桜乃彩音*新人公演初ヒロイン
  • 2007年6月、バウホール公演『舞姫-MAIHIME-』 エリス *バウ初ヒロイン
  • 2007年7月 - 8月、バウホール公演『ハローダンシング!』 ナナ他
  • 2007年9月 - 12月、『アデュー・マルセイユ』 ミレーユ / 新人公演:マリアンヌ(本役:桜乃彩音) *新人公演ヒロイン
  • 2008年2月、中日劇場公演『メランコリック・ジゴロ -あぶない相続人- / ラブ・シンフォニー2』 ティーナ
  • 2008年3月、日本青年館公演『舞姫-MAIHIME-』 エリス *ヒロイン
  • 2008年6月 - 8月、『愛と死のアラビア / Red hot Sea』 侍女ファハマ / 新人公演:サミーラ(本役:白華れみ
  • 2008年10月、シアタードラマシティ・日本青年館公演『銀ちゃんの恋』 小夏 *ヒロイン
  • 2009年1月 - 3月、『太王四神記』 タルビ、幼年時代のタムドク / 新人公演:キハ、カジン(本役:桜乃彩音) *新人公演ヒロイン
  • 2009年5月 - 6月 バウホール・日本青年館公演『オグリ! 〜小栗判官物語より〜』 照手姫 *ヒロイン

宙組トップ娘役時代編集

  • 2009年8月、博多座公演『大江山花伝-燃えつきてこそ- / Apasionado!!II』 藤子 / 藤の葉
  • 2009年11月 - 2010年2月、『カサブランカ』 イルザ・ランド
  • 2010年3月、シアタードラマシティ・日本青年館公演『シャングリラ -水之城-』 美雨(ミウ)
  • 2010年5月 - 8月、『TRAFALGAR -ネルソン、その愛と奇跡- / ファンキー・サンシャイン』 エマ・ハミルトン
  • 2010年9月、全国ツアー公演『銀ちゃんの恋』 水原小夏
  • 2010年11月 - 2011年1月、『誰がために鐘は鳴る』 マリア
  • 2011年3月、シアタードラマシティ公演『ヴァレンチノ』 ジューン・マシス
  • 2011年5月 - 8月、『美しき生涯-石田三成 永遠の愛と義- / ルナロッサ-夜に惑う旅人-』 茶々
  • 2011年8月13日 - 19日、日本青年館公演『ヴァレンチノ』 ジューン・マシス
  • 2011年10月 - 12月、『クラシコ・イタリアーノ-最高の男の仕立て方- / NICE GUY!!-その男、Yによる法則-』 ミーナ・プッティ
  • 2012年2月、中日劇場公演『仮面のロマネスク / Apasionado!!II』 メルトゥイユ侯爵夫人
  • 2012年4月 - 7月、『華やかなりし日々 / クライマックス』 ジュディ・レイン ※退団公演

宝塚歌劇団退団後の主な活動編集

舞台編集

テレビドラマ編集

その他のテレビ番組編集

  • 日立 世界・ふしぎ発見!(2013年7月20日・10月12日・11月16日、2014年11月22日・2015年2月28日・5月9日、2016年1月23日・4月30日・7月9日・12月10日、TBS) - ミステリーハンター
  • 理想の恋人図鑑(2013年10月4日 - 2014年9月26日、関西テレビ) - ナビゲーター
  • 美のスタイリスト(2014年10月3日 - 2015年9月25日、関西テレビ) - ナビゲーター
  • 世界に誇る夢の超特急〜新幹線開発物語(2017年3月26日、BS-TBS) - ナレーション

映画編集

  • 関西ジャニーズJr.の目指せ♪ドリームステージ!(2016年4月16日公開) - 和久井優子 役[30]

