メインメニューを開く
野中兼山

野中 兼山(のなか けんざん、元和元年(1615年) - 寛文3年12月20日1664年1月18日))は、江戸時代初期の土佐藩家老儒学者谷時中朱子学を学び[1]南学による封建道徳の実践に努めた[2]。多くの改革で藩を助けたが、藩士の恨みや、過酷な負担を強いたことによる領民の不興を買い失脚。一族が絶えるまで家族全員が幽閉された。

は良継(よしつぐ)、一名は止、尚字を良継とする史料もある。通称は初め伝右衛門、主計、伯耆と改め、最後に伝右衛門に復した。幼名は左八郎、兼山は号で、後に高山と改め、致仕して明夷軒と号した。

灌漑、築港、社会・風教改革、各種産業の奨励など活動は多岐にわたる。

来歴編集

元和元年(1615年)、播州姫路に生まれる。

祖父・野中良平の妻は山内一豊の妹・合(ごう)で、父・良明は5000石を領していた。藩主・一豊は、良明に対して幡多郡中村2万9千石を与えると約束していたが、一豊の死後に反故にされたために浪人となっていた。兼山の母は大阪の商家の娘で、父の死後、兼山は母とともに土佐に帰った。

13歳の時、土佐藩の小倉少介に見込まれて、父の従兄弟で奉行職の野中直継の娘・市の入婿となった。15歳で元服し、良継と名乗った。

寛永13年(1636年)、養父の直継が病死すると野中家を継いで奉行になった。藩主・忠義は、兼山に藩政改革を命じることになる。まず兼山は、堤防の建設、平野部の開拓で米の増産を進め、を中心とする森林資源の有効活用を行い藩の財源に充てる。物部川に築いた山田堰による灌漑などで開発した新田は7万5千石にも達したという。和紙の材料となる栽培や鰹節づくりも奨励した[3]。また、乱伐を避けるために輪伐制なども導入していた。築港も推し進め、藩内製品の諸国での販売を広める。また、身分にとらわれず郷士などを藩政改革にあてた。藩外からも植物、魚類などを輸入して藩内での育成に努めるるなどした。また、捕鯨陶器養蜂などの技術者の移入も進めて殖産興業に取り組み、専売制の強化なども行った。これらの結果、藩財政は好転を進めていくことになる。

一方で過酷な年貢の取り立てや華美贅沢の禁止などで領民に不満は溜り、逃散する領民も出てきた。朝寝坊や、酒に酔って人前に出て罰金を課された者もいたほど風紀の取り締まりも厳しかった[4]。また、郷士の役職への取り立てなどは上士の反発を買い対立を深めていった。

 
一族幽閉地(高知県宿毛市

明暦2年(1656年)、藩主忠義が隠居し、3代藩主に忠豊が就く。兼山は引き続き重用され、明暦3年には忠豊とともに江戸城将軍(当時は徳川家綱)に拝謁する栄に浴した。だが寛文3年(1663年)、兼山の施政に不満を持つ孕石元政生駒木工などが家老深尾出羽を通じて忠豊に弾劾状を提出。郷士を厚遇して藩士の困窮を顧みず、重い課役や専売制で農民や町人を苦しめた旨が挙げられた。忠豊は、叔父である伊予松山藩松平定行と相談のうえ兼山を罷免した。この政変を「寛文の改替」と呼ぶ[5]

失脚した兼山は、思い入れがあった山田堰の工事指揮所近くに隠棲し、三カ月後に吐血して死去。宿毛に配流された家族への報復は過酷で、男系が絶えるまで幽閉が40年続いた。この間、女児も結婚を許されなかった[6]

