野上豊一郎

野上豊一郎(のがみ とよいちろう、1883年9月14日 - 1950年2月23日)は、日本英文学者能楽研究者。臼川(きゅうせん)と号する。法政大学総長を務め、研究の発展にも多大な寄与をした。

目次

来歴・人物編集

大分県臼杵市出身。臼杵中学第一高等学校を経て1908年東京帝国大学文学部英文科を卒業。同級生に安倍能成藤村操岩波茂雄がいて、共に夏目漱石に師事した。

東京帝大卒業の翌1909年法政大学講師となり、1920年に同大学教授となる。予科長・学監・理事を歴任し、森田草平内田百間井本健作など漱石門下の文学者を教授陣に招聘するが、1933年に学内紛争で辞職(翌年復職)。終戦直後の1946年に法政大学総長に選ばれ、戦争で被害を受けた大学の復興にあたった。総長在任中の1950年に死去。

バーナード・ショーなどイギリス演劇の研究と紹介を行う傍ら、能楽の研究と海外への紹介にも尽力した。1938年には日英交換教授として外務省から派遣され、ケンブリッジ大学などで世阿弥を講義し、自ら監修したとしては初のトーキー作品・『葵上』を紹介して反響を呼んだ。岩波文庫で世阿弥や謡曲の校訂版を、岩波新書で『能の話』を出版したほか、没後、収集した資料を基にして「野上記念法政大学能楽研究所」が作られた。また近年書肆心水で、能楽関連の『野上豊一郎批評集成』が刊行されている。

家族・親族編集

妻は同郷の小説家野上弥生子。長男はイタリア文学者・京大教授の野上素一。次男は物理学者・東大教授の野上茂吉郎。三男は東京大学教授・物理学者の野上耀三。哲学者長谷川三千子は耀三の娘である。

著書編集

  • 『巣鴨の女』野上臼川 春陽堂 1912
  • 『能 研究と発見』岩波書店 1930
  • 『能の再生』岩波書店 1935
  • 世阿弥元清』創元社 1938
  • 『草衣集』相模書房 1938
  • 『翻訳論 翻訳の理論と実際』岩波書店 1938
  • 『能の話』岩波新書 1940
  • クレオパトラ エジプトの王たちと女王たち』丸岡出版社 1941 のち冨山房百科文庫
  • 『西洋見学』日本評論社 1941
  • 『能の幽玄と花』岩波書店 1943
  • 『能面論考』小山書店 1944
  • 太郎冠者行状』生活社 1946
  • 『謡曲鑑賞』目黒書店 1946
  • 大臣柱』能楽書林 1947
  • シェバの女王』東京出版 1947
  • 花伝書研究』小山書店 1948
  • 『エヂプトの驚異』要書房 1948
  • 観阿弥清次』要書房 1949
  • バーナード・ショー』東京堂 1949
  • 『能とは何か 野上豊一郎批評集成』書肆心水 2009

共著編編集

  • 『朝鮮台湾海南諸港』野上弥生子共著 拓南社 1942
  • 『能二百四十番 主題と構成』(編)丸岡出版社 1943
  • 『謡曲全集』(編)全6巻 中央公論社 1949-1951

翻訳・校訂編集

関連項目編集

外部リンク編集