野原古墳群

埼玉県熊谷市野原にある古墳群。いわゆる「踊る埴輪」の出土地とされている。

野原古墳群(のはらこふんぐん)は、埼玉県熊谷市野原字境田・宮脇にある古墳群。和田川に南面する台地上の広い範囲にかつて30基以上の古墳が分布していたが、現在23基が山林の中に所在する。1976年(昭和51年)10月1日付けで埼玉県選定重要遺跡に選定された[1]

野原古墳群
所在地 埼玉県熊谷市野原字境田・宮脇
位置 北緯36度06分15.7秒
東経139度21分08.8秒
座標: 北緯36度06分15.7秒 東経139度21分08.8秒
規模 前方後円墳・円墳23基
築造時期 6世紀
史跡 未指定
有形文化財 1957年(昭和32年)10月18日江南町(現・熊谷市)指定
特記事項 埼玉県選定重要遺跡
1976年(昭和51年)10月1日県選定
地図
野原古墳群の位置(埼玉県内)
野原古墳群
野原古墳群
埼玉県内の位置
テンプレートを表示

概要編集

1962年(昭和37年)、採土工事に伴い野原古墳の発掘調査が行われた。1964年(昭和39年)には立正大学が円墳8基の発掘調査を実施した。なお、野原古墳で発見された勾玉耳環などが1957年(昭和32年)10月18日付で江南町(当時)指定有形文化財(考古資料)に指定された[2]

野原古墳編集

前方部を南南東に向けて築造された前方後円墳で、開墾によって墳形はかなり乱れていたが、発掘調査時に全長40メートル、高さ5メートル、後円部径16メートルと計測された。主体部は後円部と前方部に横穴式石室が確認されている。後円部の石室は、南西方向に開口する片袖形の横穴式石室である。副葬品は大刀2、鉄鏃19、刀子3が出土している。前方部の石室は、南東方向に開口する胴張りがある片袖形の横穴式石室である。副葬品は大刀1と刀子の破片が発見されている。

1962年(昭和37年)の採土工事中に朝顔形埴輪形象埴輪(女子、男子頭部、さしば、大刀)が採取されている。6世紀後半の築造と考えられるが、後円部の石室は、前方部の石室より古い形態である。

東京国立博物館所蔵の埴輪踊る人々(馬飼)」や「笠を被る男子頭部」はこの古墳から出土したとされている[3]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 県選定重要遺跡”. 埼玉県 (2020年3月2日). 2020年4月3日閲覧。
  2. ^ 伝・野原古墳群出土副葬品”. 熊谷市デジタルミュージアム. 2020年4月3日閲覧。
  3. ^ 江南町(熊谷市)教育委員会 2003, p. 2.

参考文献編集

  • 江南町(熊谷市)教育委員会『踊る埴輪の里 江南町の文化財』江南町(熊谷市)教育委員会、2003年3月。
  • 塩野, 博『埼玉の古墳 大里』さきたま出版会、2004年9月。ISBN 9784878913846NCID BA68966639

関連項目編集

外部リンク編集