エピソード編集

  • 垂加神道山崎闇斎の先輩であり、放逐された闇斎を保護した。
  • 儒教の定めを強く守り、同姓だった妻・市を離別した。母の死に際しも、儒葬(儒教による葬儀)を行い、禁教令の対象であった切支丹ではないかとの嫌疑を一時受けた[7]
  • 兼山の死後、民衆は密かに小祠を建てて神と崇めた。後に江戸幕府の許可を得て「春野明神」と公称し、明治初年の神仏分離によって「春野神社」となった。
  • 念仏講」という組織を作り、積立金による丁重な葬儀を行わせた。四国は中世からハンセン氏病患者などの巡礼地であり、それらの遺体は粗略に扱われていたが、兼山はこれをも篤く葬らせた。天然痘患者の置棄(おきす)ても禁じ、儒教の精神により火葬を廃し、「棺郭の制」を定めて「厚板契締(あついたちぎりじめ)」の丁寧な棺箱に納めて土葬にさせた。
  • 「春兎通ったあとが百貫目」とは、ある人夫が仕事場を兎が一匹走り抜けたが仲間には黙っていて、休み時間にその話をしたところ仲間は仕事をやめて捕まえたのにと残念がった。その話を聞いた兼山が、そのことを仲間に言えば大騒ぎになり仕事も遅れたことだろうと感心をし、その人夫に褒美として山石百貫目の使役料を与えたことによるものである。

土木事業編集

 
手結港(高知県香南市
 
山田堰跡(高知県香美市
  • 兼山の功績は土木事業に多く、特に山田堰、柏島港、手結港等の優れた技術は高く評価されている。
    • 手結港は、日本最初の掘込み港湾として慶安3年(1650年)に着手して明暦元年(1655年)完工している。漂砂による港湾埋設を防ぐため内港まで細長い航路で結び、南側に長い突堤を設けた。当時の規模は、南北60間、東西27間、干潮時一丈。
    • 山田堰は、湾曲斜め堰として有名であったが、昭和48年(1973年)に上流に新たな堰ができ用済みとなり、昭和57年(1982年)に一部を除き撤去された。工事は寛永16年(1639年)に着手して25年後の寛文4年(1664年)に完成している。堰は、全長180間(324m)、幅6間(10.6m)、高さ5尺(1.5m)とあり築造には松材42800本、大石1100坪を用いたと言われている。
    • 津呂港は、岩礁の中の僅かな窪地を掘り上げる難工事の末に築いた避難港で、航海の難所である室戸岬を航行する船の海難を防ぎ、多くの人命を救ったとされる。
  • 土木事業の功績を伝えるため、手結内港に平成9年6月、地元有志により兼山の頌徳碑が建てられている。

家族 編集

兼山が登場する作品編集

小説
映画
  • 『婉という女』(ほるぷ映画 1971年5月、監督今井正

参考文献 編集

  • 『野中兼山』松沢卓郎著、大日本雄弁会講談社、1941年、(巻末に『事業一覧表』『系図』『南学系統図』『関係年代記(年譜)』あり)
  • 『野中兼山良継―統制経済の先覚者 その思想と行実』吉田喜市郎著、1943年
  • 『野中兼山』横川末吉著、人物叢書吉川弘文館、1962年
  • 『野中兼山関係文書』高知県文教協会、1965年
  • 『野中兼山と其の時代』平尾道雄著、高知県文教協会、1970年
  • 『野中兼山』小川俊夫著、高知新聞社、2001年
  • 『野中兼山頌徳碑建立記念誌』、1997年
  • 『漂流』吉村昭、1976年

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 三省堂大辞林』第三版. “野中兼山”. コトバンク. 2018年3月22日閲覧。
  2. ^ 小学館日本大百科全書』(ニッポニカ). “野中兼山”. コトバンク. 2018年3月22日閲覧。
  3. ^ 川口素生『江戸諸藩 中興の祖』p.15(2005年、河出書房新社)ISBN 4-309-22425-3
  4. ^ 川口素生『江戸諸藩 中興の祖』p.14。
  5. ^ 川口素生『江戸諸藩 中興の祖』p.16。
  6. ^ 川口素生『江戸諸藩 中興の祖』p.15-17。
  7. ^ 川口素生『江戸諸藩 中興の祖』p.17。

外部リンク編集