ラジオ編集

受賞歴編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 岸隆子 (2009年5月2日). “自然が育んだ演技派の娘役、花組・野々すみ花”. 朝日新聞デジタル. http://www.asahi.com/showbiz/stage/spotlight/OSK200904270067.html 2016年4月4日閲覧。 
  2. ^ “故郷・久御山の役場訪問、笑顔 宝塚宙組の野々すみ花さん”. 京都新聞. (2009年9月15日). オリジナル2009年9月28日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090928040610/http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2009091500064 2016年6月5日閲覧。 
  3. ^ a b c 村上久美子 (2011年5月12日). “プレシャス!宝塚 茶々の心/野々すみ花”. 日刊スポーツ. http://www5.nikkansports.com/entertainment/column/takarazuka/archives/16779.html 2016年6月5日閲覧。 
  4. ^ 去来川奈央 (2015年12月29日). “「あさが来た」 野々すみ花さんに聞く 【去来川奈央】”. アナウンスルーム リレーエッセイ. NHK京都放送局. 2016年6月6日閲覧。
  5. ^ a b c d 野々すみ花 (2016年7月10日). おんなのしんぶん 米團治 粋な噺で行きましょう 文月のお客さま 野々すみ花さん. インタビュアー:桂米團治. 山田夢留. 毎日新聞.. http://mainichi.jp/articles/20160710/ddm/014/070/037000c 2016年8月2日閲覧。 
  6. ^ a b c d 平松澄子 (2015年7月2日). “【野々すみ花】音楽劇『ライムライト』の後はNHK朝ドラ…手帳に空白なし”. zakzak. http://www.zakzak.co.jp/people/news/20150702/peo1507020830001-n1.htm 2016年6月5日閲覧。 
  7. ^ a b 平野祥恵 (2015年6月17日). “音楽劇『ライムライト』顔寄せレポート”. げきぴあ. ぴあ. 2016年6月5日閲覧。
  8. ^ a b 土谷美樹 (2007年2月16日). ““おっとり型”緑川夫人作る / 野々すみ花”. GO!GO!宝塚. 日刊スポーツ. 2010年6月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年10月9日閲覧。
  9. ^ a b c 平松澄子 (2007年6月29日). “The name of タカラジェンヌII 野々すみ花 小さくてもいいからやさしい花”. 産経新聞 ENAK (産経デジタル). http://www.sankei.co.jp/enak/sumirestyle/2007/jun/kiji/18sumire_sumika.html 2016年4月4日閲覧。 
  10. ^ 野々すみ花 (2016年4月5日). “春爛漫。”. 野々すみ花 ののがたり. 2016年6月5日閲覧。
  11. ^ 中本千晶 (2009年8月21日). “「新郎新婦」が激しくスパーク 宝塚宙組「大江山花伝」”. 朝日新聞デジタル. http://www.asahi.com/showbiz/stage/spotlight/OSK200908200087.html 2016年6月5日閲覧。 
  12. ^ 池田銀行 新イメージガール決定 宝塚歌劇団花組娘役スター 野々すみ花さん を起用!”. 池田銀行 (2009年5月7日). 2016年6月6日閲覧。
  13. ^ 藤本真由 (2012年7月1日). “羽ばたけ、“宝塚の北島マヤ”〜宝塚・野々すみ花を送る”. 藤本真由オフィシャルブログ. 2016年6月5日閲覧。
  14. ^ 平松澄子 (2012年1月6日). “宝塚・宙組娘役トップ 野々すみ花が退団会見「最後の日まで成長できるよう頑張る」”. MSN産経ニュース (産経デジタル). オリジナル2016年4月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160417083612/http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/120106/ent12010617020020-n1.htm 2016年6月5日閲覧。 
  15. ^ “野々すみ花「大空さんと一緒に卒業を」”. 日刊スポーツ. (2012年1月6日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20120106-885831.html 2016年6月5日閲覧。 
  16. ^ “元宝塚娘役トップスター・野々すみ花 蜷川舞台で女優デビュー”. Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2012年8月1日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/08/01/kiji/K20120801003804630.html 2016年4月4日閲覧。 
  17. ^ 中本千晶 (2012年12月26日). “「祈りと怪物」に出演、野々すみ花インタビュー”. 朝日新聞デジタル. http://www.asahi.com/showbiz/stage/spotlight/OSK201212200048.html 2016年4月5日閲覧。 
  18. ^ “名作ミュージカル映画「シェルブールの雨傘」50周年を記念し舞台版再演”. 映画.com. (2014年6月14日). http://eiga.com/news/20140614/12/ 2016年4月5日閲覧。 
  19. ^ “「ライムライト」初の音楽劇 野々すみ花「映画より甘美に」”. 産経ニュース (産経デジタル). (2015年6月27日). http://www.sankei.com/entertainments/news/150627/ent1506270010-n1.html 2016年4月4日閲覧。 
  20. ^ バックナンバー 第1282回 アントワネットと石の心臓 知られざる母と子の物語”. 日立 世界・ふしぎ発見!. TBSテレビ (2013年7月20日). 2016年4月4日閲覧。
  21. ^ “野々すみ花 宝塚の次は時代劇初挑戦”. デイリースポーツ online. (2014年3月31日). http://www.daily.co.jp/gossip/2014/03/31/0006823727.shtml 2016年4月4日閲覧。 
  22. ^ “【吉原裏同心 インタビュー】野々すみ花、元宝塚のトップ娘役が遊女の頂点に 「薄墨太夫は人のために生きられる女性」”. エンタメOVO(オーヴォ) (共同通信社). (2014年7月8日). http://tvfan.kyodo.co.jp/feature-interview/interview/869989 2016年4月4日閲覧。 
  23. ^ a b 野々すみ花、三味線の師匠役で朝ドラ出演「スリルを楽しんで」”. ORICON STYLE (2015年10月8日). 2015年11月13日閲覧。
  24. ^ “朝ドラで注目の野々すみ花 役作りのため実際に女将修業”. NEWSポストセブン (小学館). (2016年2月26日). http://www.news-postseven.com/archives/20160226_388651.html 2016年4月4日閲覧。 
  25. ^ a b Profile”. 野々すみ花 オフィシャルサイト. 2016年4月4日閲覧。
  26. ^ 野々すみ花 (2013年12月24日). “三つ目の名前。”. 野々すみ花 ののがたり. 2016年4月4日閲覧。
  27. ^ 野々すみ花 (2016年4月19日). “MY SHAMISEN.”. 野々すみ花 ののがたり. 2016年8月2日閲覧。
  28. ^ “三宅弘城×野々すみ花、「ラヴ・レターズ」で激しく惹かれ合う男女に挑戦”. ステージナタリー. (2016年5月13日). http://natalie.mu/stage/news/186980 2016年5月13日閲覧。 
  29. ^ “坂本昌行×野々すみ花らがサローヤン「君が人生の時」、演出は宮田慶子”. ステージナタリー. (2016年11月22日). http://natalie.mu/stage/news/210290 2016年11月22日閲覧。 
  30. ^ 関西ジャニーズJr.の目指せ♪ドリームステージ! - シネマトゥデイ”. シネマトゥディ. 2016年2月24日閲覧。
  31. ^ 青春アドベンチャー 雨にもまけず粗茶一服(全10回)”. NHK FM. 2016年9月13日閲覧。

外部リンク編集